ニュース

平成30年の自殺者数は約2万人―平成21年以来最少

 厚生労働省自殺対策推進室はこのほど、平成30年の年間速報値として「警察庁の自殺統計に基づく自殺者数の推移等」を公表した。平成21年からの統計結果の中では、年間の自殺者数は最も少ない。
年間累計自殺者数は年々減少
 公表結果によると、平成30年年間の累計自殺者数は20,598人(速報値)で、対前年比723人(約3.4%)減だった。平成21年からの統計を比べると、年間の累計自殺者数は年々、減少しており、平成30年は最も少ない。男女別では男性が14,125人、女性が6,473人。

 平成30年の月別自殺者数はおおむね前年と比べて減少していたが、10月から12月の3カ月間は前年同月比で増加。特に12月は前年同月比で173人、増えていた。

 都道府県別の統計を見ると、最も年間自殺者が多いのは東京都の2,248人。次いで多いのは、大阪府の1,210人、埼玉県の1,186人などとなっている。

 東京都は前年と比べて自殺者数が103人増えていて、全国で最も多く増加していた。一方、神奈川県の年間自殺者数は1,119人と高い値だが、前年と比べると157人減少しており、減少数は全国でトップだった。

「自殺死亡率」が最も高いのは山梨県
 また、人口10万人あたりの自殺者数をはかる「自殺死亡率」では、山梨県が24.8で最も高く、和歌山県の21.5、新潟県の21.1と続く。

 前年に比べて自殺死亡率の上昇が見られた上位五つの都道府県は上から順に奈良県、佐賀県、山梨県、高知県、東京都。逆に低下が見られた都道府県は低下率が大きい順に徳島県、愛媛県、鳥取県、富山県、石川県だった。

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2019年08月26日
肥満でなくてもカロリー制限は効果的 糖尿病や肥満の検査値が改善 まずは10%を減らしてみる
2019年08月26日
「不飽和脂肪酸」が肥満リスクを打ち消す 悪玉コレステロールを低下 脂肪とコレステロールをコントロール
2019年08月26日
より良い睡眠をとるための秘訣は「寝る1~2時間前の入浴」
2019年08月21日
喉頭・胆のう・腎・腎盂尿管癌の3年生存率を初集計 国立がん研究センター
2019年08月21日
【健やか21】「平成30年教育・保育施設等における事故報告集計」を公表(内閣府)
2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶