• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
がん罹患数がはじめて100万例を超える 国立がん研究センター調査
2016.07.20
 国立がん研究センターは、2016年のがん統計予測を公開した。2016年の罹患数の予測は前年予測から2万8,100例増の101万200例となり、はじめて100万例の大台を突破した。一方、死亡数の予測は前年から約3,100人増の37万4,000人だった。

 国立がん研究センターは、がん対策を効果的に進めるために、▽2014年のがん死亡数(厚生労働省)▽2012年のがん罹患数全国推計値(国立がん研究センター)をベースに、2016年のがん罹患数と死亡数を推計した。
男性は前立腺がん、女性は乳がんが最多
 予測されるがん罹患数101万200例の内訳は、男性57万6,100例、女性43万4,100例。前年予測から全体で2万8,100例の増加(男性1万5,800例増、女性1万2,300例増)となったが、2014年予測から2015年予測にかけての9万9,900例増と比べると、増加数は大幅に低下した。

 部位別にみると、▽大腸がん(14万7200例)、▽胃がん(13万3900例)、▽肺がん(13万3800例)、▽前立腺がん(9万2600例)、▽乳がん(9万例)が上位に上がっている。この順位は前年と変わらない。

 男性の部位別では、▽前立腺がん(9万2600例、▽胃がん(9万1300例)、▽肺がん(9万600例)、▽大腸がん(8万4700例)、▽肝臓がん(2万9000例)となっている。

 女性の部位別では、▽乳がん(9万例)、▽大腸がん(6万2500例)、▽肺がん(4万3200例)、▽胃がん(4万2600例)、▽子宮がん(3万200例)となっている。
大腸がんの死亡数が猛追 死亡数が減ったがんも
 一方、死亡数予測は37万4,000人(男性22万300人、女性15万3,700人)。前年予測から全体で3,100人と微増し(男性1,100人増、女性2,000人増)、2014年予測から2015年予測にかけての3,800人増と比べて増加数が減少している。

 部位別にみると、「肺がん」(7万7,300人)がもっとも多く、次いで「大腸がん」(5万1,600人)、「胃がん」(4万8,500人)、「膵臓がん」(3万3,700人)、「肝臓がん」(2万8,100人)と続く。この順位も前年から変わらない。

 肺がんの死亡数は前年予測から800人増なのに対し、2位の大腸がんは2,100人増と猛追している。また、4位の膵臓がんも前年予測から1,800人増だったものの、3位の胃、5位の肝臓はそれぞれ1,800人減、1,600人減など、減少傾向を示している。
国立がん研究センター

関連する法律・制度を確認
>>保健指導アトラス【がん対策基本法】
>>保健指導アトラス【医療・社会保障】
(Terahata)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |