ニュース

特定健診の実施率は50.1% 保健指導は17.5% ともに目標達成は困難

 厚生労働省は、「第2期全国医療費適正化計画」(2013~17年度)の進捗状況を公表した。特定健康診査と特定保健指導の2015年度の実施率は、2017年度の目標値を大幅に下回っており、目標の達成が困難な状況が示された。
特定健診・保健指導の実施率に全国でばらつき
 第2期計画では、最終年度(2017年度)の数値目標として、▽特定健康診査の実施率(70%)、▽特定保健指導の実施率(45%)、▽メタボリックシンドロームの該当者・予備群の減少率(2008年度比で25%減)――などを定めている。

 厚労省によると、2015年度の特定健康診査の実施率は前年度比1.5ポイント増の50.1%、特定保健指導の実施率は同0.3ポイント減の17.5%、メタボリックシンドロームの該当者・予備軍の減少率は同4.4ポイント減の2.74%だった。

 特定健康診査の実施率を都道府県別にみると、もっとも高かったのは(1)東京都(62.1%)、(2)山形県(57.7%)、(3)宮城県(56.6%)、(4)富山県(54.5%)、(5)石川県(53.0%)の順だった。もっとも低かったのは(47)北海道(37.4%)、(46)和歌山県(39.9%)、(45)山口県(40.8%)、(44)奈良県(41.2%)、(43)愛媛県(41.4%)となっている。

 特定保健指導の実施率を都道府県別にみると、もっとも高かったのは(1)徳島県(31.8%)、(2)沖縄県(30.5%)、(3)佐賀県(29.0%)、(4)大分県(27.7%)、(5)香川県(27.7%)の順だった。もっとも低かったのは(47)大阪府(11.1%)、(46)神奈川県(12.3%)、(45)北海道(12.9%)、(44)群馬県(13.7%)、(43)埼玉県(14.1%)となっている。

 高齢期の適切な医療の確保を図るため、国は5年(第3期は6年)を1期とした医療費適正化計画を策定している。都道府県は国の方針をもとにそれぞれ医療費適正化計画を定めている。第3期計画(2018~23年度)では、▽糖尿病の重症化予防、▽後発医薬品の数量シェアの数値目標達成、▽医薬品の適正使用(重複投薬、多剤投与の適正化)――などの目標が新たに加わる。
第二期全国医療費適正化計画の進捗状況について(厚生労働省 2017年12月19日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
2021年06月21日
【新型コロナ】看護師の感染に対する恐怖を軽減するために 最前線に立つ看護師に対するサポートも必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶