• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
乳がんと大腸がんを尿で判定 自宅採取も可能に 世界初の技術を開発
2016.06.22
 日立製作所と住友商事グループは、尿中の代謝物を解析することで、乳がんや大腸がんの患者を見分けられる世界初の技術を開発したと発表した。数年以内の実用化を目指しており、将来的にがん検査を大幅な簡略化できる可能性がある。
世界初の技術を開発 数年以内の実用化を目指す
 血液検査など腫瘍マーカーによる現在のがん検査は、医療機関での受診が必須であり、全身のがんを一度に検査できる技術が確立されておらず、受診者の時間的、経済的な負担は小さくない。

 また、医療機関の少ない地域では、受診の機会を得られにくく、がんの早期診断・治療の妨げとなっている。そのため、誰もが簡便にがんの検査を受けられる技術の開発が求められている。

 研究グループは年齢、性別、がんの有無などの情報が付与された、健常者、乳がん患者、大腸がん患者の市販の尿検体15個を対象に尿代謝物を詳細解析した。それぞれの尿検体から1,325種の代謝物を検出し比較した。

 この結果、数百種の代謝物が、乳がん、大腸がんで健常者と比べて増加または減少していることが明らかになった。

 これらの代謝物を乳がん患者、大腸がん患者の尿検体を絞り込むバイオマーカー(血液中、尿中、あるいは体の組織内に含まれる物質で、身体の状態を知る上で定量的な指標となるもの)とし、候補をさらに10種程度に絞り込んだ。

 最終的に、健常者、乳がん患者、大腸がん患者をそれぞれ尿検体で識別できる方法を開発した。

 尿を用いた検査は簡便であり、自宅での検体採取も可能となるため、受診者への身体的・精神的な負担が低減できる。がん検診受診率の飛躍的な向上や、医療費の低減も期待できる。

 今後は、検査結果を得るまでに要する日数が現在の「数日以内」から「1日以内」となるよう迅速化を図るほか、がんの進行度合いもわかるようにしたい考えだ。日立製作所は「誰もが簡単にがん検査を受けられるよう、数年以内の開発を目指す」としている。

http://www.hitachi.co.jp/

関連する法律・制度を確認>>がん対策基本法
(Terahata)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |