ニュース

乳がんの予防に「地中海式ダイエット」が効果的 リスクが32%低下

 乳がんの予防に「地中海式ダイエット」が効果的であることが、6万人以上の女性を対象とした大規模な調査で明らかになった。「地中海式ダイエット」によって、乳がんを最大で32%抑えられるという。
 エクストラバージンオリーブオイルを摂取すると、乳がんを68%抑えられるという調査も発表されている。
乳がんリスクが32.4%低下
 乳がんには、比較的おとなしいものから、増殖が活発なものまで、さまざまなタイプがある。乳がんの6~7割はホルモン受容体が陽性、つまり女性ホルモン受容体をもっているタイプだとされている。受容体をもっていない、つまりホルモン感受性が陰性(非感受性)の乳がんに対しては、ホルモン療法は効果がない。

 そうしたホルモン感受性が陰性の乳がんを予防するのに、地中海式ダイエットが効果的とする研究が、オランダのマーストリヒト大学の研究チームによって発表された。

 「地中海式ダイエット」は、以下の特徴があてはまる食事スタイルとされている――
・ 野菜、果物、穀類、豆類、ナッツ類など、植物性の食品を豊富に食べる。
・ 穀類は精製されていない全粒粉や玄米を食べる。
・ 不飽和脂肪酸の多いオリーブオイルを豊富にとる。
・ 牛脂や豚脂など、飽和脂肪酸の多い動物油を控える。
・ 魚を週に2回以上食べる。
・ 牛肉や豚肉などの赤身肉は控える。
・ チーズやヨーグルトなどの乳製品を適量とる。
・ 香りの高いハーブを使い、塩分を控える。
・ 食事とともに適量のワインを飲む。

 研究チームは、食事とがんの関連を調べているオランダ・コホート研究に参加している55~69歳の女性6万2,573人を対象に検査を実施。研究は1986年から始まり、20年間続けられた。

 参加者の食事を調査し、どれくらい地中海式ダイエットのパターンに合っているかを検証した。期間中に3,354人が乳がんを発症した。

 ホルモン受容体陰性の乳がんは、50歳以下の女性が多く発症する、悪性度が高いがんだ。研究者は因果律を予測して、地中海式ダイエット料理を摂取している女性では、ホルモン受容体陰性の乳がんのおよそ3分の1(32.4%)と、すべての乳がんの2.3%を回避できると結論した。
オリーブオイルを摂取するとリスクが68%低下
 地中海式ダイエットが乳がんの予防に効果的であることは、スペインで行われている「PREDIMED試験」でも確かめられている。スペインのナバーラ大学の研究チームは、約4,300人の60~80歳の女性を対象に約5年間の調査を行った。

 「PREDIMED試験」は、エクストラバージンオリーブオイルやナッツ類を中心とする地中海式ダイエットによる心血管疾患や認知機能の低下などの発症への影響を調べたランダム化比較試験。今度の研究では乳がんの予防効果について調べた。

 参加者を、▽エクストラバージンオリーブオイルを摂取する群、▽ナッツ類を摂取する群、▽カロリー制限食群に無作為に分け、乳がんの発症について追跡して調査した。期間中に4,152人が乳がんを発症した。

 1,000患者・年当たりの乳がん発症率はカロリー制限食群の2.9に対し、オリーブオイル群で1.1、ナッツ群で1.8に低下した。乳がんの発症の抑制は、エクストラバージンオリーブオイルを積極的に摂取したグループでは68%、ナッツ類を積極摂取したグループでは41%に上り、顕著な効果が確かめられた。
地中海式ダイエットは健康増進効果のある食事法
 なぜ地中海式ダイエットを摂ると、がんの発症リスクを抑えられるのか、詳しいメカニズムは不明だが、研究者は地中海式ダイエットの次の特徴が効果をもたらしている可能性があると指摘している――▽抗酸化物質が多い、▽良質の油(不飽和脂肪酸)を十分に摂っている、▽インスリンの過剰分泌を抑え、インスリン抵抗性を改善する、▽食物繊維を十分に摂っている、▽塩分が控えめ。

 がんに限らず、地中海式ダイエットは2型糖尿病、心血管疾患、認知症などの疾患の予防に効果的な食事法だという。地中海式ダイエットと糖尿病の発症リスクとの関連を調べた55~80歳の男女418人を4年間追跡した「PREDIMED試験」では、地中海式ダイエットを摂っていたグループでは、糖尿病の発症リスクが52%低下することが確かめられている。

 「地中海式ダイエットは、気候や地形の多様性を利用した食事スタイルを特徴とします。野菜をたっぷり食べる、果物をたっぷり食べる、精製されていない全粒粉を選ぶ、食塩の摂取を減らすといった食事スタイルは、すべての人に勧められます」と、マーストリヒト大学のピェ ヴァン ジェン ブラント教授は述べている。

Mediterranean Diet may Reduce Risk of Breast Cancer by Two Thirds(ナバーラ大学 2015年9月14日)

Adherence to Mediterranean diet and risk of esophageal, gastric, pancreas, lung and breast cancer: a prospective cohort study(世界がん研究財団 2015年11月9日)
Reduction in the Incidence of Type 2 Diabetes With the Mediterranean Diet(Diabetes Care 2011年1月)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶