ニュース

精子の健康改善にくるみが有効の可能性 酸化ストレス抑えて運動性など向上

 くるみが精子の質を改善するという研究結果が発表された。雄マウスにくるみを豊富に含む餌を与えたところ、通常の餌を与えたマウスよりも精子の運動性や形態が向上したという。既にヒトを対象とした研究でも同様の報告がなされており、今回の結果はそれを支持するもの。

 不妊症の約半数は、男性が原因または男性・女性双方の原因によるもので占めると言われるが、そんなカップルが抱える悩みの一部を、くるみが解決してくれるのだろうか。本報告の研究者は、「くるみに含まれるどの成分が良いのかなど、さらなる研究が必要だが、くるみが精子の健康に役立つ可能性が示唆される」と述べている。

ヒトでは1日75gに相当する、くるみが豊富な餌でマウスを9~11週間飼育

 この研究では、野生型マウス(遺伝的な変異が特にない通常のマウス)を2つのグループに分け、一方にはくるみを豊富に含む餌(以下、くるみ食と省略)を与え、もう一方には通常の餌を与えて飼育した。また、遺伝子変異があり精子の活性化が起こりにくいPMCA4欠損マウスでも同様の検討をした。なお、くるみ食はカロリーの19.6%をくるみで占めており、ヒトに換算すると1日あたり75gのくるみ摂取に相当する。

 9~11週間の飼育期間後に、精子の運動性や形態などを評価して、くるみ食の影響を検討した。精子の運動性については、非受精能状態(卵子に到達する前の受精能未獲得で、運動性が高い状態)と、受精能状態(卵子に到達する過程で受精能を獲得し、運動性はやや低下した状態)のそれぞれで検討した。

くるみ食群で精子の運動性と形態が有意に改善

 結果をみると、まず、野生型マウスについては、くるみ食群は通常食群に比べて、受精能非獲得状態と受精能獲得状態の双方で、有意に精子の運動性(精子運動率)が向上していた(ともにp<0.05.図1)。一方、PMCA4欠損マウスでは、精子運動率に有意な変化は認められなかった。

 次に精子の形態をみると、野生型マウスではくるみ食群で通常食群に比し、正常形態の精子が占める割合(正常形態率)が有意に高かった(p<0.01.図2)。また、PMCA4欠損マウスは野生型マウスに比べて正常形態率が有意に低いことが確認されたが(p<0.001)、そのような背景のもとにおいても、くるみ食によって正常形態率の有意な改善を認めた(p<0.01)。

くるみが酸化ストレスを抑制して精子の質を改善

 くるみが精子の精子運動率や正常形態率を向上させる理由として、くるみが豊富に含有している多価不飽和脂肪酸によって酸化ストレスが軽減され、精子保護的に働くという機序が考えられる。

 この経路の確認のため精子の脂質過酸化レベルを評価したところ、通常食に比べくるみ食では、脂質過酸化レベルが野生型マウスで約5割、PMCA4欠損マウスでは約4割まで有意に抑制されていた(ともにp<0.05)。これにより、くるみ食が酸化ストレスを抑制することで精子の質を改善することが推察される。

ヒトでの検討と一致する結論

 くるみの精子に及ぼす影響は、動物実験としては恐らく今回の報告が初めてのものだが、ヒトを対象とする研究は既に報告がある。

 21~35歳の男性117人を2群に分け、一方の群のみに1日75gのくるみを摂取しもらったところ、精子の活力、運動性、形態がくるみ摂取群のほうが良好であり、有意な群間差があったという。今回のマウスでの研究結果は、ヒトにおけるこの研究結果を支持するもので、くるみの精子に対する作用がより強固に証明されたと言えるだろう。

くるみ食で体重や血清脂質は変化しない

 ところで、「くるみは脂肪分が豊富だから、食べ続けると太ったり血清質が高くなったりするのではないか」と思われるかもしれない。しかし本研究では、くるみ食群と通常食群のマウスの体重の推移は一致している。また前述のヒトでの検討でも、血清脂質値に群間差がなかったことが報告されている。

 総摂取カロリーを変えず、その一部をくるみに置き換えるという方法において、体重や血清脂質へマイナスの影響が生じる可能性は、今のところ否定されていると言える。

不妊症の約半数は男性にも原因

 現在、世界中の夫婦の1割近くが不妊症であると言われている。

 不妊症というと、その原因の多くは女性の側にあると思われがちだが、実際には男性の側に原因があるケースが4分の1ほどを占め、かつ、男女の両方に原因があるケースも約4分の1を占めると考えられている。つまり、不妊症の約半数は、男性の側にも原因が存在するということだ。

 ひょっとすると、このような男性不妊で悩む多くの夫婦に、くるみが解決の糸口を与えてくれることもあるかもしれない。

参考情報:
Effectiveness of a walnut-enriched diet on murine sperm: involvement of reduced peroxidative damage〔Heliyon 3(2):e00250,2017〕
Walnuts improve semen quality in men consuming a Western-style diet: randomized control dietary intervention trial〔Biol Reprod 87(4):101,2012〕
[soshinsha]

「くるみ ヘルスケア・プロジェクト」に関するニュース

2017年11月20日
くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化
2017年09月05日
精子の健康改善にくるみが有効の可能性 酸化ストレス抑えて運動性など向上
2017年05月10日
野菜や果物などの「植物性食品」が糖尿病リスクを下げる「決め手」に
2017年05月08日
若い男性の気分UPにくるみが有効 無作為化二重盲検試験の結果
2017年03月08日
乳がんの予防に「地中海式ダイエット」が効果的 リスクが32%低下
2017年02月06日
くるみと緑茶の組み合わせは理想的 くるみが糖と脂肪の代謝をサポート
2016年07月07日
女性が齢をとっても自立して生活するために 「5つの食品」が効果的
2015年05月26日
くるみを食べて心筋梗塞、脳卒中、肥満、がん、認知症を予防
2014年10月20日
ひとつかみの「くるみ」が健康の切り札 研究が進む「くるみ」の魅力とは?
2013年09月26日
くるみが食生活改善に役立つ ひとつかみのくるみで生活習慣病を予防

最新ニュース

2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
2017年11月20日
くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化
2017年11月17日
【連載更新】中小企業の健康経営モデルづくりを目指して(株式会社ヘルス&ライフサポート)
2017年11月17日
【健やか21】高校生の食生活自立を応援「巣立ちのレシピ集&セミナー」
2017年11月15日
おいしくてためになる!! 血糖コントロール食レシピ、Q&A「糖をはかる日クッキングセミナー」(2)
2017年11月15日
血糖コントロールは、"胃腸力"がカギ「糖をはかる日クッキングセミナー」(1)
2017年11月15日
アルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2017年11月15日
世界糖尿病デー 糖尿病人口は4億人を突破 30年後には7億人に
2017年11月15日
ウォーキングなどの有酸素性運動が動脈硬化を3分の1以下に抑える
2017年11月15日
歳を重ねると「大人むし歯」が増加 49%に「根元むし歯」
2017年11月15日
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査
2017年11月14日
統括的な役割を担う保健師は5割以上の自治体に配置ー厚労省調査
2017年11月10日
成人男性にも風しんワクチン接種を呼びかけ~国立感染症研究所
2017年11月10日
児童虐待を社会全体で解決―11月は児童虐待防止推進月間
2017年11月09日
【健やか21】「働きながら不妊治療を受ける従業員へご理解を」リーフレット
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
11月14日は「世界糖尿病デー」 2017年のテーマは「女性と糖尿病」
2017年11月08日
インフルエンザの流行に備える 自分でできるインフルエンザ予防法
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月08日
認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じて早期発見・診断
2017年11月08日
【新シリーズ】「"血糖トレンド"をどう活用するか」を公開 糖尿病リソースガイド
2017年11月06日
※定員残り僅か※ 第3回産業保健PC 参加者募集中~テーマ「産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の進め方」
2017年11月02日
【健やか21】(思春期アンケート)子どもが死にたいと思う悩みについて
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,587 人(2017年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶