ニュース

「新たな自殺総合対策に向けて」へるすあっぷ21 12月号


「へるすあっぷ21」12月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」12月号をご紹介致します。

 今月は、新たな自殺総合対策大綱を踏まえた特集です。

 自殺対策基本法が施行されて10年が過ぎました。

 近年、自殺死亡率は低下しており、対策は一定の成果をあげていますが、諸外国に比べると日本の自殺死亡率は高く、課題は残されています。

 今年まとめられた「自殺総合対策大綱」を踏まえ、過労自殺の問題も含めて、求められる自殺総合対策を考えます。

◆自殺の現状と自殺総合対策大綱のポイント
◆自殺対策のエビデンスを今後に活かす
◆労災認定事案分析から見える過労自殺等の実態
◆つながりの輪で孤立を防ぐ ゲートキーパーによる自殺対策

「へるすあっぷ21」12月号
株式会社法研






【目次】

■HEALTH WAVE
 健康、活力の源 社員食堂
 <大日本印刷(株)/(株)鈴廣蒲鉾本店>

■健康応援団
 歩行時の姿勢や加重バランスを計測 THE WALKING®

■最新医療情報
 病理診断の結果を共有し疑問や不安に応える「病理外来」

■大改善!健康情報BEFORE AFTER 奥原剛
 行動をシミュレーションしてもらう

■HEALTH TOPIC
 地域・職域連携で広がる健康を支えるまちづくり<滋賀県>

■ストレスチェックを活かす 実践編
 積極的なパワハラ対策の実施が職場環境を良好に変える

■ブラッシュアップ・データヘルス
 保険者協議会の取り組み 滋賀県では全保険者のデータ比較も

■けんぽREPORT
 日新電機健康保険組合
 関係者と連携し知恵を絞って成果を出す

■わかる!身につく!健康力
 温泉医学の専門家が教える 正しい温泉&入浴ガイド

■理想のカラダをつくる食・動講座  小島美和子・岡崎倫江
 太りにくいカラダをつくる食事・運動

【連載】

■よい人間関係を結ぶひとこと  藤田尚弓
 職場の飲み会に誘うフレーズ

■知っておきたい!職場の健康管理  梅本達司
 休職期間中なのに旅行や合コン!?

■へるすあっぷCHANNEL
 【あなたの知らない美容外科】
  保阪善昭「取ってもよいほくろ、悪いほくろ」
 【意外と知らない薬のはなし】
  小野俊介「『個別化医療』って無条件でよいもの?」
 【男のホルモン 女のホルモン】
  奥井識仁「Femaleという単語に込められた女性の愛」
 【健康情報のウソ・ホント】
  岡田正彦「かぜはマスクで予防できる?」

■見て納得!カラダのなかみ 坂井建雄
 心臓に異常があるとき

■加倉井さおりの保健師お悩み相談室  加倉井さおり
 後輩保健師の退職に責任を感じています・・・

■ほっと一息 今日の一品  小森まり子
 人事課長の和食マナー講座
 【今日の一品】ねぎたっぷりカレーうどん

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」2019年写真コンテスト作品募集開始!
2019年08月14日
認知症を予防するための10の方法 健康的な生活スタイルを実行すれば脳の老化を抑えられる
2019年08月13日
たった12週間のウォーキングで自分は変えられる 運動は考えている以上に簡単
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶