ニュース

「歩きスマホ」を自覚していない人が多い 事故を起こさないための6ヵ条

 歩きながらスマートフォンで話したり、メールを読むのは危険だ。「歩きスマホ」をしていても自分では気が付いていない人が多く、深刻な怪我につながる危険性が高いことが米国の調査で明らかになった。
自分が「歩きスマホ」をしていると気付いていない人が多い
 スマートフォンで話をしたり、携帯メールを読みながら歩くのは危険な習慣だ。人にぶつかったり、転んだり、駅のホームから落ちたりする危険性が高い。

 米国整形外科学会(AAOS)の調査によると、「歩きスマホ」により怪我のリスクに曝される米国人が増加している。

 同学会が米国の8都市(ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、フィラデルフィア、ヒューストン、フェニックス、アトランタ、シアトル)の街路で2,000人を対象に行った調査で、78%は「歩きスマホ」が危険な行為と考えていることが明らかになった。

 約40%は「歩きスマホ」をしている人がぶつかったり、転んだりなど、危険にさらされているのを見たことがあり、26%は自分自身が歩行中に危険を感じたことがあると答えた。

 一方で、74%は「他人は日常的に歩きスマホをしていると感じる」と答えたが、「自分自身が歩きスマホをしている」と答えたのは29%にとどまった。

 「多くの人は自分がふだん歩きスマホをしていることに気付いておらず、危険にさらされていると自覚していません」と、ジェファーソン大学病院の整形外科医であるアラン ヒリブランド氏は言う。

「歩きスマホ」により7万人が怪我
 2013年に発表された調査結果によると、歩行中にスマホを操作していて怪我をしたり事故に遭った人の数は2004~2010年に2倍に増えた。

 国家道路交通安全局(NHTSA)の調査では、米国では2010年に7万人が歩行中に怪我したことが示されている。

 AAOSの調査では、特に若年者は歩きながら音楽を聞いたり、通話をしたり、メールを読んだりしていて、怪我をする可能性が高かった。深刻な怪我をする可能性がもっとも高いのは55歳以上の女性で、18~34歳の女性は危険を感じる可能性は高かいものの実際に怪我をする割合は低かった。

 「なぜ歩きながらスマホ操作などのマルチタスク作業をするのか?」という質問に対しては、48%は「分からない」、28%は「歩行中に他のことを同時に行っても問題はない」、22%は「忙しいので時間を効率的に使いたい」とそれぞれ回答した。

 「デジタル機器が普及し、道路や交通施設、駅などでスマホなどを操作し、事故を発生させる人が増えています。人と接触したり、階段やホーム、柱などにぶつかったり、転落したりして、擦り傷や打撲、骨折などの事故が増加しています」と、ヒリブランド氏は言う。

安全に歩行するための6つのアドバイス
 米国整形外科学会(AAOS)は、周囲に注意しながら安全に歩行するために、次のことをアドバイスしている――

・ 「歩きスマホ」をすると視野が極端に狭くなり、周囲に注意を向けることができない。非常に危険な行為なので何としても避けるべきだ。

・ ヘッドホンで音楽などを聴くときは、ボリュームを下げて、周囲の環境や交通の音を聞き分けられるようにする。

・ 知人や子供と話をしたり、スマホなどの電子機器を使う必要のあるときは、安全な場所まで歩いて行き、そこで立ち止まって用事を済まそう。

・ 事故は交差点で起こりやすい。通行するときは、交差点の前で必ず立ち止まり交差路の状況をよく見て、走ってくる車があるときはその車が通り過ぎるまで待って歩こう。信号機がある交差点では、必ず信号機の表示を確認する。また、交通量の少ないところでも、いきなり飛び出さないで安全を十分確かめる。

・ 1日のうちでもっとも交通事故が発生しやすいのは夕暮れ時だ。特に冬は屋外での明るさは日没後の30分間で急激に変化する。歩行者からは車が見にくくなり、距離感を誤りやすくなる。また、車や人の動きが活発になるのもこの時間帯だ。夕暮れ時の交通事故に注意しよう。

・ スマホなどを使用しながら運転している自転車やバイクと接触して起こる事故も発生している。歩行中は自分自身が怪我をするだけでなく、周囲の人に怪我をさせたりする可能性があることを認識しよう。

Distracted Walking(米国整形外科学会 2015年12月)
DIstracted Walking Study: Topline Summary Findings(米国整形外科学会 2015年12月)

[Terahata]

「運動」に関するニュース

2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月19日
解説「データヘルス・健康経営を推進するためのコラボヘルスガイドライン」

最新ニュース

2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月26日
日本人3,554人の全ゲノム情報を解読に成功 日本人のゲノム医療に期待
2017年07月26日
日常診療におけるバイオマーカーとしての尿中L-FABPの有用性と可能性
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶