ニュース

健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター

 健康食品を摂取すると、体質によっては重篤な肝障害を起こす場合があるとして、国民生活センターが注意を呼びかけている。
肝臓の機能が障害される「薬物性肝障害」
 薬の副作用のひとつに、肝臓の機能が障害される「薬物性肝障害」があり、健康食品でも発症することがある。健康食品などによる事故に遭い医療機関を受診するケースも出ている。

 国民生活センターは、医師から事故情報について直接得ることで、事故の再発・拡大の防止に役立てるため、「医師からの事故情報受付窓口」(ドクターメール箱)を開設している。

 ドクターメール箱には、2014年8月~2017年7月20日までに179件の情報が寄せられており、そのうち9件は「健康食品」の摂取による「薬物性肝障害」と診断された情報だった。

 患者は全て40歳代以上で、50歳代が半数以上を占めた。全ての事例が経過観察も含めて1ヵ月以上医療機関を受診しており、3件は入院治療を受けていた。

 医療機関で診療を受けない消費者もいるので、実際にはもっと多くの人が被害に遭っている可能性がある。
「健康食品」に肝障害の副作用が
 主な事例は以下の通り――

(1)トクホの青汁を通販で購入、毎日飲んだところ、腹部に不快感があった。さらに13日後から寒気、頭痛が起こり、受診すると肝障害だった。そのまま34日間入院。それまで肝障害の診断を受けたことはなかった。(50歳代女性)。

(2)知人に勧められたサプリメントの摂取を続けたところ、薬物性肝障害の重症倦怠感、褐色尿、皮膚の黄染を訴えて医療機関を受診した。摂取を中止すると、黄疸を示すビリルビンや肝臓や胆道の異変を示す肝胆道系酵素の値は減少した。薬物性肝障害と診断され、1ヵ月強の入院となった。(70歳代女性)

(3)飲酒後二日酔いがあり、翌日に尿が濃いことを自覚して近くのクリニックを受診。ASTとALTの値の上昇が認められたが、アルコールの影響ではく、摂取していた健康食品が原因と判明。外来で1ヵ月以上経過観察となった。(40歳代女性)

(4)10年前から数種の健康食品を摂取。総合感冒薬を1日分飲むと2週間後に腹部の不快感があったため受診、肝障害と診断された。摂取をやめると回復したので1ヵ月以上の経過観察となった。(50歳代女性)。
糖尿病治療をうたった「健康食品」も
 なお、日本医師会の「健康食品安全情報システム」事業には、健康食品による薬物性肝障害の情報が2017年6月までの10年8ヵ月の間に27件寄せられているという。

 日本医師会に寄せられた主な事例には下記のものがある――

(1)「健康ハーブ茶」を園芸店で購入し服用したら、2ヵ月後に黄疸を発症。かかりつけ医の診察を受けたところ、高度肝機能障害が判明。その後、同じハーブ茶のネットのページで糖尿病治療を強くほのめかす記載があることが判明。厚生労働省に医薬品医療機器等法上の対応を要請した。(70歳代女性))

(2)ウコン末とクルクミンの健康食品を摂取したところ、胃部の不快感と黄疸、劇症肝炎を発症。(50歳代・男性)
医療機関を受診する必要がある
 「一般用医薬品や健康食品は、ドラッグストアやインターネットで容易に購入・使用できるが、使用する場合は、薬物性肝障害のような副作用が起こることがあるということを知ってほしい」と、日本内科学会理事・日本肝臓学会副理事長の滝川一氏は注意を呼び掛けている。

 アレルギーのある人、肝臓に疾患がある人、長年に渡る飲酒の習慣がある人などは、健康な人よりも薬物性肝障害を起こしやすいという。

 医薬品や健康食品を使用していて、以下のような症状が1つあるいは複数みられ、症状が持続する場合は、直ちに使用を中止し、医療機関を受診する必要がある。

<肝障害の初期症状の例>
▽倦怠感、▽食欲不振、▽発熱、▽黄疸、▽発疹、▽吐き気・おう吐、▽かゆみ

 受診の際は、医師に医薬品や健康食品を使用していることを伝え、商品やそのパッケージを持参するなどして商品に関する情報(商品名、メーカー名など)も正確に伝えるよう呼び掛けている。

医師からの事故情報受付窓口(国民生活センター)
消費者の皆様へ 機能性が表示されている食品を購入する際は、キャッチ コピーだけではなく、パッケージの表示をしっかり確認しましょう!(消費者庁)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年06月05日
【連載更新】「今日は〇〇の日」「○○週間」を活用していますか?
2018年05月29日
【リーフレット配布ご協力お願い】外見ケアに悩んでいる方へ「みなとアピアランスサポート相談室」
2018年03月28日
「糖尿病予備群向けの重症化予防プログラム」を開始 日本生命
2018年03月19日
東京の糖尿病療養指導を担う「東京CDE」と「東京CDS」 新年度の活動
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました

最新ニュース

2018年06月15日
女性の「やせ」をテーマにした教材が登場!「気にしてますか?やせすぎ注意」(指導箋)
2018年06月15日
【健やか21】イクメン企業・イクボスアワード2018募集中!
2018年06月13日
「早期乳がん」の70%は化学療法は不必要 乳がん治療に明るい選択肢
2018年06月13日
「女性特有の遺伝子」を発見 バストの大きさ、月経痛の重さに関連
2018年06月13日
日本の給食が「肥満」を減らす 給食実施率の増加で肥満が低下
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
2018年06月13日
糖尿病学会でウォークイベントを開催 特別な運動でなくとも効果的
2018年06月12日
厚労省が禁煙支援マニュアルを増補改訂―社会情勢の変化に合わせて内容をアップデート
2018年06月08日
食育指導で使えるイラスト提供します(健やか親子21食育プロジェクト)
2018年06月08日
【連載更新】成人期の健康運動の考え方~体と心を感じる習慣づくり~
2018年06月07日
対談「女性と生活習慣病予防」一無、二少、三多で健康長寿
2018年06月06日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる
2018年06月06日
「高齢者」に医薬品を処方するときには注意が必要 厚労省が指針を通知
2018年06月06日
「高血圧」の治療がインフルエンザ対策に ウイルスの感染を防ぐ効果が
2018年06月06日
「子どもの貧困」が発育異常にも影響 子どもへの社会的な支援が必要
2018年06月06日
「歯周病」に対策 3ヵ月のプロジェクトでタクシー乗務員を意識改革
2018年06月05日
【連載更新】「今日は〇〇の日」「○○週間」を活用していますか?
2018年06月04日
【応募受付中】「でかメモ」アンバサダー募集!
2018年06月04日
健康スコアリングの詳細設計に関する報告書を公表―日本健康会議
2018年06月01日
プルーン食べ合わせレシピコンテスト実施中!骨の健康(プルーン × カルシウム) 
2018年06月01日
「健康・医療・介護の新潮流」へるすあっぷ21 6月号
2018年05月31日
【健やか21】「子どもの人権SOSミニレター」事業の実施(法務省)
2018年05月30日
「体内時計」が糖尿病・メタボに影響 「時間生物学」が注目されている
2018年05月30日
日本で未承認の「抗がん剤」は65種類 8割が100万円超 患者の負担が重い
2018年05月30日
「男性型脱毛症」(AGA)の原因は血流不足やストレス? 近畿大学などが解明
2018年05月30日
抗加齢を意識した「アンチエイジング弁当」 食材の抗加齢効果を明記
2018年05月30日
ビタミンCが「認知症」リスクを低下 女性でリスクが10分の1に低下
2018年05月29日
【リーフレット配布ご協力お願い】外見ケアに悩んでいる方へ「みなとアピアランスサポート相談室」
2018年05月29日
厚労省がHPVワクチン接種後に症状が出た人のための相談窓口の一覧を掲載
2018年05月28日
【連載更新】「仕事の軸」報酬がもらえなくてもやりたいことは何ですか?
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,257 人(2018年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶