ニュース

「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに

 電通の社員有志、資生堂、NPO法人キャンサーネットジャパンが参加している、がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」は、世界対がんデーの2月4日に、フォトブック「自分らしく、を生きていく。-がんとともに生きる206人の笑顔と想い-」を刊行した。
 同プロジェクトでは、「がんになっても笑顔で暮らせる社会」の実現を目指している。フォトブックには、がんサバイバー206人のがんへの向き合い方が記されている。
がんになっても笑顔で暮らせる社会を
 「LAVENDER RING」は、がんになっても笑顔で暮らせる社会を目指して2017年に発足した、企業や個人、行政・学校・病院など、活動趣旨に賛同する有志が自由に参加し、それぞれの「できること」を持ち寄りながら具体的なアクションを起こしていく活動団体。

 「LAVENDER RING」が発足から3年、メーキャップをしたがんサバイバーを撮影するイベント「MAKEUP & PHOTOS WITH SMILES」、がんと共生する社会デザインに貢献したプロダクトを表彰する「ラベンダーアワード」、がんサバイバーの子どもたちとサポーターの子どもたちが交流するキッズワークショップなど、さまざまな取り組みを続けている。

 発足のきっかけは、同社の社員が肺がんを発症したことだった。病気を知った仲間が当人の顔写真と「FIGHT TOGETHER」のスローガンが入ったステッカーを作成し、各自のノートパソコンに貼ることで、サポートの意思を表明。打ち合わせなどの場でも関係者に状況を伝えた。当人の「この勇気をもっと多くの人にも届けたい」という考えを発起として、その意思に共鳴する社員有志が集まって、「LAVENDER RING」の活動がはじまったという。

 がんは種類によって国際的なシンボルカラーが定められており、「ラベンダー」は全てのがん種を示す色だ。「LAVENDER RING」という名前には、がんになっても笑顔で暮らせる社会を目指す思いが、がんサバイバーだけでなく、家族・医療関係者・友人・同僚を超えて、輪のように広がっていくように、という願いが込められている。

LAVENDER RINGの活動概要

出典:LAVENDER RING、2021年
がんサバイバーをその人らしくメイクし、いきいきとした姿に
 フォトブック「自分らしく、を生きていく。-がんとともに生きる206人の笑顔と想い-」では、「がんサバイバー」を、がんと診断された人、治療中、経過観察中、寛解した、がんに罹患したことのあるすべての人としている。

 同書は、2017年から継続する同イベント運営メンバーやがん有識者のインタビューを加えた、同プロジェクトの3年間の軌跡となるフォトブック。ハースト婦人画報社の協力のもと刊行され、収益はキャンサーネットジャパンに寄付され、今後の同プロジェクトの活動に使用される。

 同書には、同プロジェクトが撮影イベント「MAKEUP & PHOTOS WITH SMILES」で制作した、206人のがんサバイバーのポスターとインタビューを収録されている。

 同イベントは、がんサバイバーをその人らしくメイクし、いきいきとした姿を写真に収めて改めて発信できるようにする活動で、同プロジェクトの第一歩としてスタートしたイベント。

 がんサバイバーに資生堂のビューティーコンサルタントがメーキャップ・ヘアメイクを施し、フォトグラファー・金澤正人氏(資生堂クリエイティブ本部)が撮影。がんサバイバー自身が「大切にしていること」を記入し、「世界で一枚だけのポスター」にしてその場でプレゼントしている。

 同書に収録されているがんサバイバーの写真はこのイベントで撮影したもので、写真に添えられたインタビューは、当時語っていた内容を文章化したものだ。
がんを経験できた人生で良かった
ラベンダーは情熱の赤と冷静の青が1つになった色
LAVENDER RINGチャンネル 2020

イベント用に制作されたポスター

出典:LAVENDER RING、2021年

 同プロジェクトが2020年10月24~25日に実施したオンラインイベント「LAVENDER RING 2020」では、中井美穂さんを司会として、子宮頸がん・体がんを経験し、患者会「よつばの会」を主宰している女優・原千晶さんや、悪性リンパ腫を経験されたフリーアナウンサー・笠井信輔さん、日本骨髄バンク評議員・大谷貴子さんら多彩なゲストを迎え、トークセッションや視聴者参加型のCM制作など多彩なコンテンツを実施。再生回数は2日間で約8,000回になった。

 「2度のがん治療から11年。がんを悪化させてしまった自分を責め、周りから置いていかれるような感覚に苦しみ何とか追いつこうともがいた10年でした」と、女優の原千晶さんは述べている。

 「私はラベンダー色が好きです。情熱の赤と冷静の青が1つになった色。治療中から治療後を過ごす中、赤と青を何度となく行き交い、喜びも悲しみも沢山経験しました。今回治療後10年の節目でラベンダーリングに参加させて頂き、私の中の赤と青が混ざり合いやっとラベンダー色になれたようなそんな感覚を味わう事ができました。がんを経験できた人生で良かったと心から思えたのです」。

 「本の中の笑顔も沢山のラベンダー色に彩られています。それぞれのストーリーが優しく癒され、本を手に取ってくださる方に伝わっていくことを願っています」。

 また、「ここに登場する全員、がん経験者です。"人生終わったな"と思ってる? いえいえ。"がんを隠して生活してる?" いえいえ。確かに"がんになって良かったな"なんて誰も思いません。でも..."がんになったから、こうなれた"という人生が、出会いが、気づきがあるんです」と、フリーアナウンサーの笠井信輔さんは述べている。

 「日本人の半分はがんになる時代です。ページをめくっていると"笑っていいんだ"、そして"その時は自分もこうなろう!"と力がもらえる素敵な本ができました」

 国立がん研究センター希少がんセンターの川井章センター長と加藤陽子看護師は次のように述べている。

 「希少がんセンター待合にがん患者さん46名の世界で一枚だけの写真"MAKEUP & PHOTOS WITH SMILES"のポスターを展示しています。おひとりおひとりの笑顔が素敵で、来院された患者さんやご家族だけでなく、私たち医療者も勇気づけられ、思わず笑顔になります」。

 「この本の中に詰まっているがん患者さん206名の笑顔やメッセージがどうか皆さんに届きますように。希少がんセンターは、これからも、がん患者さんが笑顔で生きるためのお手伝いを"LAVENDER RING"とともにしてゆきたいと願っています」。

がんを知ると、この国に笑顔が増える。 LAVENDER RING
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年02月10日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年02月10日
「食と認知機能」についての意識調査 医療従事者の8割が食事による認知機能の改善を期待 8割は「認知症は理解されていない」
2021年02月09日
【新型コロナ】説明の仕方によってワクチン接種の希望は増減 丁寧に説明すれば接種希望を高められる可能性
2021年02月09日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要
2021年02月09日
高齢者の心疾患患者の腎機能を維持するために 身体活動量を高めて心不全悪化による再入院を予防
2021年02月09日
【新型コロナ】日本医師会と日本循環器連合が心血管病診療に関する緊急声明を発表 「心臓や血管に異常を感じたら、医療機関を受診して」
2021年02月02日
「揚げ物」は肥満やメタボの人にとって要注意 食べ過ぎると心臓病や脳卒中のリスクが高まる
2021年02月02日
運動を「コミュニケーション」に活用する企業が増加 運動・スポーツ促進に取り組む「スポーツエールカンパニー」を認定
2021年02月02日
肉は良質なタンパク源だが、食べ過ぎはやはり良くない 肉を摂り過ぎると死亡リスクが上昇 日本人9万人を調査
2021年02月02日
【新型コロナ】コロナ禍での自殺率は女性・子供・青年を中心に上昇 経済・生活面でのダメージが大きい人の自殺動向を注視する必要が
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶