ニュース

地震時も血圧コントロールが重要 「災害高血圧」に対策 高血圧学会

 日本高血圧学会は熊本地震への対応として、日本心臓病学会、日本循環器学会との3学会合同で作成した「2014年版 災害時循環器疾患の予防と管理に関するガイドライン」を公式サイトで改めて提示し、注意を呼びかけている。循環器疾患を予防するために、災害発生時の血圧コントロールが重要であることを強調し、循環器疾患を簡便に評価するスコアなども提示している。
不眠やストレスによって血圧値が上昇する「災害高血圧」
 大きな災害が発生すると、直後には「たこつぼ型心筋症」「急性心筋梗塞」「脳卒中」「突然死」、数日後以降には「深部静脈血栓症」や「肺塞栓症」などの「エコノミークラス症候群」が起こりやすくなり、ときには命に関わる。恐怖を思い出すことによる「PTSD」(心的外傷後ストレス障害)などの精神疾患や、「抑うつ状態」も、循環器膝下のリスクを増加させる。

 こうした深刻な循環器疾患は「血圧の上昇」と「血栓ができやすくなること」が引き金となって発生する。これらに対策することが、災害時にこそ求められる。

 災害の大きなストレスやさまざまな環境変化により、「眠れない」「生活のリズムやパターンが崩れる」「日常と異なる食生活」などが続くと、血圧に変動に乱れが出て上昇しやすくなる。

 また、住み慣れた家を離れざるをえず、避難所などで生活をおくる場合、日頃行っている仕事や家事などの動作を行えず、体を動かすのが難しくなりがちだ。こうした身体活動の低下に加え、寒さ、脱水、感染症などによって血栓ができやすくなる。

 日本心臓病学会によると、不眠や脱水、精神的ストレスによって血圧値が上昇する「災害高血圧」は、被災直後から起こり、発災後2~4週間で収縮期血圧(最高血圧)が平均5~25mmHg上昇する。震災前には130mmHg程度と良好な血圧コントロール状態にあった高血圧患者が、震災後には200mmHg以上になる場合もあるという。
災害時こそ適切な血圧コントロールが望まれる
 高血圧治療や脳卒中の発症予防などのための降圧薬、抗血小板薬、抗凝固薬などの薬を飲んでいた患者が服用を止めるのは危険だ。在外時に常備薬を持ち出せなかったり、ふだん飲んでいた薬が分からなくなった場合は医療機関が適切に対応することが望ましい。

 災害発生時の循環器疾患のリスクを評価するには、「DCAP(Disaster CArdiovascular Prevention )7リスクスコア」を用いる。各項目を1点とし、4点以上ならハイリスク群と判定する。
 被災者へのリスク予防ツールとしては、 「DCAP8予防スコア」があり、6点以上を目指すよう促す。
・ 日中に体を動かすと血栓を予防しやすい
 本来の血圧の変化、神経の働きなどを保つ体内時計リズム(サーガディアンリズム)を取り戻すために、日中はなるべく体を動かすことが必要だ。横になったままや座ったままの状態をできるだけ避けて、積極的に活動するよう心がけるアドバイスすることが大切。ウォーキングによって脚の筋肉を動かすと、下半身で滞りやすい血液の流れが改善し血栓ができにくくなる。

・ 夜間は少しでも睡眠の質と量を高めよう
 災害時こそ睡眠は重要だ。睡眠中には血圧を上昇させる「交感神経」の働きが低下し「副交感神経」が働く。このため、夜間には6時間以上の良質な睡眠を確保することが重要となる。日中には体を動かすことに加え、避難所では夜間消灯、プライバシーの確保を心がけることが、睡眠の質と量の向上につながる。

・ 塩分の摂取を減らそう
 災害時には「食塩感受性」が高くなり、同じ量の食塩を摂取しても、体内に食塩が蓄積し血圧が上昇しやすくなる。国立健康・栄養研究所は、肉、魚、野菜、果物などが不足しないようにできる限り留意するよう注意を呼びかけている。

・ 水分をしっかりとろう
 血栓を予防するためにも、夜間尿が増えても水分をしっかりとる必要がある。食事にも水分が含まれているので、食事の量が減ると、水分量も不足して脱水が起こりやすくなる。食事時には、コップ1杯の水を忘れずにとろう。むくみの原因は塩分の摂り過ぎであることが多い。

日本高血圧学会
  災害時循環器疾患予防に関するガイドライン
災害時の健康・栄養について(国立健康・栄養研究所)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始

最新ニュース

2017年10月20日
【健やか21】養護教諭225名へのアンケート「生徒の"スマホ老眼"が増加」
2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月19日
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
2017年10月03日
「AMR対策いきまぁーす!」―厚労省がガンダムとコラボし啓発活動を実施
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶