ニュース

地震時も血圧コントロールが重要 「災害高血圧」に対策 高血圧学会

 日本高血圧学会は熊本地震への対応として、日本心臓病学会、日本循環器学会との3学会合同で作成した「2014年版 災害時循環器疾患の予防と管理に関するガイドライン」を公式サイトで改めて提示し、注意を呼びかけている。循環器疾患を予防するために、災害発生時の血圧コントロールが重要であることを強調し、循環器疾患を簡便に評価するスコアなども提示している。
不眠やストレスによって血圧値が上昇する「災害高血圧」
 大きな災害が発生すると、直後には「たこつぼ型心筋症」「急性心筋梗塞」「脳卒中」「突然死」、数日後以降には「深部静脈血栓症」や「肺塞栓症」などの「エコノミークラス症候群」が起こりやすくなり、ときには命に関わる。恐怖を思い出すことによる「PTSD」(心的外傷後ストレス障害)などの精神疾患や、「抑うつ状態」も、循環器膝下のリスクを増加させる。

 こうした深刻な循環器疾患は「血圧の上昇」と「血栓ができやすくなること」が引き金となって発生する。これらに対策することが、災害時にこそ求められる。

 災害の大きなストレスやさまざまな環境変化により、「眠れない」「生活のリズムやパターンが崩れる」「日常と異なる食生活」などが続くと、血圧に変動に乱れが出て上昇しやすくなる。

 また、住み慣れた家を離れざるをえず、避難所などで生活をおくる場合、日頃行っている仕事や家事などの動作を行えず、体を動かすのが難しくなりがちだ。こうした身体活動の低下に加え、寒さ、脱水、感染症などによって血栓ができやすくなる。

 日本心臓病学会によると、不眠や脱水、精神的ストレスによって血圧値が上昇する「災害高血圧」は、被災直後から起こり、発災後2~4週間で収縮期血圧(最高血圧)が平均5~25mmHg上昇する。震災前には130mmHg程度と良好な血圧コントロール状態にあった高血圧患者が、震災後には200mmHg以上になる場合もあるという。
災害時こそ適切な血圧コントロールが望まれる
 高血圧治療や脳卒中の発症予防などのための降圧薬、抗血小板薬、抗凝固薬などの薬を飲んでいた患者が服用を止めるのは危険だ。在外時に常備薬を持ち出せなかったり、ふだん飲んでいた薬が分からなくなった場合は医療機関が適切に対応することが望ましい。

 災害発生時の循環器疾患のリスクを評価するには、「DCAP(Disaster CArdiovascular Prevention )7リスクスコア」を用いる。各項目を1点とし、4点以上ならハイリスク群と判定する。
 被災者へのリスク予防ツールとしては、 「DCAP8予防スコア」があり、6点以上を目指すよう促す。
・ 日中に体を動かすと血栓を予防しやすい
 本来の血圧の変化、神経の働きなどを保つ体内時計リズム(サーガディアンリズム)を取り戻すために、日中はなるべく体を動かすことが必要だ。横になったままや座ったままの状態をできるだけ避けて、積極的に活動するよう心がけるアドバイスすることが大切。ウォーキングによって脚の筋肉を動かすと、下半身で滞りやすい血液の流れが改善し血栓ができにくくなる。

・ 夜間は少しでも睡眠の質と量を高めよう
 災害時こそ睡眠は重要だ。睡眠中には血圧を上昇させる「交感神経」の働きが低下し「副交感神経」が働く。このため、夜間には6時間以上の良質な睡眠を確保することが重要となる。日中には体を動かすことに加え、避難所では夜間消灯、プライバシーの確保を心がけることが、睡眠の質と量の向上につながる。

・ 塩分の摂取を減らそう
 災害時には「食塩感受性」が高くなり、同じ量の食塩を摂取しても、体内に食塩が蓄積し血圧が上昇しやすくなる。国立健康・栄養研究所は、肉、魚、野菜、果物などが不足しないようにできる限り留意するよう注意を呼びかけている。

・ 水分をしっかりとろう
 血栓を予防するためにも、夜間尿が増えても水分をしっかりとる必要がある。食事にも水分が含まれているので、食事の量が減ると、水分量も不足して脱水が起こりやすくなる。食事時には、コップ1杯の水を忘れずにとろう。むくみの原因は塩分の摂り過ぎであることが多い。

日本高血圧学会
  災害時循環器疾患予防に関するガイドライン
災害時の健康・栄養について(国立健康・栄養研究所)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年12月14日
糖尿病リスクを減らすためには「運動を継続」することが必要
2017年12月14日
「ビワの種」に天然の有害物質 「食べないで」と農水省が注意喚起
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策

最新ニュース

2017年12月14日
科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス2017」を公開
2017年12月14日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2017年12月14日
糖尿病リスクを減らすためには「運動を継続」することが必要
2017年12月14日
加熱式たばこも血管には有害 血管内皮機能が低下 「iQOS」で実験
2017年12月14日
「ビワの種」に天然の有害物質 「食べないで」と農水省が注意喚起
2017年12月14日
【健やか21】学校の管理下の災害 (平成29年版)の発行について
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年12月12日
未成年者のインフルエンザ罹患後異常行動に具体的な注意喚起を追加
2017年12月11日
女性は健康維持にバランスの良い食事や歯磨き習慣-中高年者縦断調査
2017年12月08日
【健やか21】不育症治療の助成について(Fuiku-Faboフイクラボ)
2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
米を中心とした日本型食生活が健康寿命を延ばす 食育健康サミット2017
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年12月06日
【HAMIQ】認知症の社会的処方箋/おもいやり災害食認証制度
2017年12月04日
【新連載】超高齢社会への提言「エイジング・リテラシー」(有料老人ホーム入居支援センター)
2017年12月02日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)
2017年12月01日
【健やか21】思春期アンケート「高校生の性交経験と生活環境・保健指導」
2017年12月01日
「新たな自殺総合対策に向けて」へるすあっぷ21 12月号
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月30日
【くるみpro更新情報】クリスマスプレゼント付き資料請求実施中!
2017年11月30日
ママから笑顔がきえるとき―文京学院大が産後うつ予防リーフレット作成
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月29日
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017年11月28日
【新連載】がん患者さんのアピアランス・サポート (みなとアピアランス・サポート相談室)
2017年11月27日
【健やか21】産後うつ予防リーフレット・動画公開(文京学院大学)
2017年11月27日
【保健師募集】研修制度充実・人財育成に力を入れている鶯谷健診センター
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,681 人(2017年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶