オピニオン/保健指導あれこれ
LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える

No.1-1 封じ込められた子ども、その心を聴く

岡山大学大学院保健学研究科 教授
中塚 幹也

LGBTの子どもは見えない存在

image1.jpeg  性に関する視点は、身体の性、性の自己認識(性自認、心の性)、性的指向(好きになる性)、性別表現(服装や髪形などの表現)、割り当てられた性(戸籍や保険証などの性別)、性役割など、多面的です。

 これらの視点の組み合わせで見たときに、いずれか1つでも(2つ以上の場合もあります。)多数派と異なる人々は「性的マイノリティ」と呼ばれます。

 性的指向の視点で少数派であるL(レズビアン)、G(ゲイ)、B(バイセクシュアル)に、性自認の視点で少数派であるT(トランスジェンダー)を加えた「LGBT」という言葉も広く使用されています。

 LGBT当事者は約8%(13人に1人)とされ、LGBTの子どもは、学校のどのクラスにもいる計算になります。しかし、学校の中で、LGBTの子どもに出会ったことがある教員は少ないのではないでしょうか、なぜなら、LGBTの子どもは、見ようと思わない人には見えない存在だからなのです。

自身の気持ちを封じ込めるトランスジェンダーの子どもたち

 「身体の性」(また、それにより決められた「割り当てられた性」)と「心の性」とが一致していないトランスジェンダー当事者は、性別への違和感(自身の性への嫌悪感や反対の性への願望)を持ちます。

 このうち、ホルモン療法や手術療法により身体の性を心の性に近づけたいと思い、医療施設を受診した人々への診断名として「性同一性障害」があります。

 性別違和感は物心がついた頃から始まることも多く、特に思春期には、二次性徴により身体の特徴が急速に本人の望まない方向に変化するため、違和感が増強します。また、恋愛や交際も始まります。

 性別違和感を持つ子どもは、学校でも「絶対に知られたくない」と思っている場合が多く、教員もその子どもの悩みに気づかないまま過ごしていることもよくあります。

 特に、身体の性は男性、心の性は女性の子ども(トランスガール)は、いじめの対象となりやすいこともあり、多くが「気持ちを封じ込める」体験をしています。

 ジェンダークリニックを受診した、心の性は女性、身体の性は男性であるMTF(Male to Female)当事者(トランスウーマン)に、小学生の頃に自分の性別違和感を言葉で伝えられたかを調査したところ、「絶対に伝えまいと思った」との回答が75.0%、「迷ったが伝えられなかった」との回答が12.5%でした(下図参照)。

 すなわち、約9割の子どもが言葉では伝えることができていなかったことになります。

3.jpg

LGBT当事者のつらい経験

 LGBT当事者は子どもの頃から、性に関する悩みを持ったり、周囲からいじめを受けたりするため、自身を好きになれず、自己肯定感も低下しやすいことが知られています。日本のゲイ・バイセクシャル男性における自殺未遂のリスクはヘテロセクシュアル(異性愛)男性の約6倍とされます。

 ジェンダークリニックを受診した性同一性障害当事者が、それまでに経験していたことを見てみると、不登校は29.4%(341人/1158人)、自殺念慮(「死にたい」と思うこと)は58.6%(676人/1154人)、自傷行為や自殺未遂は28.4%(327人/1153人)と高率でした。

 精神科を受診するくらいの不安症やうつなどの合併症も16.5%(189人/1148人)に見られました。特に、MTF当事者(トランスウーマン)では、約4人に1人と高率でした。これらの精神状態は、周囲の人間関係や学校や社会との摩擦が原因となって生じたものと考えられます。

言い出しやすい環境づくり

image2.jpeg  学校において、LGBTの子どもを探し出そうとしても、うまくいかないばかりか、弊害の方が大きくなります。自身の気持ちを封じ込めているLGBTの子どもが、性別に関する悩みを自身から話してくれるためには、環境づくりが重要になります。

 LGBT関連の書籍やレインボーフラッグ(性の多様性やLGBTの尊厳等を表す)などを置いたり、性教育等の授業や講演、日常会話の中で肯定的な話題を取り上げたりすることは有用です。

 もし、打ち明けてくれたら、アウティング(本人が隠しておきたい人に伝えてしまうこと)に留意し、本人と相談しながら支援者を増やし、チームでの支援を行います。

「LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える」もくじ

最新ニュース

2019年03月19日
地域保健・健康増進事業報告~母子保健など「地域保健事業」の概要
2019年03月14日
【健やか21】募集開始!周産期メンタルヘルスと児童虐待予防セミナー
2019年03月14日
保健師の職業紹介番組を放映(テレビ神奈川、3/17)
2019年03月14日
「産業保健プロフェッショナルカンファレス」主催者変更のお知らせ
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
【新連載】LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月12日
【参加申込受付中】産業保健師会 2019年度 第1回研修会「産業保健師活動のあり方の本質に迫る―今どきの職場不適応の背景とその対応―」
2019年03月08日
睡眠に不満がある人は9割超―求められる十分な睡眠時間と質の高い眠り
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月07日
【健やか21】世界自閉症啓発デー2019(4/6東京) 参加申込み受付中
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年03月06日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
2019年03月06日
幼児の脳の発達に親の励ましが大きく影響 離婚は子のメンタルヘルスに影響
2019年03月06日
【書籍紹介】「増補新訂 医療機関における産業保健活動ハンドブック」※19年3月31日まで割引サービス中!
2019年03月05日
「どうする? 新入社員の健康支援」へるすあっぷ21 3月号
2019年03月05日
平成30年は2倍の増加―職場における熱中症による死傷災害発生状況
2019年03月05日
さらなる周知・啓発が必要―中小企業の「健康経営に関する実態調査」
2019年03月05日
佐賀のNPO法人が『教師のための2型糖尿病対応マニュアル』を作成
2019年02月28日
【健やか21】父親の仕事と育児両立読本(ワーク・ライフ・バランス ガイド)
2019年02月27日
運動は「魔法の薬」 健康なエイジングのために運動が必要 食事を改善でき腎臓にも効果
2019年02月27日
腸内細菌叢がインフルエンザワクチンの効果を高める 温暖化の影響も 東京大学
2019年02月27日
歯周病発見「AI」の共同研究 スマホで検診受診率を向上 東北大学とドコモ
2019年02月27日
食事でメタボや肥満に対策 やってみるとはるかに簡単 食事管理に要する時間は1日15分以内
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶