ニュース

東京大学が会員制情報サイト「Q-station」をオープン 
健康施策や保健事業を担う人に情報発信

東京大学未来ビジョン研究センターは5月29日、会員制情報サイト「Q-station(キューステーション)」をオープンしました。健康増進活動やデータヘルスの事業運営を担う人に向け、健康ソリューションに関する知見を発信する同ウェブサイトを、是非ご活用下さい。

健康ソリューション共有の場を提供 全国の取組み推進を後押し


 東京大学は、かつて花王株式会社が運営していた会員制保健指導サイト「Q-STATION」の商標譲渡を受け、このほど同サイトの運営を始めました。

 Q-stationは、健康施策や保健事業を進めている方々に向け、地域や職場、学校といった現場で活用されている健康ソリューションを共有する場を提供することで、全国の取組の推進と予防医学研究を資することを目的としています。

研究機関ならではの知見を発信・蓄積

 メインコーナーは、「オピニオン」と「ライブラリ」。オープン時には、各コーナーに以下のコンテンツを掲載しました。これらのコンテンツは会員登録をすることで閲覧が可能となり、会員には定期的にメルマガも配信されます。

ライブラリ

健康経営を新規プロジェクトに位置づけ、企業力を高める!―福島県須賀川すかがわ瓦斯がす株式会社―

オピニオン

〇高柳 篤史 先生
第1回 日本の歯科保健の現状

〇尾形 裕也 先生
第1回 経済・経営入門

〇北折 一 先生
【第1章】そろそろやめませんか?正しいことをきちんと伝える健康教育 《その1》

 コンテンツは今後、随時追加していく予定です。新たに生まれ変わったQ-stationを、ぜひご活用下さい。

会員制情報サイト「Q-station」はこちら>>>

■リンク先
[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見
2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月04日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶