ニュース

リストの最初の単語を覚えられなくなったら要用心

 15の単語からつくられたリストの最初の4つを記憶するのが難しくなると、認知症の初期徴候である可能性があるという研究が発表された。

 「いくつかの単語を言いますから、順番は気にせずに覚えてください」という問いをしたときに、多くの人は最初と最後に提示した単語を覚えていて、真ん中あたりに提示された単語はあまり覚えていない。

 このように、最初に提示された単語の再現率が高いことを「初頭効果(primacy effect)」、最後に提示された単語の再現率が高いことを「新近効果(recency effect)」という。

 「リストのはじめの単語を覚えれなくなることは、認知能力の低下の兆しです」と、ニューヨーク州にあるネイサン・クライン精神医学研究所のヌンツィオ ポマーラ博士は指摘する。

 研究は、開始時に認知症の徴候が認められなかった60~91歳の高齢者200人を対象に4年間行われた。

 研究チームは、参加者に15の単語でつくられたリストを5回読み上げて、20分後に覚えている単語をなるべく多く言ってもらう記憶テストを行った。同時に認知機能を評価するテストも行った。

 4年間に認知テストの得点が低下していった高齢者は70人程度だった。記憶テストの点数が低く単語を覚えられない高齢者ほど、その後の認知テストの得点は低下する傾向がみられた。

 興味深いことに、リストのはじめの単語を覚えている初頭効果が低下した高齢者ほど、認知テストの成績は低下していた。15の単語からつくられたリストの最初の4つを記憶するのが難しくなると、認知テストの得点は大きく低下していった。

 「海馬状隆起は記憶や学習を司る脳の重要な領域です。海馬状隆起にダメージが生じると、初頭効果の能力が低下しやすいと考えられます。今回の研究は、簡単なテストで認知障害を予想する可能性を示したものです」(ポマーラ博士)。

 認知症の前の段階といえる「軽度認知障害」を見極めることができれば、早く治療を始められ、認知症への進行を遅らせることができるという。

Decreased Recall of Primacy Words Predicts Cognitive Decline(Archives of Clinical Neuropsychology 2013年1月7日)

[Terahata]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2019年07月17日
産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」
2019年07月09日
【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」
2019年07月09日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月09日
肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに
2019年07月09日
「乳がん」はストレスにさらされると悪化 自律神経が深く関与 新しい治療法に道
2019年07月09日
運動+認知機能トレーニング 有酸素運動を可視化するシステムを開発 東北大学と日立の共同ベンチャー
2019年07月03日
「抹茶」に不安を軽減する効果 抹茶の健康効果を解明し世界に発信
2019年06月24日
パワハラの防止措置を初めて義務化―女性活躍推進法等改正案が成立
2019年06月20日
【健やか21】児童虐待予防支援のための「パパカード」活用について
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶