ニュース

「がんを発症」子どもに伝えるべきか? 「伝えて良かった」が8割以上

 働き盛り世代、子育て世代の親ががんを発症したとき、7割が子どもに伝えており、8割以上が「伝えて良かった」と考えていることが、がん患者のコミュニティサイト「キャンサーペアレンツ」などの調査で明らかになった。
子どもに自身のがんをどう伝えるか
 自分ががんを発症したら、そのことを子どもに伝えるべきか? 子供に伝えたい理由は何か? 伝えた後で、子どもとの関係はどう変化するか?

 働き盛り世代、子育て世代にとって、がんを発症したときの療養生活に加えて、「子どもへどう対応するか?」は大きな関心事だ。

 がん患者のコミュニティサイト「キャンサーペアレンツ」とメディリードは共同で、がん患者のコミュニケーション実態調査を実施。全国34都道府県の30~64歳の男女133人から回答を得た。

 「子どもに自身のがんを伝えること」に焦点を当てた調査では、約7割の人が「伝えた」と回答し、約8割が「伝えて良かったと思っている」と回答した。

 「キャンサーペアレンツ」は、子供をもつがん患者が、同じ境遇の患者を探し、仲間になり交流することで、ピアサポート(仲間同士の支えあい)を提供する目的で活動している。

 「キャンサーペアレンツ」は2016年4月に開設されたが、すでにがん患者を中心に500人以上が登録しており、東京や大阪などでワークショップを開催するほどの盛り上がりをみせている。
87%が「伝えて良かったと思う」と回答
 今回の調査では、全体の約7割がご自身のがんについて子供に伝えており、伝えた人は「自分」(78%)がもっとも多く、次いで「配偶者・パートナー」が16%と続いた。

 子どもに伝えた理由としては、「安心させたい」「がんについて受け止められる、理解できると考えたから」など子どもの状況に合わせたものや、「がんであることを隠すことができない、隠したくない」という自身の状況や思いを挙げたものが多かった。

 子どもに自身のがんについて伝えた後の状況は、87%が「伝えて良かったと思う」と回答。また、その後の関係も「以前と比べて変化はない」が72%、「良い方向に変化した」が27%となっており、伝えることで子どもとの関係は悪くなることはほとんどないという結果になった。

 伝えた後に子どもとの関係が「良い方向に変化した」と回答した人では、子どもが「家事などの手伝いを自発的に行うようになる」「思いやりを感じる」などの変化を示したという。

 また「特に変化はない」と回答した人でも、「子どもにとって、がん=死ではないかもしれない」「ハグや手をつなぐようになった」「弱気になると励ましてくれる」など、親の状況をそれぞれの立場、状況で理解し、自発的に行動する、自立することが子どもの変化として生まれる傾向がみられたという。
近しい人とつながることに大きな意味が
 「キャンサーペアレンツ」代表の西口洋平氏は「私ががんの告知を受けた時、こどもにどのように伝えようか、そもそも伝えるべきなのか、とても悩みました。今回の結果を通じて、こどもにがんのことを「伝えないほうが良かった」という回答がゼロであったということは、驚きであり、まだ伝えられていない方には、勇気を与えるものになると考えています」とコメントしている。

 「それぞれのがん患者さんが置かれている状況によって、どのようにすれば対応すればよいのかは、もちろん異なってきます。だからこそ、近しい境遇の方とつながることができるということには、大きな意味があると考えています」としている。
女性はがん情報に対して積極的
 なお、今回の調査では「男性と女性の状況の差」についても調査している。それによると、自身ががんについて伝えた相手は、自身のがんについて伝えた相手は、男性は女性に比べて「職場の上司・同僚」のウエイトが高く(男性93.8%、女性57.4%)、女性は男性に比べて「子供」のウエイトが高かった(男性59.4%、女性77.2%)。

 また、がんに関する相談相手として、男性は女性に比べ「医師」のウエイトが高く(男性78.1%、女性55.4%)、女性は男性に比べて「がんを患っている方・仲間」(男性15.6%、女性45.5%)にも相談するウエイトが高かった。

 「キャンサーペアレンツ」代表の西口洋平氏は「女性のほうが男性に比べて、積極的に情報を発信したり、取りに行ったりする傾向が強く、男性は内に抱え込むようなところが垣間見えます。かたや、職場に自身ががんであることをほぼ告知していることについては驚きであったものの、その後の関係性や働き方などについては引き続き調査を進めていく必要があります」とコメントしている。

キャンサーペアレンツ
メディリード
[Terahata]

「がん」に関するニュース

2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月19日
乳がんの新たな治療薬の開発に道 ホルモン療法の問題を回避できる可能性
2017年07月13日
大腸がんを人工知能(AI)で検査 見逃しやすいがんを98%の精度で発見
2017年07月06日
厚労省「データヘルス改革」の工程表を発表 2019年までにシステム構築
2017年07月06日
「人工知能」(AI)を保健分野に活用 6分野で開発、安全対策も 厚労省

最新ニュース

2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月26日
日本人3,554人の全ゲノム情報を解読に成功 日本人のゲノム医療に期待
2017年07月26日
日常診療におけるバイオマーカーとしての尿中L-FABPの有用性と可能性
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶