オピニオン/保健指導あれこれ
乳がんとともに生きる人を理解する

No.9 周囲の人にがんを告知するとき、どうすればいい?

帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー
青木 美保
 がんであることをほかの人に知らせるのは、たとえ家族や親しい友人であっても、とても難しいことです。それはがんが進行しているほど難しく感じるでしょう。

 それは、がんと告知された患者さんがショックを受けたように、がんだと知らされた周りの人も少なからずショックを受けることを、誰もが知っているからです。

 
 誰になぜ知らせるほうがいいか

 がんであることを誰に知らせる必要があるか、また誰に知らせたいか、どこまで、どのタイミングで知らせるかをよく考えてみましょう。

 がんになったら、通院や入院による治療が必要になり、治療スケジュールやその副作用によっては、日常生活・家事・仕事を手伝ってもらったり、さまざまなスケジュールや内容の見直し、変更を余儀なくされることもあるでしょう。がんであることを知らせる必要がある人は、がんであることによって直接影響を受ける方です。

 たとえば、一緒に生活しているパートナーや子どもなど、職場の人事担当者や直接の上司(派遣であれば派遣元)、学校の指導教官、また本人が乳がんになったためにリスクが高くなる血縁者(両親や姉妹など)などでしょう。 一緒に生活している家族は、あなたががんになったと知れば大きなショックを受けるでしょうが、日常生活や家事をサポートしてもらうためにも、早いうちに知っておいてもらう必要があるでしょう。

 働いている方は、職場の人事担当者や直接の上司、派遣であれば派遣会社の担当者、通学中なら学校の指導教官にも、早めに相談しておきましょう。乳がん治療を受けていることを上司や同僚に伝えておけば、治療のために業務に支障がある場合に、業務内容や配属先を考慮してもらったり、周囲の協力が必要になることもあるでしょう。実際に同僚がサポートしてくれて助かった、仕事がやりやすくなった、もっと早く伝えておけばよかったという声もあります。

 また、家族が乳がんになったことで、将来乳がんになるリスクが高くなる両親や姉妹には、治療が一段落したら、知らせておくほうがいいでしょう。

■パートナーに伝える

 パートナーには、事実をできるだけ早く知らせましょう。乳がんだと知れば、パートナーもショックを受けることでしょう。それでも、がんや治療に対する恐れや不安などの気持ちをパートナーと率直に共有できれば、大きな心の支えになるはずです。パートナーは気の利いた言葉をかけようと無理する必要はありません。また、根拠のない精神論で頑張れ、頑張れとただ励ましの言葉をかけるばかりでは、かえってお互いに辛くなるかもしれません。

 また、乳がんの原因はまだ科学的に解明されていませんので、なぜ乳がんになったのかという理由を突き詰められると辛くなるでしょう。理由がわからないことは脇に置いておきましょう。パートナーは話をよく聞いてあげて、病気だからといって特別扱いにするのではなく、普段通りに接して、温かく見守るだけで、本人には大きな励ましになるものです。

 パートナーも少なからずショックを受けている状態なので、できるだけ自然体でいることが、パートナーの精神的な負担をできるだけ軽くできる方法かもしれません。また、パートナーも心身の健康が大事です。できるだけ心身を休めるようにして、抱え込みすぎて辛くなる前に、誰かに打ち明けるようにすると、気持ちが軽くなるでしょう。

■子どもに知らせる

 母親が乳がんになったことを子どもに知らせることは、子どもの年齢や性別にかかわらず、難しいことでしょう。

 子どもにショックを与えたくないと思うと、話しづらいかもしれません。でも、子どもは小さければそれなりに理解しますし、年長になれば、親の病気や治療が必要なことをかなり理解できます。

 多くの親は、自分の治療方針が決まるまで、子どもに伝えるのを待つことが多いのです。それは、治療方針が決まれば、治療のために起こる日常生活や家事分担に変化を想定できるからでしょう。

 子どもに隠し事をすると、子どもは母親に何か心配事があることを鋭く察知して、余計に不安になるでしょう。子どもにはできるだけ正直でいましょう。病気のことを伝えるだけでなく、病気と闘うために、お母さんがどのように頑張っているかを伝えれば、子どもも応援してくれるでしょう。また、子どもは自分のせいで母親が病気になったのではないかと思いこむこともあります。乳がんになったのは、子どものせいではなく、また誰のせいでもないことを伝えてあげましょう。

 母親が病気になると(とくに母子家庭では)、子どもは経済的な問題のために、自分は将来学校に通えなくなるのではないかと不安になることがあります。

 これは子どもが不安でも、親には言いくいことかもしれません。そのため、母親が乳がんでも、子どもが今後もきちんと学校に行けるようにすることをはっきり言葉で伝えてあげれば、子どもは安心できるでしょう。

■両親に知らせる

 娘が乳がんだと両親に知らせるのも、また辛いことです。母親は娘に代わって、自分が乳がんだったらよかったのにと望むかもしれません。親は手助けの必要がなくても、子どもの手助けをしたいと願うものです。親が遠方に住んでいたり、時間的・経済的な余裕がないかもしれません。現実を変えるために何もできないとわかっていても、それでも親は駆け付けたいと思うでしょう。

 親に伝えたら、遠慮しないで、できるだけ建設的なサポートが得られるように、どのような手助けをしてもらうと助かるのか、具体的なサポートの希望を伝えるといいでしょう。また、親に知らせることが互いに負担になるなら、治療が一段落してから知らせるという選択肢もあるでしょう。

■姉妹に知らせる  きょうだいが乳がんになると、姉妹が将来乳がんになるリスクは、そうでない方よりも高くなります。

 姉妹は、次に乳がんになるのは自分ではないかと恐れているかもしれません。あなたがどんな治療を受けて、どのように克服したかを教えてあげれば、その恐れを解消する助けになるでしょう。

■友人に知らせる

 友人にどこまで知らせるかは難しい問題です。とくに助けてくれる親しい友人や、がんによってストレスが多くなって、感情的に影響するかもしれない友人には、知らせておくといいでしょう。

 病気についてオープンに話しやすい友人もいれば、何も話せない人もいるかもしれません。自分に負担がない範囲でコミュニケーションを取ればいいし、無理に話さなくてもいいのです。また、直接話すことが辛ければ、Eメールなどを利用すれば、時間の節約になりますし、体の負担も減らせるでしょう。

■職場の上司や同僚に伝える

 職場の人事や総務担当者や直接の上司(派遣の方は派遣元の担当者)に、早めに相談しておきましょう。がんの治療は長期にわたることも多いですし、治療完了後もがんの経過観察のために定期的な診察や画像検査が必要となることが多いのです。そのため、有給や時短制度を利用することもあるでしょう。

 もしがんの治療や経過観察により業務に支障が生じるなら、業務内容や配属先を考慮してもらったり、周囲のサポートが必要になるかもしれません。そうなる前に、乳がん治療を受けていること、治療のスケジュールなどについて上司や同僚に伝えておく必要があります。必要によっては、主治医の診断書を人事や総務担当者(派遣の方は派遣元)、産業医に提出する必要があるでしょう。また、利用できる会社の支援制度について人事や総務に確認したり、自分で就業規則や福利厚生制度を調べておくといいでしょう。

 がんであることを職場ではどこまで知らせるかは、自分が負担にならない範囲でいいのです。職場の方とは互いに負担のない範囲でコミュニケーションをとるようにしましょう。同じ情報を受け取っても、対処の仕方は人それぞれです。なかには、あなたががんであることを知ったとたん、急に態度がよそよそしくなる人もいるかもしれません。それは、単にがんに対して恐ろしいイメージをもっているだけかもしれません。もしかしたら、がんの方とコミュニケーションをとった経験がなく、本人もどうすればいいかわからず混乱しているだけかもしれません。

 今は治療を受けながら、元気に働いているがん患者さんはたくさんいます。そのような姿を職場の方が見せることで、周りの方のがんに対するイメージも変わっていくかもしれません。

「働く人のがん対策」に関するニュース

2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」
2017年11月01日
がんを発症した女性の仕事と治療の両立 「柔軟に働ける制度」が必要
2017年10月25日
「乳がん」早期発見のきっかけはセルフチェック 定期的な検診が決め手
2017年10月25日
日本人の最大規模の「バイオバンク」を構築 長寿医療研究センターなど
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的

最新ニュース

2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年11月24日
厚労省が年末年始に合わせて墜落・転落災害防止対策キャンペーンを実施
2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
2017年11月20日
くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化
2017年11月17日
【連載更新】中小企業の健康経営モデルづくりを目指して(株式会社ヘルス&ライフサポート)
2017年11月17日
【健やか21】高校生の食生活自立を応援「巣立ちのレシピ集&セミナー」
2017年11月15日
おいしくてためになる!! 血糖コントロール食レシピ、Q&A「糖をはかる日クッキングセミナー」(2)
2017年11月15日
血糖コントロールは、"胃腸力"がカギ「糖をはかる日クッキングセミナー」(1)
2017年11月15日
アルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2017年11月15日
世界糖尿病デー 糖尿病人口は4億人を突破 30年後には7億人に
2017年11月15日
ウォーキングなどの有酸素性運動が動脈硬化を3分の1以下に抑える
2017年11月15日
歳を重ねると「大人むし歯」が増加 49%に「根元むし歯」
2017年11月15日
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査
2017年11月14日
統括的な役割を担う保健師は5割以上の自治体に配置ー厚労省調査
2017年11月10日
成人男性にも風しんワクチン接種を呼びかけ~国立感染症研究所
2017年11月10日
児童虐待を社会全体で解決―11月は児童虐待防止推進月間
2017年11月09日
【健やか21】「働きながら不妊治療を受ける従業員へご理解を」リーフレット
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
11月14日は「世界糖尿病デー」 2017年のテーマは「女性と糖尿病」
2017年11月08日
インフルエンザの流行に備える 自分でできるインフルエンザ予防法
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月08日
認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じて早期発見・診断
2017年11月08日
【新シリーズ】「"血糖トレンド"をどう活用するか」を公開 糖尿病リソースガイド
2017年11月06日
※定員残り僅か※ 第3回産業保健PC 参加者募集中~テーマ「産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の進め方」
2017年11月02日
【健やか21】(思春期アンケート)子どもが死にたいと思う悩みについて
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,587 人(2017年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶