ニュース

毎日の骨ケアはカルシウムとビタミンDで アルコールには注意

 骨を健康に保つためにカルシウムとビタミンDが必要だ。ビタミンDは日光を浴びることで体内に作られる。また、アルコールは骨形成を妨げる原因になるので、大量飲酒に注意した方が良いと研究者はアドバイスしている。
日光を浴びてビタミンDを体内で生成
 カルシウムが足りなくなると骨が弱くなるが、骨を健康に保つためにビタミンDも必要であることが、10月に開催された米国骨・ミネラル研究学会(American Society for Bone and Mineral Research)の年次集会で発表された。

 筋肉や神経が正常に働くためには、一定の濃度のカルシウムが血中を常に循環している必要がある。カルシウム摂取不足は、骨に悪いのは確かだ。だが、カルシウムを十分に摂取していれば、それで大丈夫というわけではない。

 「カルシウムを吸収されるためには、ビタミンDも必要です。いくらカルシウムを摂取しても、ビタミンDが足りなければ、吸収効率が悪いためカルシウムはあまり吸収されません」と、米メイン州ポートランドにあるメイン医療センターのクリフ ローゼン氏は言う。

 米国では1日に必要なカルシウムは1,000mg、ビタミンDは600単位とされているが、成人の70~80%で不足しているという。最近では、乳幼児や妊婦、若い女性、高齢者を中心にビタミンDの不足が指摘されている。そこで同学会は、今年4月に「カルシウムとビタミンDの摂取を推奨する声明」を発表した。

 ビタミンDが極端に不足すると、カルシウムだけでなく、カルシウムとともに骨の石灰化質である「ハイドロキシアパタイト」を構成するリンも足りなくなる。その結果、骨は骨軟化症という状態になってしまう。

 欧米で行われた過去の研究で、骨粗しょう症を含むさまざまな病気と生活スタイルの関係が調査されている。ビタミンDが不足すると、筋力、特に下半身の筋力が衰え、転倒しやすくなることも明らかになってきた。

 「ビタミンD不足になると、小腸からのカルシウムの吸収が悪くなります。さらに、その後の研究で、ビタミンD不足は副甲状腺ホルモンという骨のカルシウムを溶かす働きのあるホルモンの分泌を亢進させることも判明しました」(ローゼン氏)。

 「ビタミン」は、人体では合成できない微量栄養素に対して与えられた名前だ。しかし、ビタミンDをヒトは体内で作ることができる。皮膚を日光(紫外線)にあてると、ビタミンDは皮膚で作られる。

 一方で、ビタミンDを豊富に含む食品は比較的限られている。魚介類、卵、きのこ類などに含まれるが、食品だけで、ビタミンDを充足させるのはかなり困難だ。

 「日照の少ない地域に暮らす人は、1日に60分以上、日光にあたることが勧められます。日照の多い地域では、15分程度でも大丈夫です。北欧の人々が、晴れた日に戸外で日光浴をするのは、生活の知恵なのです」と、ローゼン氏は指摘する。

 十分日光に当たり、食事に気をつけても血中のビタミンDが低く、ビタミンD不足であることが判明した場合は、サプリメントとしてビタミンDを摂ることが勧められる。

 「骨を健康に保つためにビタミンKも有用です。ビタミンKは骨のタンパク質の働きを高め、骨質を改善します。葉物の緑黄色野菜はビタミンKの最良の供給源です。ホウレンソウやブロッコリーを食べることは健康的なだけではなく、骨にも良いのです」と、ローゼン氏は付け加えている。

飲み過ぎに注意 大量飲酒は骨形成を妨げる
 大量にアルコールを飲むと、骨の健康が損なわれる危険性があるという研究も発表された。

 「アルコールを飲むことで注意力が低下し、自動車事故などのトラブルを起こす人がいますが、アルコールは骨折をした後の骨の修復も妨げるので注意が必要です」と、米ロヨラ大学ストリッチ医学部のロマン ナトーリ氏は話す。

 適度な飲酒であれば、むしろ骨が丈夫になり骨粗しょう症の発症を抑えられるという研究も報告されているが、適量というのは1日に1杯未満だ。この量で飲酒をとめられない人が多いので、"飲み過ぎない"ことを肝に銘じて飲んだ方が良いという。

 骨が損傷を受けると、その部分に「カルス」と呼ばれる軟骨性の組織ができ、骨の修復がはじまる。アルコールには、このカルスが形成されるのを妨げる作用がある。アルコールによって、体内で「フリーラジカル」が増えることが原因となっている。

 フリーラジカルとは、ペアになるべき相手をもたない電子をもつ分子こと。細胞内で酸素を利用しエネルギーを生み出す過程で、大量のフリーラジカルが発生する。

 適度な量のフリーラジカルは体内で殺菌作用など「プラス」の役割を果たすが、過剰に発生すると有害なものに変わる。これが酸化ストレスで、鉄がさびるのと同じような悪影響を体に及ぼしている。

 「アルコールを飲みすぎると、アルコールの分解過程で毒性の強いアセトアルデヒドが発生し、アルコールを分解する肝臓で大量のフリーラジカルが発生します。フリーラジカルによる酸化ストレスは、老化や動脈硬化、がんなどのさまざまな疾患の原因になるだけではなく、骨形成も妨げています」(ナトーリ氏)。

 また、大量のアルコールを飲むと、骨の強度に大きな役割を果たす「オステオポンチン」と呼ばれるタンパク質が不足しやすくなるという。滑ったり、転んだりすると、オステオポンチンが骨に対する衝撃の力により変形して、ナノサイズの孔を形成する。この孔がショックをやわらげる役割をしているが、オステオポンチンが不足すると孔を形成できなくなり、骨に亀裂が入りやすくなる。

 「アルコールには利尿作用があるため、骨形成に必要なカルシウムがいったん吸収され体内に入っても、必要な分まで排泄されてしまいます。また、飲酒を続けていると、食事の栄養バランスも乱れがちになります。骨を健康に保つために、大量飲酒は勧められません」と、ナトーリ氏は強調している。

New Recommendations for Taking Calcium and Vitamin D: U.S. Preventive Services Task Force Releases Latest On Supplements and Bone Fracture in Adults(米国骨・ミネラル研究学会 2013年2月25日)
Study Shows How Binge Drinking Impairs Healing of Broken Bones(ロヨラ大学医学部 2013年10月7日)

[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月11日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに 保健師による声掛けは効果的
2019年06月05日
寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐ 60歳超では4割近くが「転倒」 食事と運動で対策
2019年06月05日
「血糖値スパイク」を抑えるために朝食から対策 食後に血糖値を上げないコツ

最新ニュース

2019年06月24日
パワハラの防止措置を初めて義務化―女性活躍推進法等改正案が成立
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月20日
【健やか21】児童虐待予防支援のための「パパカード」活用について
2019年06月20日
統括保健師のいる職場で仕事にやりがい、継続就労にも―保健師の活動基盤に関する基礎調査
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月14日
【書籍紹介】「精神科医の話の聴き方 10のセオリー」
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月13日
【健やか21】「溶連菌の感染症が増加中!抗菌薬は適切な使用方法を守って―」(国立国際医療研究センター AMR臨床リファレンスセンター)
2019年06月12日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2018年度版)
2019年06月12日
事業所で働く保健師の法的位置づけの確保などを厚労省へ要望-日本看護協会
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月11日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに 保健師による声掛けは効果的
2019年06月11日
ホエイ(乳清)やチーズに含まれるアミノ酸に認知機能を改善する効果
2019年06月10日
がん治療と就労の両立支援に、産業医を積極的に活用 アフラック生命保険株式会社に聞く
2019年06月07日
特定保健指導(積極的支援)モデル事業の実施事例を紹介―厚労省の検討会
2019年06月06日
【健やか21】「自殺予防」リーフレットを公開しました
2019年06月05日
運動が高齢者の「ADL(日常生活動作)」を高める 1日1万歩を達成できなくても効果がある
2019年06月05日
寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐ 60歳超では4割近くが「転倒」 食事と運動で対策
2019年06月05日
「血糖値スパイク」を抑えるために朝食から対策 食後に血糖値を上げないコツ
2019年06月05日
働いている母親が増加、子どもの携帯電話所有率もアップ―21世紀出生児横断調査
2019年06月05日
産学官協働で「未病改善プラットフォーム」を開始 健康や生活のセンシング技術で病気になる前から対策
2019年06月04日
東京大学が会員制情報サイト「Q-station」をオープン 健康施策や保健事業を担う人に情報発信
2019年06月04日
「説明力を上げる!ビジネスや保健指導で活かす伝え方」へるすあっぷ21 6月号
2019年05月30日
【健やか21】若者を中心に大麻による検挙者が急増!「誘われて」「興味本位で」が落とし穴に(内閣府)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶