ニュース

「全国生活習慣病予防月間2014」スローガン募集開始、賞金5万円

 毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」(主催:一般社団法人日本生活習慣病予防協会)は、次回で第4回目を迎えます。来年2月の強化テーマは、健康標語である"一無二少三多"から"多動"にフォーカスし「健康づくりのための運動のすすめ」として啓発を行います。 そこで、恒例となりましたスローガンを募集いたします。募集要項をご確認のうえ、奮ってご応募をお待ちしております! 応募の詳細はこちら

スローガン募集

 "多動"とは、身体を多く動かすこと。「2本の足は2人の医者」という格言をご存知でしょうか。「2人の医者」とは、一人は内科系、もう一人は外科系の医者を指します。2本の足が元気に動いているうちは、内臓(心臓・脳、肺等)も筋肉も骨も元気だという意味です。

 また、「老化は足から」とも言われます。"第二の心臓"とも呼ばれる足には全身の筋肉の2/3が集まり、心臓からの血液循環を助けています。いつまでも若々しく健康長寿をめざすためには、よく歩くことが大切です。そんな"多動"の意識を広め、健康づくりのための運動の重要性を、いま一度見直す機会にしていただければと考えます。

 運動と言えば、清々しさや楽しさをイメージする人もいれば、運動してこなかった反省、後悔、大変さ、、等々、皆さん、様々な思いがあるのではないでしょうか。今回、「健康づくりのための運動」にまつわるスローガンを募集いたします。生活習慣病の予防・改善に欠かせない「運動」の大切さを訴える、心に響く作品をお待ちしています!

 どなたでも、お1人様5作品まで応募可能です。最優秀者には、賞金5万円を進呈!  ぜひ奮ってご応募ください!

"一無・二少・三多"とは、一無は無煙(禁煙)、二少は少食(腹八分目)・少酒(お酒はほどほど)、三多は多動(たくさん体を動かし)・多休(しっかり休養を取り)・多接(多くの人・物事に接する)を意味します。

【応募要項】
  • 作品テーマ:「健康づくりのための運動」
  • 応募資格:どなたでも
  • 文字数:1作品20文字以内。お1人様につき5作品まで。
    ※重複応募は無効となります。
  • 応募方法:専用応募フォーム、もしくはE-mail 詳細はこちらをご覧ください
  • 応募締切:2013年12月25日(水)
  • 表 彰:最優秀賞1名5万円、優秀賞3名1万円、佳作10名クオカード3千円分
  • 選 考:全国生活習慣病予防月間実行委員会(医師、マスコミ関係者)
  • 主 催:一般社団法人日本生活習慣病予防協会

全国生活習慣病予防月間
日本生活習慣病予防協会

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2021年01月28日
【オピニオン新連載】行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶