オピニオン/保健指導あれこれ
がん患者さんのアピアランス・サポート
みなとアピアランス・サポート相談室(一般社団法人アピアランス・サポート東京)

No.1 がん患者の外見ケア=アピアランス・サポート

一般社団法人アピアランス・サポート東京
みなとアピアランス・サポート相談室 室長
村橋 紀有子

アピアランス・サポート(ケア)とは?

 抗がん剤や放射線などがん治療にともなう副作用として髪や眉毛、睫毛の脱毛や、爪の変色・変形、肌のくすみなど、外見が変化することがあります。通院によるがん治療が増え、治療と仕事を両立する人が多くなったこともあり、アピアランス(外見)の変化に伴う悩みを抱える患者を支援するアピアランス・サポート(ケア)が重視され、注目され始めました。

 アピアランスの変化は、患者さんにとって嘔吐や手足のしびれといった苦痛同様、もしくはそれ以上の苦痛となります。がんであることを他者に知られることで、今までの人間関係がマイナスに変化するのではないかといった不安からその苦痛が来ていることが研究でも分かってきました。

「がん患者に対するアピアランスケアの手引き」の発表
美容の専門家によるアピアランス支援

 そのような中、がん患者が自分らしく社会の中で生きられるよう支援する目的で、国立がん研究センター中央病院にアピアランス支援センターが開設され、昨年には、センター長である野澤桂子先生を中心にした研究班が「がん患者に対するアピアランスケアの手引き」というガイドラインを発表され、医療機関におけるアピアランス・サポート導入が活発化してきました。

 病院でのアピアランス・サポートは基本的に看護師が行いますが、複数のウイッグメーカーを集めたウイッグ相談会やカバーメイクの実践講習などを計画し、外部から美容師やネイリストといった美容の専門家を呼んでイベントを行っている病院も増えてきました。

 みなとアピアランス・サポート相談室は昨年から、港区のがん対策イベントに参加しています。ウィッグやネイルなど実際に見て・触って・相談できる企画で、多くの来場者にアピアランス支援を体験してもらえるようなブースを用意しています。


相談ブースを出展しました(がん対策みなと2017)

「みなとアピアランス・サポート相談室」の活動について

 私たちの「みなとアピアランス・サポート相談室」は、昨年に東京都港区とがん患者の支援に関する連携協定を締結し、区内にある慈恵医大付属病院をはじめとしたがん治療診療拠点病院などで定期的なアピアランス・相談会を開催しています。

 また、美容室内にアピアランス・サポート相談室を開設し、港区のアピアランスに関する無料相談窓口として、また、それぞれの患者さんに合わせたウイッグの調整カットやネイルの補強、ケアなどの施術を行う施設として患者さんに利用いただいています。


個室対応など患者さんのニーズに応えるみなとアピアランス相談室(東京 高輪台)

アピアランス・サポートの今後

 今年、平成29年4月から東京都港区においては、がん治療に伴う脱毛や乳がんの手術跡をカバーするウイッグ(かつら)や胸部補正具の購入経費を助成する(通称 アピアランス助成金)を制度化し、購入費用を上限3万円(購入費用の70%)まで助成し、がん患者の就労継続や社会生活を支援しています。都内の他の市区においても導入が検討され始めており、今後の支援の充実に期待がされています。


【参考】東京都港区、がん患者対象としたウィッグや胸部補整具の助成制度がスタート
都内初の外見ケア制度

 アピアランス相談室でサポートを受けた患者さんからの「アピアランス・サポートをもっと早く知っていたら…」という感想をよく聞きます。まだアピアランス・サポートについての情報が充分に行き届いてないのが現状です。

 今後は、より多くのがん患者さんに支援制度やアピアランス支援情報などの情報が届きQOL向上に役立つことを目指して活動を行っています。ぜひ、がん患者さんからご相談があった際など、アピアランス・サポート情報をお伝えしていただければと思います。

みなとアピアランス相談室
美容組合と自治体が外見サポート連携  みなとアピアランスサポート相談室

著者プロフィール

  • 村橋  紀有子
  • 村橋 紀有子
    一般社団法人アピアランス・サポート東京
    みなとアピアランス・サポート相談室 室長

    経 歴

     電気パーマネントの国産機を開発した祖父から3代続く老舗美容室に嫁ぎ、サロン独自の「彫刻的カット技法」やフェイシャル技術など 伝統的美容技術を基礎から習得し、美容師として多くの経験を持つ他、スキンケアやマッサージ等の外見に関わる様々な資格を取得。平成28年10月港区と「がん患者への支援に関する連携協定」を締結し、外見(アピアランス)のケアに関する相談窓口として、みなとアピアランス・サポート相談室を開設。室長としてアピアランス・サポートを行っている。

    みなとアピアランス・サポート相談室
    美容室エステインターナショナル

「働く人のがん対策」に関するニュース

2019年01月15日
乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」
2019年01月08日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月08日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2018年12月26日
がん患者のための情報サイトを公開 就労や生活上の課題などの情報が中心
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月07日
【新連載】がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
2018年10月31日
生涯でがんに罹患する確率は男性62%、女性47%~最新がん統計
2018年10月31日
乳がんの原因遺伝子を解明 日本人1万8,000人のデータベースを構築
2018年10月31日
世界の長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に
2018年10月24日
乳がんの「転移」を人工知能(AI)が99%の精度で検出 米グーグルが開発

最新ニュース

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開
2019年01月18日
【健やか21】2/11(月・祝日)シンポジウム「周産期からの虐待予防」
2019年01月16日
慢性腎臓病(CKD)対策 透析を防ぐために「睡眠」の改善が必要 大阪大
2019年01月16日
産後うつと関連して対児愛着が悪くなる 母親を早期支援し「ボンディング障害」を予防
2019年01月15日
糖尿病腎症の重症化予防 保健師・管理栄養士・薬剤師が連携 先進的な取組みを紹介 厚労省
2019年01月15日
乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」
2019年01月15日
アルコール依存症の飲酒量を低減する薬が登場 飲酒の1~2時間前に服用
2019年01月10日
【先着順申込み受付中!】 2/6 市民公開講演会 全国生活習慣病予防月間2019
2019年01月10日
【健やか21】ピアサポーター養成講座受講生の募集について(難病のこども支援全国ネットワーク)
2019年01月09日
「働き方改革と健康経営」へるすあっぷ21 1月号
2019年01月09日
【産保PC第7回(2018年度 第3回)レポート】職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~
2019年01月08日
高齢者の肥満症のガイドラインを公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月08日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月08日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2019年01月08日
「冷え性」を克服するための6つの改善策 足の冷えに動脈硬化が隠れていることも
2019年01月07日
保健指導リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト20
2019年01月04日
妊娠~子育て期にだれもが切れ目ない支援を受けられるように―成育基本法が成立
2019年01月04日
厚労省が医療的ケア児と家族を支えるサービスの事例紹介の報告書を作成
2019年01月03日
IT導入で「障がい者雇用の可能性を広げる」期待高まる―野村総研調査
2018年12月26日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 朝型生活でメタボや糖尿病のリスクを低下
2018年12月26日
認知症の発症を予想する新たなマーカーを発見 久山町研究の成果 九州大学
2018年12月26日
がん患者のための情報サイトを公開 就労や生活上の課題などの情報が中心
2018年12月26日
学生時代の運動歴が将来の健康を左右? 大学時代のスポーツ経験が影響
2018年12月26日
慢性腎臓病(CKD)患者はBMIが高値だと生命予後が良好 2万6,000人を調査
2018年12月21日
【健やか21】「アドバンス助産師1万2,000人に」日本助産評価機構が新たに992人認証
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み② ~仕事と育児・介護の両立支援 編~
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み① ~健康経営・健康増進活動の展開 編~
2018年12月19日
肥満や病気の予防を「まちづくり」から推進 健康になるための「都市デザイン」とは 千葉大と竹中工務店
2018年12月19日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測 国立国際医療研究センター
2018年12月19日
果物は肥満・メタボに良いのか悪いのか? 果物の健康効果を科学的に検証
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶