ニュース

「特定健診・特定保健指導の課題解決に向けて」へるすあっぷ21 7月号


「へるすあっぷ21」7月号

月刊、年12冊
定価(1冊):980円+税 送料110円
年間購読料:12,889円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物
「へるすあっぷ21」7月号をご紹介致します。
 今月号の特集は「特定健診・特定保健指導の実施率向上」がテーマです。
 特定健診等制度がスタートして10年が経過しました。伸び悩む特定健診・特定保健指導の実施率をいかに高めるか。保険者の取り組みの工夫等を紹介します。

●特定健診・特定保健指導の現状と課題
●個々の課題に合わせて特定保健指導のモデル実施を活用
●【保険者機能を推進する会の取り組み】
 情報共有や調査をとおして実施率の向上策を探る

「へるすあっぷ21」7月号
株式会社法研













【目次】

■HEALTH WAVE
 日本水産(株)
 「魚」の企業ならではの指標を軸に健康づくりを推進

■次世代ヘルスケア
 光トポグラフィによる脳活動測定&脳トレが手軽に!

■折れない心をつくるストレス対処法
 アサーティブ
 ~アサーティブな伝え方を身につける~ <実践編>

■働き方改革と産業保健の実務Q&A 大津章敬
 新たな36協定届と健康確保措置

■HEALTH TOPIC
 数滴の血液からがん・認知症のリスクがわかる時代に

■メンタルヘルス・ハラスメント
 職場の困った!に答えます 見波利幸
 ストレスチェックの形骸化

■けんぽREPORT
 中部電力健康保険組合
 重層的な保健事業で健康の自己管理をサポート

■わかる!身につく!健康力
 もう悩まない!尿トラブル対処法

■小島美和子流 体が変わる食べ方 小島美和子
 糖質の上手なとり方①~基本のポイントを知ろう

■大人の体力づくり 松井浩
 よい汗と 運動効果 無関係

【連載】

■週末フィトセラピー 池田明子
 夏の冷えを防ぐ

■よい人間関係を結ぶひとこと 藤田尚弓
 前向きな気分の変える

■現役産業医が教える 産業医活用術 柿沼充
 健康経営に産業医を活用しよう

■働く女性のセルフケア 加倉井さおり
 月経は体調のバロメーター~月経リズムと上手に付き合う~

■Tobacco Freeへの道 吉見逸郎
 広告禁止とプレーン(無地)な箱?

■へるすあっぷCHANNEL
 【腸内フローラの真実】福田真嗣「腸内フローラの影響は脳にまで!?」
 【世界の国から健康よもやま話】寺田直子「ホテルも注目『快眠』というキーワード」
 【最新美容皮膚科学】関東裕美「賢く夏を乗り切る汗対策」
 【目からウロコの時間栄養学】柴田重信「機能性食品はいつとるの?」

■ほっと一息 今日の一品 小森まり子
 人は環境に感化される
  【今日の一品】わかめとほたて缶の煮物

「へるすあっぷ21 7月号
株式会社法研
[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月05日
【健やか21】改正母子保健法が成立しました
2019年12月04日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,696 人(2020年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶