ニュース

「説明力を上げる!ビジネスや保健指導で活かす伝え方」へるすあっぷ21 6月号


「へるすあっぷ21」6月号

月刊、年12冊
定価(1冊):980円+税 送料110円
年間購読料:12,889円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物
「へるすあっぷ21」6月号をご紹介致します。
 今月号の特集は「説明力」がテーマです。
 ビジネスの場だけでなく、産業保健の現場においても、保健指導の面談や、健康施策の必要性をトップや関係部署に説明して理解を得るときなど、さまざまな場面で説明力が求められます。
 説明力を磨くポイントを専門家に聞きました。

●ビジネス活かす説明力~伝え方を磨く6つのヒント
●保健指導で活かす説明力~性格タイプ別の伝え方
●健康情報の発信に活かす説明力

「へるすあっぷ21」6月号
株式会社法研













【目次】

■HEALTH WAVE
 トヨタ自動車(株)
 データを活用し、予防に向けて全社で推進!「健康チャレンジ8」

■次世代ヘルスケア
 目の健康の啓発ツールを開発

■折れない心をつくるストレス対処法
 アサーティブ
 ~人間関係を円滑にするコミュニケーション・スキル~ <理論編>

■働き方改革と産業保健の実務Q&A 大津章敬
 どう対応する?労働時間の上限規制

■HEALTH TOPIC
 健康づくり無関心層に口コミで行動変容を促す

■メンタルヘルス・ハラスメント
 職場の困った!に答えます 見波利幸
 働き方改革の思わぬ落とし穴~上司の困りごと、部下の困りごと~

■けんぽREPORT
 グラクソ・スミスクライン健康保険組合
 加入者目線を大切にICT活用等で効率的・効果的に事業展開

■わかる!身につく!健康力
 晩婚化時代の不妊治療

■小島美和子流 体が変わる食べ方 小島美和子
 バランスを整える優先順位

■大人の体力づくり 松井浩
 歩けない 汗をかくから 雨だから

【連載】

■週末フィトセラピー 池田明子
 気になるにおい

■よい人間関係を結ぶひとこと 藤田尚弓
 感情的に応じないために

■現役産業医が教える 産業医活用術 柿沼充
 健康経営はハードルが高い?

■働く女性のセルフケア 加倉井さおり
 女性ホルモンの基礎知識

■へるすあっぷCHANNEL
 【腸内フローラの真実】福田真嗣「次々と明らかになる腸内フローラと疾患の関係」
 【世界の国から健康よもやま話】寺田直子「生命の科学 アーユルベーダの魅力」
 【最新美容皮膚科学】関東裕美「皮膚のバリア機能と外敵」
 【目からウロコの時間栄養学】柴田重信「早寝早起き朝ごはんの重要性」

■ほっと一息 今日の一品 小森まり子
 ときには遠回しな伝え方を
  【今日の一品】切り干し大根のごま酢

「へるすあっぷ21 6月号
株式会社法研
[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月27日
家庭での食塩摂取量が多いと心臓病や脳卒中のリスクが上昇 家族ぐるみで減塩に取組むことが必要
2019年11月27日
ウォーキングでうつ病を予防 1日35分で効果 認知症や脳の老化も防げる
2019年11月27日
母乳育児が糖尿病と高血圧のリスクを低下 糖尿病リスクは半分に減少
2019年11月27日
睡眠中は照明を消すべき? 寝室が明るいと動脈硬化が進行しやすくなる 平城京スタディ
2019年11月27日
トランス脂肪酸の上昇が認知症リスクを高める 日本人1,600人を10年間調査 久山町研究
2019年11月27日
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発 健診の血液検査でがんを早期発見
2019年11月22日
【健やか21】政府インターネットテレビ「気づいて!~DVや子どもへの虐待」
2019年11月20日
牛乳やチーズなど乳製品が認知症を予防 1日1杯の牛乳は脳の健康にも良いことが判明
2019年11月20日
佐賀県の「歩くライフスタイル推進プロジェクト」 無料アプリを配信しウォーキングを促進
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶