ニュース

健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター

 健康食品を摂取すると、体質によっては重篤な肝障害を起こす場合があるとして、国民生活センターが注意を呼びかけている。
肝臓の機能が障害される「薬物性肝障害」
 薬の副作用のひとつに、肝臓の機能が障害される「薬物性肝障害」があり、健康食品でも発症することがある。健康食品などによる事故に遭い医療機関を受診するケースも出ている。

 国民生活センターは、医師から事故情報について直接得ることで、事故の再発・拡大の防止に役立てるため、「医師からの事故情報受付窓口」(ドクターメール箱)を開設している。

 ドクターメール箱には、2014年8月~2017年7月20日までに179件の情報が寄せられており、そのうち9件は「健康食品」の摂取による「薬物性肝障害」と診断された情報だった。

 患者は全て40歳代以上で、50歳代が半数以上を占めた。全ての事例が経過観察も含めて1ヵ月以上医療機関を受診しており、3件は入院治療を受けていた。

 医療機関で診療を受けない消費者もいるので、実際にはもっと多くの人が被害に遭っている可能性がある。
「健康食品」に肝障害の副作用が
 主な事例は以下の通り――

(1)トクホの青汁を通販で購入、毎日飲んだところ、腹部に不快感があった。さらに13日後から寒気、頭痛が起こり、受診すると肝障害だった。そのまま34日間入院。それまで肝障害の診断を受けたことはなかった。(50歳代女性)。

(2)知人に勧められたサプリメントの摂取を続けたところ、薬物性肝障害の重症倦怠感、褐色尿、皮膚の黄染を訴えて医療機関を受診した。摂取を中止すると、黄疸を示すビリルビンや肝臓や胆道の異変を示す肝胆道系酵素の値は減少した。薬物性肝障害と診断され、1ヵ月強の入院となった。(70歳代女性)

(3)飲酒後二日酔いがあり、翌日に尿が濃いことを自覚して近くのクリニックを受診。ASTとALTの値の上昇が認められたが、アルコールの影響ではく、摂取していた健康食品が原因と判明。外来で1ヵ月以上経過観察となった。(40歳代女性)

(4)10年前から数種の健康食品を摂取。総合感冒薬を1日分飲むと2週間後に腹部の不快感があったため受診、肝障害と診断された。摂取をやめると回復したので1ヵ月以上の経過観察となった。(50歳代女性)。
糖尿病治療をうたった「健康食品」も
 なお、日本医師会の「健康食品安全情報システム」事業には、健康食品による薬物性肝障害の情報が2017年6月までの10年8ヵ月の間に27件寄せられているという。

 日本医師会に寄せられた主な事例には下記のものがある――

(1)「健康ハーブ茶」を園芸店で購入し服用したら、2ヵ月後に黄疸を発症。かかりつけ医の診察を受けたところ、高度肝機能障害が判明。その後、同じハーブ茶のネットのページで糖尿病治療を強くほのめかす記載があることが判明。厚生労働省に医薬品医療機器等法上の対応を要請した。(70歳代女性))

(2)ウコン末とクルクミンの健康食品を摂取したところ、胃部の不快感と黄疸、劇症肝炎を発症。(50歳代・男性)
医療機関を受診する必要がある
 「一般用医薬品や健康食品は、ドラッグストアやインターネットで容易に購入・使用できるが、使用する場合は、薬物性肝障害のような副作用が起こることがあるということを知ってほしい」と、日本内科学会理事・日本肝臓学会副理事長の滝川一氏は注意を呼び掛けている。

 アレルギーのある人、肝臓に疾患がある人、長年に渡る飲酒の習慣がある人などは、健康な人よりも薬物性肝障害を起こしやすいという。

 医薬品や健康食品を使用していて、以下のような症状が1つあるいは複数みられ、症状が持続する場合は、直ちに使用を中止し、医療機関を受診する必要がある。

<肝障害の初期症状の例>
▽倦怠感、▽食欲不振、▽発熱、▽黄疸、▽発疹、▽吐き気・おう吐、▽かゆみ

 受診の際は、医師に医薬品や健康食品を使用していることを伝え、商品やそのパッケージを持参するなどして商品に関する情報(商品名、メーカー名など)も正確に伝えるよう呼び掛けている。

医師からの事故情報受付窓口(国民生活センター)
消費者の皆様へ 機能性が表示されている食品を購入する際は、キャッチ コピーだけではなく、パッケージの表示をしっかり確認しましょう!(消費者庁)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い

最新ニュース

2018年02月19日
妊娠子育て期の女性に医師・管理栄養士伴走による遠隔指導研究を開始
2018年02月19日
【健やか21】約100名の女子大生・女子高生と"女性の健康"を考えるイベント
2018年02月15日
「たばこ規制」をどうする? 多方面で厚労省の法改正素案に反対の声
2018年02月15日
「足の冷え」「むくみ」は血管の老化が原因 足の動脈硬化を改善
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年02月15日
喫煙と飲酒が口腔・咽頭がんのリスクを上昇 たばこ、お酒でリスクは4倍に
2018年02月15日
日本発のバイオマーカー 尿中L-FABPを活用した腎疾患管理
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2018年02月11日
【健やか21】平成29年度「子ども予防接種週間」の実施について
2018年02月09日
花粉症予防アプリ「アレルサーチ」で発症要因解明と予防の啓もうを(順天堂大学)
2018年02月08日
「おにぎりダイエット」で体重が減少 ご飯と運動で腹囲は減らせる
2018年02月07日
いま知っておきたい「花粉症」対策 最新の治療で上手に乗り切ろう
2018年02月07日
気温差が大きいと「脳卒中」のリスクが上昇 季節の変わり目に注意
2018年02月07日
「時間栄養学」の新たな発見 食事のタンパク質が「体内時計」を調整
2018年02月07日
アルツハイマー病を簡単に検査できる技術を開発 わずか0.5ccの血液で判別
2018年02月06日
「働く女性の健康~今日的な課題への対応~」へるすあっぷ21 2月号
2018年02月05日
【健やか21】平成30年度「児童福祉週間」の標語が決定しました!
2018年02月05日
健康寿命日本一を目指す大分県、県民総ぐるみの健康づくりを軌道に
2018年01月31日
子宮頸がんワクチンの有効性を強調「理解と判断を」 厚労省がリーフレット
2018年01月31日
特定保健指導の効果を「ビッグデータ」で検証 3年後にメタボが31%減少
2018年01月31日
国立がん研究センターとヤフーが連携 検索で「がん情報サービス」を表示
2018年01月31日
楽しくできる「インターバル運動」で脳を活性化 体力が低下した人にも有用
2018年01月31日
大豆イソフラボンが「サルコペニア」を軽減 筋肉細胞の減少を抑える効果
2018年01月29日
【健やか21】 自治体・企業・NPO「子育て支援連携事業」全国会議開催
2018年01月29日
糖尿病予備群にIoT活用による健康改善の介入研究を開始~国立国際医療研究センターなど
2018年01月26日
野菜から食べて30回噛む~長野市「ベジライフ宣言」で生活習慣病予防
2018年01月25日
自殺予防を地域で強化 自治体向け「自殺対策計画」ガイドライン策定
2018年01月25日
妊娠期に魚を食べた女性で「抑うつ」が減少 DHAとEPAは女性に有用
2018年01月25日
「男のストレス」ががんリスクを高める 肝臓がんは33%上昇
2018年01月25日
乳がんの死亡率が半分に減少 専門家は「乳がん検診」の重要さを強調
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,852 人(2018年02月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶