ニュース

「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護

 気温が高い日が続くと、湯船でお湯につかる入浴ではなく、シャワーを浴びるだけで済ませる人が増える。しかし、入浴には、体を清潔にしてリフレッシュするだけではない、プラスの効果がある。
 半身浴でも十分なので、気持ち良いと感じる温度でしっかり温まると効果的だ。
入浴するとリラックスできるのはなぜか?
 入浴して、意識的に手足を温めることで、心の緊張がほぐれ、深くリラックスすることができるのは、自律神経の働きによるものだ。

 ストレスがあり緊張しているときには、自律神経の中の交感神経が活性化し、血管が収縮して手足が冷たくなる。反対にリラックスするためには、もう一方の副交感神経が活性化することが必要となる。

 入浴して手足を温かくすると、血管が広がり血流が増加し、副交感神経が刺激される。

 また、動脈硬化は血管内皮の機能低下から始まると考えられているが、適度な温度の温浴により、血管内皮の機能を高める効果も期待できる。
入浴に血栓ができるのを予防する効果
 さらには、入浴には血栓ができるのを予防する効果もある。血栓とは血管内にできる血の塊のこと。血栓ができ、脳や心臓の血管に詰まると、脳梗塞や心筋梗塞が引き起こされる。

 血管の内側の壁からは、血栓を溶かす働きのある「t-PA」という物質が分泌されている。t-PAの分泌に、入浴するお湯の温度が影響することが分かってきた。

 群馬大学の調査によると、t-PAは入浴するお湯の温度が39~41℃で増加し、適度な温度であれば分泌が増えることが分かった。そのため、適度のお湯に入浴すると血栓が形成されにくくなると考えられる。また、入浴後には血圧が低下した状態を持続することも分かっている。こうした影響は入浴後6時間ほど持続する。
週5回以上の入浴が動脈硬化リスクを低減
 週5回以上の入浴習慣は、動脈硬化のリスクを低減し、心機能を改善するなど心血管の保護作用をもたらすことが、愛媛大学社会共創学部の小原克彦教授らの研究グループによって明らかにされた。

 温浴には、温熱効果とともに水圧の効果があり、末梢血管内の血液が身体の中心部に集まって心機能の改善をもたらすという。

 研究グループは今回、中年期以降の日本人を対象に、温浴の習慣と動脈硬化や心負荷の指標との関連を調べる研究を実施した。

 今回の研究では、2006~2013年に同大学附属病院抗加齢・予防医療センターの抗加齢ドックを受診した1,593人を対象にアンケート調査を実施。回答が得られた873人を対象に解析した。
入浴が心血管病や死亡のリスクを低下させる
 動脈硬化の指標として「頸動脈内膜中膜厚」(IMT)と上腕-足首間脈波伝播速度(baPWV)を測定し、心機能(心負荷)の指標として「B型ナトリウム利尿ペプチド」(BNP)の血中濃度を測定した。

 対象者を入浴の頻度で3群に分けて比較したところ、入浴頻度が週に5回以上の群では、週に4回以下の群と比べて、baPWV、血中BNP濃度が低いことが分かった。

 また、湯温が熱めの群では、頸動脈最大IMTおよびbaPWVの経年性の増加が小さい傾向がみられた。

 「日本人に多く見られる入浴が心血管病や死亡のリスクの低下と関連している可能性がある」と、研究者は述べている。

愛媛大学社会共創学部
Habitual hot water bathing protects cardiovascular function in middle-aged to elderly Japanese subjects(Scientific Reports 2018年6月21日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2018年10月19日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防

最新ニュース

2018年10月19日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月15日
厚労省専門委が5歳児虐待死亡事件の検証結果を公表
2018年10月12日
【健やか21】第 77 回日本公衆衛生学会総会 自由集会 ~知ろう・語ろう・取り組もう~
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防
2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服
2018年10月05日
肺の健康を守るには口の健康から 歯周病が進行すると呼吸機能が急速低下
2018年10月05日
「改正健康増進法成立! 受動喫煙対策を強化」へるすあっぷ21 10月号
2018年10月05日
厚労省が「働く女性の実情」を公表~女性活躍推進法に基づく取組状況を解説
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月04日
【回答期限延長(10/30 15:00まで)】「保健師の活動基盤に関する基礎調査」(日本看護協会)
2018年10月04日
【健やか21】若い世代に向けた妊娠・出産に関する普及啓発Webサイト(東京都)
2018年10月03日
【産保PC第5回(2018年度 第1回)レポート】テーマ:保健指導
2018年10月02日
心不全が急激に増えている 「心不全パンデミック」時代の3つの予防法
2018年10月02日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年10月02日
魚のオメガ3系脂肪酸が「不安症状」を軽減 魚を食事療法に活用
2018年10月02日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2018年10月01日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」が誕生
2018年09月28日
働き盛りの睡眠不足が問題に~睡眠障害への早期対応も必要
2018年09月28日
スマートフォンアプリ「ぜんそくリスク予報」をリリース~JMDCと日本気象協会
2018年09月27日
【健やか21】平成30年度学校保健及び学校安全表彰
2018年09月26日
若い世代ほど「公的年金」をあてにしていない 社会保障の意識調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶