ニュース

帝京大学産業保健プログラム 受講生募集

 帝京大学は、「帝京大学産業保健高度専門職養成の大学院プログラム」の受講生(平成31年度、第5期生)を募集する。

帝京大学産業保健プログラムの概要
 「帝京大学産業保健高度専門職養成の大学院プログラム」は、産業看護職、産業医、安全・衛生管理者等のスキル・キャリアアップを目的に行うもので、文部科学省の履修証明プログラム、職業実践育成プログラム(BP)、厚労省専門実践教育訓練給付の指定を受けている。

 産業保健の他、疫学、生物統計、マネジメント、健康教育等の体系化した科目編成で、現場の問題解決能力の向上を図ることを目的としている。

 詳細は下記の通り。

募集定員
10名程度
募集対象
産業看護職(保健師・看護師)、産業医、安全・衛生管理者、臨床心理士、他
募集期間
2018年9月17日(火)~10月26日(金)
定員に達しない場合は 追加募集予定 2018年12月18日(火)~2019年1月25日(金)
問合せ先
帝京大学産業環境保健学センター oh-pro@med.teikyo-u.ac.jp
詳しくはHPをご覧ください。
個別の相談も行います。
同時募集~帝京大学大学院公衆衛生学研究科~
帝京大学大学院公衆衛生学研究科(専門職学位課程・博士後期課程)の平成31年度の学生募集もしております。
詳細・ご応募は下記より
問い合わせ:帝京大学板橋キャンパス 事務部教務課(大学院担当)
      TEL:03-3964-3294 tspgakui@teikyo-u.ac.jp

[soshinsha]

「データヘルス計画」に関するニュース

2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年07月23日
タブレットを特定保健指導に活用 忙しい40~50歳代への実施率向上を目指す
2019年07月22日
市町村職員を対象に母子保健情報の利活用について説明 厚労省
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年04月08日
日本健康会議「健康スコアリング(2018年度版)の効果検証結果」を発表
2018年10月23日
生活習慣病リスクを予測するAIを開発 100万人の健診データを解析
2018年10月18日
帝京大学産業保健プログラム 受講生募集
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年08月21日
「データヘルス改革」第2期の工程表を公表 2020年度に本格稼働 厚労省
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶