ニュース

大雨の「危険度分布」をスマホの位置情報でスピーディーに表示~気象庁

 気象庁は洪水や土砂災害など、雨による災害発生による危険度をweb上の地図に表示する「危険度分布」情報を提供している。8月中旬(予定)からは、よりスピーディーに情報を取得できるよう、スマートフォンなどの位置情報機能を活用し、自分がいる場所の危険度分布がワンタッチで表示できるようになる。

 大雨による土砂災害や洪水、浸水被害が相次ぐ中、気象庁では著名な気象予報士を起用したポスターを作製するなどして、「危険度分布」を活用して住民一人一人が自主的に避難行動を取るよう啓発を行っている。

 たとえば洪水警報の危険度分布では、中小河川の洪水災害発生の危険度の高まりを5段階に色分けして表示。避難にかかる時間も考慮して3時間先まで予測値を用いて色分けしており、どのエリアで危険度が高まっているかが把握しやすい。情報は10分ごとに更新されている。

 一方、これまでスマートフォン等で「危険度分布」を表示し、自分のいる場所の情報を見たいときは「現在位置取得」ボタンを押す必要があった。8月中旬以降の改善後は、位置情報機能を活用し、「危険度分布」のページを表示すると同時に、自動で自分のいる場所の危険度が表示されるようになる。

 位置情報が利用できないパソコンなどで表示するときは、都道府県別のURLが用意されており、必要に応じて「お気に入り」に登録すれば情報を素早く得られるようになる。

 スマートフォンの位置情報を活用した情報表示は今後、「雨雲の動き」や「今後の雨」についての情報も改善を実施していくという。

報道発表:自分のいる場所の「危険度分布」をワンタッチで表示~災害から自分や大切な人の命を守るため「危険度分布」の活用を~

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2019年07月18日
【健やか21】海外旅行の際には感染症対策も万全に!「海外旅行者・帰国者のための感染症予防ガイド」で対策を
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析 保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
2019年07月17日
厚労省、国保保険者インセンティブ評価指標の変更案を通知
2019年07月11日
児童虐待防止強化の改正法が成立―医師と保健師の配置義務化など児童相談所機能強化
2019年07月11日
【健やか21】令和元年度「子どもの事故防止週間」が7月22日から始まります(消費者庁)
2019年07月11日
女性だけの病気ではない 「男性乳がん」孤立しがちな患者を支援
2019年07月10日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」からのご報告(2)
2019年07月09日
【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶