ニュース

「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」を3年ぶりに改訂(日本乳癌学会)

1.jpg
 日本乳癌学会はこのほど「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」(金原出版)を3年ぶりに改訂し、2019年版として発行した。乳がん治療の現状を反映し、2016年版を改訂したもので、患者に理解を深めてもらうことが目的。

2019年版のポイント
 今回の改訂では、医師向けの『乳癌診療ガイドライン2018年版』と、日本における診療の現状が反映された。

 患者が納得のうえで治療を受けるには、患者自身も標準治療や治療方法について正しく理解し、医師と相談しながら自分に合う治療を選択することが重要として、患者やその家族向けに分かりやすく情報がまとめられている。

 同書は「原因と予防について」、「乳がん検診と診断の進め方」、「乳がんと診断されたら」、「治療を受けるにあたって」などの章で構成。章ごとにさらに細かく分類し、全64項目にわたってQ&A方式で説明している。

2.jpg

 「原因と予防について」の章では乳がん発症リスクに関する項目などを分かりやすく掲載。遺伝性乳がん卵巣がん症候群に関連するBRCA遺伝学的検査の重要性について、国内の現状もふまえて解説している。

 また「治療を受けるにあたって」の章では「腋窩(えきか)リンパ節郭清(かくせい)」の必要性、乳房温存手術後の放射線療法について説明。仕事と治療の両立や経済的負担についても触れ、患者の負担を少しでも減らすヒントを伝えている。

 ほかにも「薬物療法について」の章では、従来の抗がん薬やホルモン療法薬に加えて、ある特定の分子の機能を制御する分子標的治療薬について解説。患者の病状や生活に配慮し、最適な医療を選択できるよう、さまざまな角度から情報を掲載している。B5判、240ページ、2,300円(税別)。

[yoshioka]

「がん」に関するニュース

2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月04日
生活を朝型にする乳がんリスクを減少できる 睡眠障害はホルモン分泌に影響
2019年11月27日
家庭での食塩摂取量が多いと心臓病や脳卒中のリスクが上昇 家族ぐるみで減塩に取組むことが必要
2019年11月27日
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発 健診の血液検査でがんを早期発見
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年10月30日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている 国立がん研と成育医療センター
2019年10月23日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月15日
乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い
2019年10月08日
アピアランスケアを解説したリーフレットを作成 がん患者の自分らしい生活を支援
2019年10月01日
乳がんサバイバーの健康をスマホのアプリが改善 栄養士や医師にリアルタイムでアクセス
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶