オピニオン/保健指導あれこれ
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~

No.2 検診~がん告知 「胸にできものがあるようです」  

パナソニック健康保険組合 保健師
横山 淳子

検診~がん告知

 2年前の12月、私は、午前半休をとり、某健診センターで乳がん検診(マンモグラフィーと乳腺エコー)と子宮頸がん検診を受けました。

 会社の助成金が出るおかげで乳がん検診、子宮頸がん検診は毎年受けています。今年は、北斗晶さんや小林麻央さんの報道もあり、女性社員の関心が高く「最近は、マンモグラフィーに加えて乳腺エコーも受けた方がいいみたいよ」と同年代の社員から話を聞くことも多く、私もオプションで乳腺エコーを受けることにしました。

 「体験して社員に伝えていこう」というちょっとした向学心といえば聞こえはいいですが軽い気持ちで受けました。

 ちなみに某健診センターは女性専用でエステサロンのような雰囲気で医療器具があるように思わせない検診しながらちょっぴり得した気分になるプチ贅沢感が楽しめるところです。

 スタッフも全員女性ということもあり人気があることから受診者が多いのですが、プライバシーもしっかり守られ、更衣室も時間差で通してくれるなどの配慮がされており、さらにリラックスして受けられます。最近はこのような健診センターや病院が増えてきたように思います。

「胸にできものがあるようです。」

 さて、とっても優雅な気分でちょっぴり痛いマンモグラフィーを終え、乳腺エコーを受けました。放射線技師の方がとても念入りに見てくださり、なんとなく何かあるのかなと思っていると「胸にできものがあるようです。今日は時間、ありますか?料金はかかりますが、○○病院の乳腺外科の先生が来ていますのでぜひ結果説明をお受けください。」と勧められました。

 私は心の中で「なるほど、こんな時はできものという表現をするんだ」と思いながら、結果説明をお願いしました。

 乳腺外科の先生は、30歳前後くらいの若い方でしたが、落ち着いた口調で、とても丁寧に説明してくださり、ほぼ確実にがんであること、最悪の場合も覚悟するように言われ、その場で週明け月曜日の外来に予約を入れてくださいました。

 この時ばかりはいつも仕事優先にしていましたが先生の言うとおりに予約をお願いしました。今まで気づかなかったのかと聞かれたのですが、思えば自分のことにかまっている暇もなく過ごしていたとその時に気づかされました。走っていたところに急ブレーキをかけられたような衝撃でした。

告知後の心のケア

 その後、別室に案内され、白くて大きなリクライニングの椅子に座り、告知後の心のケアを看護師から受けました。今の気持ちの確認、精密検査から手術までの今後の予定。まずは精密検査を受けること、色々な情報に踊らされてはいけないこと、病院の医療スタッフを信じて治療していくように言われました。

 もし病気のことが気になるようであればと「患者さんのための乳がん診療ガイドライン―金原出版」の本を勧めてくださいました。

 私も動揺していましたがスタッフの方も動揺されていたのか子宮がん検診の案内を忘れてしまわれ、「まだ受けていないのですが・・・。」と申し出てすべての検診が終了しました。健診センターを出た後、すぐに職場に連絡し精密検診の予定になった旨を伝えました。

検診~がん告知 まとめ

<検診>
●女性専用の健診センター
最近の健診センターは受診しやすいように気持ちのいい空間を演出している。乳腺エコー、マンモグラフィー、子宮がん検診を受診。

<がん告知(ほぼ確定という段階)>
●放射線技師から
乳腺エコー時の放射線技師からの「胸にできものがあります」
専門医からの当日説明を薦められる。
●医師から
乳腺エコー、マンモグラフィーの結果説明。「覚悟してください」週明けすぐの外来受診の手配。走っていたところに急ブレーキをかけられたような衝撃。
●看護師から
別室に通される
(気持ちの確認、今後の治療で想定されることの説明、情報に惑わされないように)
看護師から勧められた本:患者さんのための乳がん診療ガイドライン‐金原出版

「働く人のがん対策」に関するニュース

2019年01月15日
乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」
2019年01月08日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月08日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2018年12月26日
がん患者のための情報サイトを公開 就労や生活上の課題などの情報が中心
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月07日
【新連載】がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
2018年10月31日
生涯でがんに罹患する確率は男性62%、女性47%~最新がん統計
2018年10月31日
乳がんの原因遺伝子を解明 日本人1万8,000人のデータベースを構築
2018年10月31日
世界の長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に
2018年10月24日
乳がんの「転移」を人工知能(AI)が99%の精度で検出 米グーグルが開発

最新ニュース

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開
2019年01月18日
【健やか21】2/11(月・祝日)シンポジウム「周産期からの虐待予防」
2019年01月16日
慢性腎臓病(CKD)対策 透析を防ぐために「睡眠」の改善が必要 大阪大
2019年01月16日
産後うつと関連して対児愛着が悪くなる 母親を早期支援し「ボンディング障害」を予防
2019年01月15日
糖尿病腎症の重症化予防 保健師・管理栄養士・薬剤師が連携 先進的な取組みを紹介 厚労省
2019年01月15日
乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」
2019年01月15日
アルコール依存症の飲酒量を低減する薬が登場 飲酒の1~2時間前に服用
2019年01月10日
【先着順申込み受付中!】 2/6 市民公開講演会 全国生活習慣病予防月間2019
2019年01月10日
【健やか21】ピアサポーター養成講座受講生の募集について(難病のこども支援全国ネットワーク)
2019年01月09日
「働き方改革と健康経営」へるすあっぷ21 1月号
2019年01月09日
【産保PC第7回(2018年度 第3回)レポート】職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~
2019年01月08日
高齢者の肥満症のガイドラインを公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月08日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月08日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2019年01月08日
「冷え性」を克服するための6つの改善策 足の冷えに動脈硬化が隠れていることも
2019年01月07日
保健指導リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト20
2019年01月04日
妊娠~子育て期にだれもが切れ目ない支援を受けられるように―成育基本法が成立
2019年01月04日
厚労省が医療的ケア児と家族を支えるサービスの事例紹介の報告書を作成
2019年01月03日
IT導入で「障がい者雇用の可能性を広げる」期待高まる―野村総研調査
2018年12月26日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 朝型生活でメタボや糖尿病のリスクを低下
2018年12月26日
認知症の発症を予想する新たなマーカーを発見 久山町研究の成果 九州大学
2018年12月26日
がん患者のための情報サイトを公開 就労や生活上の課題などの情報が中心
2018年12月26日
学生時代の運動歴が将来の健康を左右? 大学時代のスポーツ経験が影響
2018年12月26日
慢性腎臓病(CKD)患者はBMIが高値だと生命予後が良好 2万6,000人を調査
2018年12月21日
【健やか21】「アドバンス助産師1万2,000人に」日本助産評価機構が新たに992人認証
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み② ~仕事と育児・介護の両立支援 編~
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み① ~健康経営・健康増進活動の展開 編~
2018年12月19日
肥満や病気の予防を「まちづくり」から推進 健康になるための「都市デザイン」とは 千葉大と竹中工務店
2018年12月19日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測 国立国際医療研究センター
2018年12月19日
果物は肥満・メタボに良いのか悪いのか? 果物の健康効果を科学的に検証
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶