• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
「健康寿命をのばそう!アワード」母子保健の受賞事例紹介冊子が完成
2016.03.02
 厚生労働省が昨年11月に表彰を行った「健康寿命をのばそう!アワード」で、母子保健分野の受賞プロジェクトを紹介する冊子がこのほど完成した。「健やか親子21(第2次)」の掲げる課題も踏まえながら受賞事例について詳しく紹介しており、地域における母子保健推進の参考となるだろう。

 「健康寿命をのばそう!アワード」は、国民の生活習慣を改善し、健康寿命をのばすための運動「スマート・ライフ・プロジェクト」の一環として平成24年度より実施されている。

 4回目となる平成27年度からは「健やか親子21(第2次)」がスタートしたことに伴い、従来の「生活習慣病予防分野」と「介護予防・高齢者生活支援分野」に加え、新たに「母子保健分野」を創設。母子の健康増進を目的に優れた取り組みを行っている企業などから48件の応募があり、有識者による評価委員会で審査のうえ以下の通り各省が決定した。

【厚生労働大臣最優秀賞】(1件)
・住友生命保険相互会社
「スミセイアフタースクールプロジェクト」

【厚生労働大臣優秀賞】(3件)
<企業部門>
・広島テレビ放送株式会社
「子育て応援団感染症の予防クロスメディアプロジェクト」

<団体部門>
・認定NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク
「慢性疾病・難病や障害のある子どもとその家族への支援活動」

<自治体部門>
・大阪市東淀川区(大阪府)
「東淀川区4・5歳児就学前子育て支援事業」

【厚生労働省雇用均等・児童家庭局長優良賞】(3件)
<団体部門>
・公益社団法人群馬県助産師会
「いのちの現場からのメッセージ 助産師の『生まれてきてくれてありがとう』プロジェクト」

<自治体部門>
・大分県
「『ヘルシースタートおおいた』による妊娠期からの切れ目ない支援体制の構築」
・小牧市(愛知県)
「母子保健推進協議会から発信する親子の自己肯定感の醸成=『心豊かにいきいきと生きる力』をもつ子どもの成長につなげていくために=」

 このうち、最優秀賞の住友生命保険相互会社「スミセイアフタースクールプロジェクト」は、共働き家庭やひとり親家庭の増加によって放課後、1人で過ごすことが多い子どもたちの健やかな成長を支えるため、市民が放課後の先生となって「健康」や「いのち」などをテーマにしたプログラムを実施するもの。

 市民先生による出張プログラムを単発的に開催するのではなく、地域に根付いてさらに拡充されていくことを目的に、プログラムの実施ノウハウなどは地域の協力者や行政関係者に勉強会を開いて伝授している。このような点などが、健やか親子21(第2次)の基盤課題C「子どもの健やかな成長を見守り育む地域づくり」の取り組み事例として高く評価された。

 冊子では写真を交えながら、どのような取り組みを行っているのかを詳しく解説。受賞した全7件について事例内容が参照できるようになっている。冊子は、健やか親子21(第2次)の公式HPからダウンロード可能。

第4回「健康寿命をのばそう!アワード」母子保健分野 受賞事例プロジェクト冊子
第4回「健康寿命をのばそう!アワード」受賞プロジェクト事例のご紹介
厚生労働省報道発表資料「第4回 健康寿命をのばそう!アワード」

(yoshioka)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |