ニュース

産業医の8割が「メンタルヘルス不調・過労対応に自信がない」

 約9割の産業医がストレスチェックのメンタル不調・過労の改善への効果を実感しておらず課題が多いことが、メドピアが医師専用コミュニティサイト「MedPeer」に参加する産業医500人を対象に実施したアンケート調査で浮き彫りになった。
ストレスチェック施行から2年
 仕事の量・質の原因を中心に、仕事において強い不安や悩み、ストレスを感じている労働者の割合は半数を超え、精神障害に係る労災請求件数も年々増加しているなど、職場でのメンタル不調や過労の問題が深刻化している。

 これらの課題を軽減するために、労働者自身がストレスに気づき、適切に対処できるよう、事業者が積極的なメンタルヘルスケアの推進を行い、早期発見ができる環境や仕組みを作ることが重要だ。

 2015年12月には、従業員50名以上の事業場でのストレスチェック実施が義務付けられた。こうした流れの中、メドピアは、労働者の心身の健康管理を担う産業医が、メンタル不調や過労への対策に現状どのような課題を感じているのかを探るため調査を行った。

 回答した産業医の7割が非常勤で、非常勤産業医の1社あたりの平均勤務時間は、1ヵ月2時間未満が最多だった。業務として占める割合は、「衛生委員会への参加」「月1回の職場巡視」「健康診断の結果確認」が上位を占めた。従業員との面談や相談対応に時間を割けられていない現状が浮き彫りになった。
「時間」「専門性」「相談しにくさ」に課題
 約半数の産業医は、メンタル不調や過労による相談、休職・退職の増加を感じている一方で、メンタル不調や過労の早期発見・対策に十分な役割を担えていると感じている産業医は約2割にとどまった。

 自信がない8割の産業医からは、精神科分野での専門性や時間の不足を理由とする声が多く、精神科ではない医師の半数以上が「メンタル不調者の対応に困ることがある」と回答。理由としては、専門外なためうつ病など精神疾患への的確な判断・対応が難しいとの声が多かった。

 「従業員のメンタル不調や過労の早期発見と対策に十分な役割を担えている?」という質問に対し「そうは思わない」と回答した産業医からは、「従業員と接触し、会話する時間がない」「月1回の訪問では早期発見は不可能」「非専門で自信がない」「休業の診断書が出て、はじめて知ることが多い」といったコメントが寄せられた。

 「専門が精神科でないことで、「メンタル不調や過労の従業員への対応に困ることがある」と回答した産業医からは「うつ病、それも新型うつ病などを的確に診断できる自信がない」「精神科の診断がないと状況や予測が立たない」「職務復帰までの期間の見極めが難しいことがある」といったコメントが寄せられた。
約9割が改善を実感できず 第三者の相談窓口との連携を要望
 さらに、約8割の産業医が「メンタル不調や過労にもっと早く介入できれば良かったと感じることがある」と回答。メンタル不調や過労の相談を受けるきっかけは、「上長や周囲からのアラートを通じて」が最多で、「本人からの訴えが少ない。産業医と従業員の間に立つ人がいない」「本人が症状の原因がメンタルなものではないと思っている」と実感しており、メンタル不調への早期介入に限界があると考えていることが明らかになった。

 結果として、約9割の産業医がストレスチェックのメンタル不調・過労の改善への効果をまだ実感しておらず、約8割の産業医が産業医に限らず従業員が気軽に健康相談を行える場が必要だと考えていることが示された。多数の産業医は、メンタル不調・過労対策に対して第三者の相談窓口との連携を要望している。

 メドピアの連結子会社であるMediplatは、従業員のメンタルヘルス対策および健康増進を目的に「first call」を法人向けに展開している。「first call」は、自身や家族の健康上の不安や悩みについて、チャットやテレビ電話を使って医師に相談ができるオンライン健康相談サービス。個人ユーザーに加え、企業にも従業員のメンタルヘルスや健康増進の対策として利用されている。

メドピア
first call(Mediplat)
[Terahata]

「産業保健」に関するニュース

2018年07月18日
高血圧に特化した「治療アプリ」を開発 介入の難しい生活習慣改善を支援
2018年07月18日
脳卒中は暑い夏に増える 日常生活の注意点と脳卒中予防10ヵ条
2018年07月18日
ワカメに食後血糖値の上昇を抑制する効果 白飯のGI値を低下
2018年07月18日
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半
2018年07月18日
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護
2018年07月18日
高血圧・糖尿病が「認知症」を加速させる 女性の腎臓病はリスクが高い
2018年07月17日
【新連載】「産業看護職のための地域保健との連携マニュアル」のご紹介
2018年07月17日
農林水産省が官民協働の「Let's!和ごはんプロジェクト」を開始
2018年07月13日
過労死等の労災補償状況を公表 -裁量労働制対象者の決定件数も
2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇

最新ニュース

2018年07月18日
高血圧に特化した「治療アプリ」を開発 介入の難しい生活習慣改善を支援
2018年07月18日
脳卒中は暑い夏に増える 日常生活の注意点と脳卒中予防10ヵ条
2018年07月18日
ワカメに食後血糖値の上昇を抑制する効果 白飯のGI値を低下
2018年07月18日
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半
2018年07月18日
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護
2018年07月18日
高血圧・糖尿病が「認知症」を加速させる 女性の腎臓病はリスクが高い
2018年07月17日
【新連載】「産業看護職のための地域保健との連携マニュアル」のご紹介
2018年07月17日
農林水産省が官民協働の「Let's!和ごはんプロジェクト」を開始
2018年07月13日
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール
2018年07月13日
街のみんなで子育てを! そんな想いを伝えてみませんか?
2018年07月13日
過労死等の労災補償状況を公表 -裁量労働制対象者の決定件数も
2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇
2018年07月11日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2017年度版)
2018年07月11日
【連載更新】中年期の健康運動の考え方~ありたい体と心を創る~
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に
2018年07月10日
高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表
2018年07月10日
多用な暮らしに対応した食育の推進を~平成29年度食育白書
2018年07月10日
ママとパパが一緒に読める、育児学級テキストの決定版「子育ち支援テキスト」(書籍)
2018年07月06日
【健やか21】キャンペーンサイト『SNS被害 気づいて!SNS出会いにひそむワナ』(内閣府)
2018年07月05日
【メンバー募集】保健指導スタッフみんなで"創る"「HRG Labo」始動!
2018年07月04日
日本腎臓病協会が設立「腎臓病の克服を目指す」 成人の8人に1人がCKD
2018年07月04日
厚労省「健康寿命をのばそう!アワード 第7回 <母子保健分野>」の応募受付を開始
2018年07月03日
「ベジファースト」で肥満・メタボ対策 東京・足立区の取り組みが奏功
2018年07月03日
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を
2018年07月03日
メタボや高血糖の原因は「恒常性維持機構」の異常 新たな治療法を開発
2018年07月01日
「どう防ぐ?どう対応する?職場のパワハラ」へるすあっぷ21 7月号
2018年06月29日
【健やか21】危害・危険情報「ジャンプ式折りたたみ傘でのけが」(東京都)
2018年06月29日
食卓から始めるお母さんと赤ちゃんの健康!「妊娠中に食べたいもの控えたいもの」(指導箋)
2018年06月28日
「こどもとおとなのワクチンサイト」を開設~日本プライマリ・ケア連合学会
2018年06月27日
「グループ運動」は継続するのに効果的 「プラス・テン」で運動促進
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,349 人(2018年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶