ニュース

4月1日~30日は「未成年者飲酒防止強調月間」 各種啓発資材を紹介

 4月1日~30日の1ヶ月間は「未成年者飲酒防止強調月間」です。

 成長過程にある未成年者の飲酒は、心身に大きなリスクを及ぼすだけでなく、社会的にも悪影響になることから、未成年の飲酒防止を推進するため毎年4月を「未成年者飲酒防止強調月間」と定め、関係省庁や酒類業者において、PRポスターや各種媒体による全国的な広報啓発活動を行っています。

 国税庁や厚生労働省では、未成年者の飲酒防止/適正飲酒の推進に積極的に取り組んでおり、酒類小売業界に対する未成年者飲酒防止に係る取組の要請や、啓発用のポスターやパンレット等の制作を行い公開しています。

未成年者の飲酒防止/適正飲酒の推進(国税庁)
アルコール情報ページ(厚生労働省)

 市民向け飲酒問題の啓発資材として、アルコール依存症の治療を行う久里浜医療センターが、コメディカルスタッフ向け「市民向け飲酒問題に関する冊子」を作成し公開しています。

 冊子は3部構成で、冊子1「正しいお酒との付き合い方」、冊子2「お酒による健康・社会問題」、冊子3「お酒と長く付き合うために、そして健康のために」となっています。

久里浜医療センター
「市民向け飲酒問題に関する冊子」無料配布ご案内

"アルコール・飲酒"の啓発・健康教育に役立つ教材(保健指導マーケット)

 「保健指導マーケット」は、アルコール・飲酒に関する啓発・指導用教材を約50点掲載しています。今回はその中の一部をご紹介します。

「どうしていけないの?未成年の飲酒」(ポスター)
「お酒を飲むとどうなるの?」(ポスター)
「知っていますか?アルコールと病気の関係」(健康メモ・指導箋)
「ちょっと"一杯"には危険が"いっぱい"~飲酒編~」([DVD]健トレ動画)

"飲酒" 関連教材一覧へ
"アルコール" 関連教材一覧へ

 一般社団法人日本家族計画協会(JFPA)が、制作・販売する保健指導用・健康事業用の教材を約2,800点を掲載しています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メンタルヘルス、食事・運動指導などのキーワード検索、配布・掲示など使用したい用途に合わせたカテゴリー検索などで、目的にあった教材を探すことができます。

保健指導マーケット

[soshinsha]

「アルコール」に関するニュース

2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病リスクを75%減少 生活改善の指導に大きな余地が
2019年08月26日
肥満でなくてもカロリー制限は効果的 糖尿病や肥満の検査値が改善 まずは10%を減らしてみる
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年04月24日
連休(GW)に「アルコール」を飲み過ぎないための7つの対策 「適量」でも高血圧と脳卒中のリスクは上昇
2019年04月17日
連休(GW)こそ健康管理に注意 食事・運動・体内時計の調整がポイント 8つの対策で連休を乗り切る
2019年04月10日
5人に1人が「不健康な食事」が原因で死亡 たばこや高血圧より深刻 食事改善で命を救える
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶