ニュース

「食べても太りにくい」仕組みを解明 脂肪細胞の褐色化を促進

 群馬大学生体調節研究所や順天堂大学などの研究グループは、食べても太りにくい体質づくりにつながる脂肪細胞を増やすメカニズムを発見した。糖尿病や肥満の新たな治療法の開発につながる成果だ。
ベージュ脂肪細胞を増やすとエネルギー消費量を増やせる
 肥満を伴う糖尿病の患者数は日本でも増加している。その病態の解明と、新しい治療法の開発が課題となっている。

 肥満に影響している脂肪細胞には、エネルギーを貯める「白色脂肪細胞」と、エネルギーを消費する「褐色脂肪細胞」がある。

 白色脂肪細胞は皮下や内臓に分布し、体内の余分なエネルギーを脂肪として蓄積する。一方、褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼し熱を産生する働きをする。

 最近の研究で、ヒトの成人の褐色脂肪細胞の多くは「ベージュ脂肪細胞」であることが明らかになってきた。

 ベージュ脂肪細胞を増やす方法を明らかにし、熱産生に働く調節経路を解明することで、全身のエネルギー消費量を増やすことが、糖尿病や肥満の新たな治療法を開発できると考えられている。
亜鉛が生命活動に深く関わる
 白色脂肪細胞がベージュ脂肪細胞へ分化転換する過程や、前駆脂肪細胞からベージュ脂肪細胞への分化過程を脂肪細胞の「褐色化」といいう。白色脂肪組織中にはさまざまな環境刺激によって褐色化するベージュ脂肪細胞がある。

 一方、生命活動の維持には、タンパク質や炭水化物などのほかに微量の金属元素が必要であり、「亜鉛」はそのひとつだ。亜鉛には、細胞の中で酵素や転写因子などのタンパク質と結合し、酵素を活性化したり立体構造を維持したりする働きもある。

 最近の研究で、亜鉛の輸送に関わる亜鉛トランスポーターが同定され、これを介する細胞間や臓器間の「亜鉛シグナル」が生命活動に深く関わっていることが分かってきた。

 亜鉛シグナルの健康と病気への影響は注目されているが、糖尿病などでの亜鉛や亜鉛シグナルの役割とそのメカニズムはほとんど明らかにされていない。
タンパク質「ZIP13」を阻害するとベージュ脂肪が増える
 そこで研究チームは、特定のタンパク質が、ベージュ脂肪細胞の出現にブレーキをかけていることを、世界で初めて解明した。そのタンパク質は、細胞内で亜鉛を輸送する「ZIP13」。

 研究チームは、通常の野生マウスとZIP13を欠損させたマウスで皮下脂肪組織を比べたところ、野生マウスでは、白色脂肪細胞が多かったのに対し、欠損マウスではベージュ脂肪細胞が多く見られ、エネルギー消費量が増加し、高脂肪食を与えても太りにくいことが明らかになった。

 ZIP13を介した亜鉛の流れが脂肪細胞の褐色化を抑制しており、さらに詳細な解析をしたところ、ZIP13を欠損した細胞ではベージュ脂肪細胞の分化過程で必要なタンパク質の蓄積が持続し、これにより脂肪細胞の褐色化の進展に必要なタンパク質が増加し、脂肪細胞が褐色化しやすくなることが判明した。

 ベージュ脂肪細胞が誘導されると、エネルギー消費量が増加し、高脂肪食を与えても、太りにくい体質になることが明らかになった。

 今回の研究により、ZIP13は前駆脂肪細胞からベージュ脂肪細胞への分化過程をコントロールしていることが分かった。
 脂肪組織のZIP13を特異的に阻害する薬剤を開発すれば、エネルギーを貯める皮下白色脂肪組織内に、エネルギーを消費するベージュ脂肪細胞を誘導することで、糖尿病や肥満に対する新たな治療法となると期待される。

 研究は、群馬大学生体調節研究所分子糖代謝制御分野の福中彩子助教と藤谷与士夫教授、順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学の綿田裕孝教授、徳島文理大学薬学部病態分子薬理学の深田俊幸教授らの研究チームによるもので、科学誌「PLoS Genetics」に発表された。

群馬大学生体調節研究所
順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学
Zinc transporter ZIP13 suppresses beige adipocyte biogenesis and energy expenditure by regulating C/EBP-β expression(PLoS Genetics 2017年8月30日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い
2017年09月14日
健保連が2016年度決算を発表 経常収支が2373億円の黒字
2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月14日
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下
2017年09月14日
アルツハイマー病が血液検査でかわる 発症早期に診断する手法を開発

最新ニュース

2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
2017年11月20日
くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化
2017年11月17日
【連載更新】中小企業の健康経営モデルづくりを目指して(株式会社ヘルス&ライフサポート)
2017年11月17日
【健やか21】高校生の食生活自立を応援「巣立ちのレシピ集&セミナー」
2017年11月15日
おいしくてためになる!! 血糖コントロール食レシピ、Q&A「糖をはかる日クッキングセミナー」(2)
2017年11月15日
血糖コントロールは、"胃腸力"がカギ「糖をはかる日クッキングセミナー」(1)
2017年11月15日
アルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2017年11月15日
世界糖尿病デー 糖尿病人口は4億人を突破 30年後には7億人に
2017年11月15日
ウォーキングなどの有酸素性運動が動脈硬化を3分の1以下に抑える
2017年11月15日
歳を重ねると「大人むし歯」が増加 49%に「根元むし歯」
2017年11月15日
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査
2017年11月14日
統括的な役割を担う保健師は5割以上の自治体に配置ー厚労省調査
2017年11月10日
成人男性にも風しんワクチン接種を呼びかけ~国立感染症研究所
2017年11月10日
児童虐待を社会全体で解決―11月は児童虐待防止推進月間
2017年11月09日
【健やか21】「働きながら不妊治療を受ける従業員へご理解を」リーフレット
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
11月14日は「世界糖尿病デー」 2017年のテーマは「女性と糖尿病」
2017年11月08日
インフルエンザの流行に備える 自分でできるインフルエンザ予防法
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月08日
認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じて早期発見・診断
2017年11月08日
【新シリーズ】「"血糖トレンド"をどう活用するか」を公開 糖尿病リソースガイド
2017年11月06日
※定員残り僅か※ 第3回産業保健PC 参加者募集中~テーマ「産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の進め方」
2017年11月02日
【健やか21】(思春期アンケート)子どもが死にたいと思う悩みについて
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,587 人(2017年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶