ニュース

「休み方改革」へるすあっぷ21 5月号


「へるすあっぷ21」5月号

月刊、年12冊
定価(1冊):980円+税 送料110円
年間購読料:12,889円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物
「へるすあっぷ21」5月号をご紹介致します。
 今月号の特集は「休み方」がテーマです。
 働き方改革の一環として有給休暇取得が義務化されました。休みをとることや休みの過ごし方は働く人のメンタルヘルスや仕事のパフォーマンスに影響します。
 休み方に関する最近の研究データや動向を見るとともに、心身の健康を確保し、いきいきと働くための上手な休み方を考えます。

●ブルーマンデーの実態 休み明けは心身ともに危険
 スロースタートな働き方、休み方に
●心身のストレス反応を軽減する休み方研究
●アクティブレストのすすめ/アクティブレスト導入事例

「へるすあっぷ21」5月号
株式会社法研











【目次】

■HEALTH WAVE
 健康経営アワード2019
 健康経営優良法人の認定法人数が大幅増加!

■次世代ヘルスケア
 熱中症予防システム

■折れない心をつくるストレス対処法
 「笑い」のパワー
 ~日常生活で笑いを増やす法~ <実践編>

■働き方改革と産業保健の実務Q&A 大津章敬
 知っておきたい労働時間制度の基本

■HEALTH TOPIC
 健康経営等に役立つ最先端のテクノロジーが集結
 <ヘルスケアIT2019>

■メンタルヘルス・ハラスメント
 職場の困った!に答えます 見波利幸
 新型うつ傾向の社員への対応

■けんぽREPORT
 ひかり健康保険組合
 家族とのつながりを大切に加入者の健康をサポート

■わかる!身につく!健康力
 5月から始める熱中症対策

■小島美和子流 体が変わる食べ方 小島美和子
 ベストな体重を維持するコツ

■大人の体力づくり 松井浩
 歩いてる だけどやせない 不思議だね

【連載】

■週末フィトセラピー 池田明子
 やる気をアップ

■よい人間関係を結ぶひとこと 藤田尚弓
 失敗した部下に

■現役産業医が教える 産業医活用術 柿沼充
 意外と知らない!? 産業医面談の受け方

■働く女性のセルフケア 加倉井さおり
 大切なのは「心と体と働き方」を整えること

■へるすあっぷCHANNEL
 【腸内フローラの真実】福田真嗣「茶色い宝石が告げるあなたの健康状態」
 【世界の国から健康よもやま話】寺田直子「ついにフランス産の味噌・鰹節が誕生!」
 【最新美容皮膚科学】関東裕美「知っておきたい光線異常」
 【目からウロコの時間栄養学】柴田重信「体内時計と食・栄養」

■ほっと一息 今日の一品 小森まり子
 一つひとつの出会いを大切に
 【今日の一品】にら納豆


「へるすあっぷ21 5月号
株式会社法研
[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月05日
【健やか21】改正母子保健法が成立しました
2019年12月04日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶