ニュース

【新連載】がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~

 新連載オピニオンがん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~(横山 淳子/パナソニック健康保険組合 保健師) のオピニオンNo.1~No.3を公開しました。

 乳がん経験から、患者として感じたことや保健師の立場から考えたことがまとめられています。乳がん検診からがん告知、周囲への伝え方、治療の経緯など、ご本人の経験をもとに執筆をしていただきました。

No.1 保健師として・患者として振り返る「乳がん経験」

 私は2年前に、乳がんが見つかり、手術、抗がん剤治療、乳房再建術を経験しました。患者としての自分、家族や友人との関わり方、治療を受けながらの就労など、自分の生き方について考え、保健師としての役割についても振り返る機会をいただきました。

 がん告知から現在に至るまで、家族や友人、職場の方をはじめ、多くの方に支えられ、励まされてきました。患者として感じたことや保健師の立場から考えたことなどをお伝えできればと思います。

記事全文は下記からご覧ください。

No.2 検診~がん告知 「胸にできものがあるようです」

 「体験して社員に伝えていこう」というちょっとした向学心といえば聞こえはいいですが軽い気持ちで乳がん検診(マンモグラフィーと乳腺エコー)と子宮頸がん検診を受けました。

 マンモグラフィーを終え、乳腺エコーを受けました。放射線技師の方がとても念入りに見てくださり、なんとなく何かあるのかなと思っていると「胸にできものがあるようです。今日は時間、ありますか?料金はかかりますが、○○病院の乳腺外科の先生が来ていますのでぜひ結果説明をお受けください。」と勧められました。

記事全文は下記からご覧ください。

No.3 「がんが見つかったこと」を伝える

 子供の年齢に合ったアドバイスがもらえる「チャイルド・サポート」でのカウンセリングを受け、子供には子供の人生があると言われ、はっとさせられました。心のどこかに「自分は病気で協力してもらうのが当たり前。」という気持ちがあったことに気づきました。

 以前、メンタルヘルス対策に携わっていた時に、担当の臨床心理士さんと「家族の形」について話したことを思い出しました。

 「父親には父親の役割、母親には母親の役割、子供には子供の役割がある。自分の役割を果たさず他の役割を果たそうとすると家族の形が崩れやすくなる。」という話でした。

 私は「母親を放棄しようとしていたかもしれない。病気と言われたけれど母親であることには変わりない。ひょっとしたら依存の構造になるところだったかもしれないな。」と思いました。同時に「病気だけれど病人になるかどうかは自分が決めることなんだ。」とも思いました。

記事全文は下記からご覧ください。

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析 保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
2019年07月17日
厚労省、国保保険者インセンティブ評価指標の変更案を通知
2019年07月11日
女性だけの病気ではない 「男性乳がん」孤立しがちな患者を支援
2019年07月09日
【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」
2019年07月09日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年07月09日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月09日
肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶