ニュース

世界の長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に

 世界長寿国ランキングで2040年までに日本は2位に転落し、スペインがトップになるという予測結果が発表された。
生活習慣改善により予防できるNCD
 研究は、ワシントン大学健康指標評価研究所(IHME)によるもので、医学誌「ランセット」に発表された。

 WHO(世界保健機関)は、がん・糖尿病・循環器疾患・呼吸器疾患など、生活習慣の改善により予防・改善が可能な疾患をまとめて「非感染性疾患(NCD)」として位置付けている。これらは、不健康な食事や運動不足、喫煙、過度の飲酒などの原因が共通している。

 現在の早期の死亡の原因になる疾患のトップ10は、(1)虚血性心疾患、(2)脳卒中、(3)COPD、(5)アルツハイマー病、(4)慢性腎臓病、(5)下気道感染症、(6)肺がん、(7)下痢症、(8)糖尿病、(9)交通事故、(10)結核。

 NCDが占める数はトップ10のうち4つだが、2040年には8つに増えると予測されている。新たに高血圧性心疾患、肝臓がんなどが上位に入ってくる。

関連情報
長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落
 高血圧、高血糖、肥満、喫煙、アルコール、大気汚染などの改善に取り組むことが健康に大きな影響をもたらす。

 たとえば中国は、2016年の平均寿命は76.3歳(68位)だが、現在の健康トレンドが続くと寿命は5.6年延び、2040年には81.9歳(39位)に改善する。

 それとは反対に、米国の2016年の平均寿命は78.7歳(43位)だが、2040年に寿命は1.1年延びるものの、80.8歳(64位)と順位を落とす。

 英国は、2016年の80.8歳(26位)から2040年83.3歳(23位)へと順位が少し上がる。

 日本は2016年の長寿国ランキングでトップ(平均寿命83.7歳)だが、2040年にはスペインが85.8歳に迫って日本を抜き、日本は2位に転落する見通しだ。
健康の未来は変えられる
 各国の健康の未来は決められたものではなく、健康増進を阻むリスク要因、教育水準、1人当たりの収入などの条件によっても変わっていく。

 「各国の保健政策がどれだけ健康増進のために有効に機能できるかで、20年後の予想は変わっていきます。良いシナリオがあれば進展し、悪いシナリオであれば停滞します。保健政策をどれだけ充実させるかで未来は変えられるのです」と、ワシントン大学健康指標評価研究所(IHME)のクリストファー マレー所長は言う。

 マレー所長によると、健康増進のために改善が必要なトップ5項目は、(1)高血圧、(2)喫煙、(3)高血糖、(4)BMI(体格指数)、(5)アルコールだ。

 また6番目に、中国だけで年間100万人の命を奪っていると専門家が指摘している大気汚染が挙げられている。

 食事の改善と肥満の減少、喫煙率の低下は、各国の保健政策がすぐに取り掛からなければならない課題だ。「スペインは食事と肥満に関して優れています。一方、日本は医療制度が優れていますが、喫煙率が高く、男性の肥満率も上昇しています」という。
社会格差が健康を左右する
 2040年に平均寿命が長いと予測される国のランキングは以下の通り。

(1)スペイン(2016年の平均寿命 82.9歳→2040年の平均寿命 85.8歳)
(2)日本(同83.7歳→同85.7歳)
(3)シンガポール(同83.3歳→同85.4歳)
(4)スイス(同83.3歳→同85.2歳)
(5)ポルトガル(同81.0歳→同84.5歳)
(6)イタリア(同82.3歳→同84.5歳)
(7)イスラエル(同82.1歳→同84.4歳)
(8)フランス(同82.3歳→同84.3歳)
(9)ルクセンブルク(同82.2歳→同84.1歳)
(10)オーストラリア(同82.5歳→同84.1歳)

 現在よりもランクが下がる国は、カナダ(17位→27位)、ノルウェー(12位→20位)、オーストラリア(5位→10位)、メキシコ(69位→87位)、台湾(35位→42位)などだ。

 収入や教育年数などの格差も健康を左右する大きな要因になる。これらの格差の大きい国では、平均寿命も伸び悩む傾向があるという。

 「多くの国で社会格差の拡大は問題になっています。低い所得しか得られないで、教育もあまり受けられないと、寿命を延ばすことができません。こうした格差は依然として残るでしょう」と、マレー所長は言う。

 「2040年までに各国の平均寿命の差が予測よりも縮まり、不平等が改善されることを期待しています」としている。

New health forecasting study: In 'worse' scenario, half of all nations could face lower life expectancies(Institute for Health Metrics and Evaluation 2018年10月16日)
Forecasting life expectancy, years of life lost, and all-cause and cause-specific mortality for 250 causes of death: reference and alternative scenarios for 2016-40 for 195 countries and territories(Lancet 2018年10月16日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下

最新ニュース

2019年06月25日
「人事労務×産業看護職のコラボでもう一歩ふみ出す!健康経営 社員を巻き込むNEXTステップ」産業保健と看護 4月号
2019年06月24日
パワハラの防止措置を初めて義務化―女性活躍推進法等改正案が成立
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月20日
【健やか21】児童虐待予防支援のための「パパカード」活用について
2019年06月20日
統括保健師のいる職場で仕事にやりがい、継続就労にも―保健師の活動基盤に関する基礎調査
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月14日
【書籍紹介】「精神科医の話の聴き方 10のセオリー」
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月13日
【健やか21】「溶連菌の感染症が増加中!抗菌薬は適切な使用方法を守って―」(国立国際医療研究センター AMR臨床リファレンスセンター)
2019年06月12日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2018年度版)
2019年06月12日
事業所で働く保健師の法的位置づけの確保などを厚労省へ要望-日本看護協会
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月11日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに 保健師による声掛けは効果的
2019年06月11日
ホエイ(乳清)やチーズに含まれるアミノ酸に認知機能を改善する効果
2019年06月10日
がん治療と就労の両立支援に、産業医を積極的に活用 アフラック生命保険株式会社に聞く
2019年06月07日
特定保健指導(積極的支援)モデル事業の実施事例を紹介―厚労省の検討会
2019年06月06日
【健やか21】「自殺予防」リーフレットを公開しました
2019年06月05日
運動が高齢者の「ADL(日常生活動作)」を高める 1日1万歩を達成できなくても効果がある
2019年06月05日
寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐ 60歳超では4割近くが「転倒」 食事と運動で対策
2019年06月05日
「血糖値スパイク」を抑えるために朝食から対策 食後に血糖値を上げないコツ
2019年06月05日
働いている母親が増加、子どもの携帯電話所有率もアップ―21世紀出生児横断調査
2019年06月05日
産学官協働で「未病改善プラットフォーム」を開始 健康や生活のセンシング技術で病気になる前から対策
2019年06月04日
東京大学が会員制情報サイト「Q-station」をオープン 健康施策や保健事業を担う人に情報発信
2019年06月04日
「説明力を上げる!ビジネスや保健指導で活かす伝え方」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶