ニュース

高血圧・糖尿病が「認知症」を加速させる 女性の腎臓病はリスクが高い

 認知症の前段階とされる「軽度認知障害」(MCI)から認知症に進行するのを防ぐには、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの改善が重要で、その効果は女性で顕著であることが、東京大学の研究チームの調査で明らかになった。
高血圧・糖尿病が「認知機能障害」を加速させる
 「軽度認知障害」(MCI)は、認知症と正常の中間にある状態。物忘れが主な症状で、日常生活への影響は少ないが、認知症に進行しやすいので注意が必要だ。軽度認知障害をもつ人が高血圧や糖尿病を併発していると、認知症を発症する危険性が高まることが過去の研究でも明らかになっている。

 「J-ADNI」研究は、2008年より日本で開始されている大規模研究。認知機能が正常な高齢者、軽度認知障害、アルツハイマー型認知症と認知機能の低下が進行していく過程を経時的に追跡し、どのような人で認知機能の低下が進行しやすいかを調べている。データはバイオサイエンスデータベースセンターで公開されている。

 研究チームは今回の研究で、J-ADNI研究に参加した全国38施設の537人を対象に、認知機能や採血データ、脳画像データなどが最長で3年間、追跡調査した。

 234人の"ものわすれ"を主体とする「軽度認知障害」の人の認知機能を調査し、認知機能の低下に関与する要素をさまざまな角度から検討した結果、性差、教育歴がその進行に影響をもつことを突き止めた。

 解析したところ、軽度認知障害の女性の認知機能は、男性に比べて速く悪化することが分かった。教育年数の長い男性の被験者では悪化は緩徐だった。

関連情報
アルツハイマー病以外の軽度認知障害の要因
 軽度認知障害の背景にはさまざまな疾患がある。アルツハイマー病を背景としていると、進行は早くなる。しかし、脳脊髄液検査やアミロイドPET検査によって背景にアルツハイマー病があるかを調べたところ、男性では62.9%、女性では69.1%と大きな差がみられなかった。

 試験に参加したすべての人を対象にAPOE遺伝子の多型を評価した。これはアルツハイマー病のもっとも強い遺伝的な危険因子だ。その結果、危険因子の保有者の率は、男性で50.0%、女性で54.2%と、やはり大きな差はなかった。

 これらのことから、軽度認知障害の悪化の背景に、アルツハイマー病ではなく、それ以外の要因があると考えられる。

 一方で、教育年数での比較では、16年以上の教育(大学卒業以上)を受けた人の進行が遅いことが分かった。性別でみたところ、この効果は男性で強かった。このことから、教育年数が長いことで男性では認知予備能が培われている可能性がある。

 認知予備能とは、脳に生じた病理学的な変化に抵抗する認知機能の予備能力のこと。つまり、多少脳が障害されても症状を出さずにいられるための力のこと。
脳の慢性虚血性変化の原因は加齢、高血圧、糖尿病
 軽度認知障害の背景にはアルツハイマー病以外の疾患も含まれる。調査では、軽度認知障害の女性が悪化しやすい要因として、慢性腎臓病の影響が強いことが判明した。その理由として、長年の高血圧や動脈硬化によって脳の小血管の障害をきたし、認知機能障害が進行しやすくなることが考えられる。

 女性で進行が早い原因をさらに追求した結果、慢性腎臓病が進行していると、軽度認知障害の進行が早いことが分かった。慢性腎臓病のG1(正常)からG5(末期腎不全)までのグレードのうち、研究の参加者にはG1からG3(中等度低下)までの人が含まれた。

 このうち、グレードがG1の女性はG2(軽度低下)以上の女性に比べて、進行が遅いことが分かった。その理由として、G2以上の女性は微小な動脈硬化性の病変、すなわち慢性虚血性変化が脳で生じやすく、認知機能の悪化に拍車をかけているためと考えられる。

 脳の非常に細い血管は加齢とともに変質し、小さな血管の閉塞を起こす。最初のうちはほとんど症状が出ないが、徐々に蓄積していき、脳のMRIを撮像するとこれらを信号の異常として捉えることができるようになる。こうした脳の慢性虚血性変化の原因は加齢、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙とみられており、それらの治療・管理が重要とされている。

 「今回の研究の結果から、日本人では高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の改善が、軽度認知障害から認知症への移行の抑制に重要であり、その影響はとくに女性で強いことが示されました」と、研究者は述べている。

 研究は、東京大学医学部附属病院神経内科の岩田淳氏、東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻神経病理学の岩坪威教授らによるもの。詳細は医学誌「Alzheimer's and Dementia: Translational Research & Clinical Interventions」に発表された。

関連情報

東京大学医学部附属病院神経内科
Effects of sex, educational background, and chronic kidney disease grading on longitudinal cognitive and functional decline in patients in the Japanese Alzheimer's disease neuroimaging initiative (ADNI) study(Alzheimer's and Dementia: Translational Research & Clinical Interventions 2018年7月13日)
東京大学COI - 自分で守る健康社会拠点
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2018年10月19日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防

最新ニュース

2018年10月19日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月15日
厚労省専門委が5歳児虐待死亡事件の検証結果を公表
2018年10月12日
【健やか21】第 77 回日本公衆衛生学会総会 自由集会 ~知ろう・語ろう・取り組もう~
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防
2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服
2018年10月05日
肺の健康を守るには口の健康から 歯周病が進行すると呼吸機能が急速低下
2018年10月05日
「改正健康増進法成立! 受動喫煙対策を強化」へるすあっぷ21 10月号
2018年10月05日
厚労省が「働く女性の実情」を公表~女性活躍推進法に基づく取組状況を解説
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月04日
【回答期限延長(10/30 15:00まで)】「保健師の活動基盤に関する基礎調査」(日本看護協会)
2018年10月04日
【健やか21】若い世代に向けた妊娠・出産に関する普及啓発Webサイト(東京都)
2018年10月03日
【産保PC第5回(2018年度 第1回)レポート】テーマ:保健指導
2018年10月02日
心不全が急激に増えている 「心不全パンデミック」時代の3つの予防法
2018年10月02日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年10月02日
魚のオメガ3系脂肪酸が「不安症状」を軽減 魚を食事療法に活用
2018年10月02日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2018年10月01日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」が誕生
2018年09月28日
働き盛りの睡眠不足が問題に~睡眠障害への早期対応も必要
2018年09月28日
スマートフォンアプリ「ぜんそくリスク予報」をリリース~JMDCと日本気象協会
2018年09月27日
【健やか21】平成30年度学校保健及び学校安全表彰
2018年09月26日
若い世代ほど「公的年金」をあてにしていない 社会保障の意識調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶