ニュース

「特定健診・特定保健指導の課題解決に向けて」へるすあっぷ21 7月号


「へるすあっぷ21」7月号

月刊、年12冊
定価(1冊):980円+税 送料110円
年間購読料:12,889円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物
「へるすあっぷ21」7月号をご紹介致します。
 今月号の特集は「特定健診・特定保健指導の実施率向上」がテーマです。
 特定健診等制度がスタートして10年が経過しました。伸び悩む特定健診・特定保健指導の実施率をいかに高めるか。保険者の取り組みの工夫等を紹介します。

●特定健診・特定保健指導の現状と課題
●個々の課題に合わせて特定保健指導のモデル実施を活用
●【保険者機能を推進する会の取り組み】
 情報共有や調査をとおして実施率の向上策を探る

「へるすあっぷ21」7月号
株式会社法研













【目次】

■HEALTH WAVE
 日本水産(株)
 「魚」の企業ならではの指標を軸に健康づくりを推進

■次世代ヘルスケア
 光トポグラフィによる脳活動測定&脳トレが手軽に!

■折れない心をつくるストレス対処法
 アサーティブ
 ~アサーティブな伝え方を身につける~ <実践編>

■働き方改革と産業保健の実務Q&A 大津章敬
 新たな36協定届と健康確保措置

■HEALTH TOPIC
 数滴の血液からがん・認知症のリスクがわかる時代に

■メンタルヘルス・ハラスメント
 職場の困った!に答えます 見波利幸
 ストレスチェックの形骸化

■けんぽREPORT
 中部電力健康保険組合
 重層的な保健事業で健康の自己管理をサポート

■わかる!身につく!健康力
 もう悩まない!尿トラブル対処法

■小島美和子流 体が変わる食べ方 小島美和子
 糖質の上手なとり方①~基本のポイントを知ろう

■大人の体力づくり 松井浩
 よい汗と 運動効果 無関係

【連載】

■週末フィトセラピー 池田明子
 夏の冷えを防ぐ

■よい人間関係を結ぶひとこと 藤田尚弓
 前向きな気分の変える

■現役産業医が教える 産業医活用術 柿沼充
 健康経営に産業医を活用しよう

■働く女性のセルフケア 加倉井さおり
 月経は体調のバロメーター~月経リズムと上手に付き合う~

■Tobacco Freeへの道 吉見逸郎
 広告禁止とプレーン(無地)な箱?

■へるすあっぷCHANNEL
 【腸内フローラの真実】福田真嗣「腸内フローラの影響は脳にまで!?」
 【世界の国から健康よもやま話】寺田直子「ホテルも注目『快眠』というキーワード」
 【最新美容皮膚科学】関東裕美「賢く夏を乗り切る汗対策」
 【目からウロコの時間栄養学】柴田重信「機能性食品はいつとるの?」

■ほっと一息 今日の一品 小森まり子
 人は環境に感化される
  【今日の一品】わかめとほたて缶の煮物

「へるすあっぷ21 7月号
株式会社法研
[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2019年07月23日
タブレットを特定保健指導に活用 忙しい40~50歳代への実施率向上を目指す
2019年07月23日
優しさを伝える介護技術「ユマニチュード」をAIで学習 "優しい介護"を誰もが学べる
2019年07月23日
「高カロリー飲料」の飲み過ぎでがんリスクが上昇 100ミリリットル増えると乳がんリスクは22%増加
2019年07月23日
「緑茶」の摂取が糖尿病リスクを減少 九州大学・久山町研究で明らかに
2019年07月23日
「米ぬか」成分に血圧降下作用 米ぬかペプチドが血管機能を改善 食品素材として活用
2019年07月22日
市町村職員を対象に母子保健情報の利活用について説明 厚労省
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶