ニュース

【募集中】健やか親子21(第2次)シンボルマークの名称募集!

 厚生労働省がすすめる国民運動「健やか親子21(第2次)」では「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を目指しています。現在、「健やか親子21(第2次)」の認知度を向上させ、取り組みを広く知ってもらうために、シンボルマークの名前を募集しております。11月30日まで。
応募フォームはこちら ▶
シンボルマークの説明・応募概要

 本シンボルマークは「子どもがのびのびと健やかに、夢と希望を持って、光輝く星のように・・・☆」という願いを込めて星型のマークとなり、「社会全体で子どもの健やかな成長を見守り、子育て世代の親を孤立させないよう支えていく温かな地域づくりのイメージカラー」として、背景が薄緑色となっています。

 このたび、「健やか親子21(第2次)」の認知度を向上させ、取り組みを広く知ってもらうために、シンボルマークの名前を募集します。
詳細・応募フォームはこちら ▶

  • 応募期間
    2016年10月13日から11月30日
  • 応募条件
    どなたでも応募いただけます。WEB応募フォーム からご応募ください。
  • 注意事項
    ・名前は、自作かつ未発表のもので、応募者本人のオリジナルに限ります。また、同一の名前を他のコンテストに応募したり、各種媒体に使用したりしないものとします。
  • 表彰
    最優秀賞 1人 記念の盾
    ※なお同一の名前があった場合は、抽選で受賞者を1名決定します。
    ※健やか親子21(第2次)事務局で審査します。受賞者は直接、本人に通知します。
    ※発表は平成27年3月頃を予定しています。
事務局・問合わせ先

「健やか親子21(第2次)」事務局
〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-20 SP神保町第2ビル5階
株式会社 小学館集英社プロダクション内
E-Mail:sukoyaka21@shopro.co.jp
お問い合わせフォーム ▶

[soshinsha]

「地域保健」に関するニュース

2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月09日
農林水産省が『みんなの食育白書―平成30年度―』を作成
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月05日
【健やか21】改正母子保健法が成立しました
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,160 人(2020年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶