ニュース

健康経営担当者の多くが従業員のメンタルヘルスを懸念~コロナ禍の民間調査で明らかに

 食事管理アプリ&ウェブサービス「あすけん」を運営する株式会社asken(東京都新宿区)と睡眠改善プログラムを提供する株式会社ニューロスペース(東京都墨田区)、腰痛対策で生産性向上を支援する株式会社バックテック(京都府京都市)の3社はこのほど、企業における健康経営の担当者らを対象に「第2回新型コロナウイルスによる健康経営の影響に関するアンケート」を実施。

 企業の多くが健康経営施策を実行するのが難しい現状の中、特に従業員のメンタルヘルスや睡眠に課題を感じている担当者が多いことが明らかになった。
80%もの企業が従業員のメンタルヘルスを課題とする結果に

 3社は4月にも38社40人の健康経営推進担当者などにアンケート調査を実施。このときは2020年に予定している健康経営施策を実施可能だと見込んでいる企業は約40%にとどまったほか、外出自粛が長期化した場合の従業員の運動不足やメンタルヘルスの不調を懸念している様子が明らかになっていた。

 今回は33社35人を対象にアンケートを実施し、前回アンケートとの内容を比較した。例えば前回は外出自粛の要請や在宅勤務の影響などで、93%の企業が従業員の「運動不足」を懸念していたが、今回の結果で「運動」を課題にあげた企業は77%。

 一方、前回調査で従業員の「メンタル不全」を懸念していた割合は75%だったものの、今回調査では80%の企業が実際に従業員の「メンタルヘルス」を課題と考えていることが分かった。

 また「睡眠不足」を懸念していた企業の割合は25%だったものの、今回調査では63%もの企業が「睡眠」に課題があると考えているなど、想定していた課題と実際の課題認識に変化が見られた。

 ほかにも在宅勤務による肩こりや腰痛の悪化、自宅中心の食生活が充実している人とインスタントや菓子類の摂取が増加している人の二極化、なども課題として挙げられている。

 しかし、課題と感じていることに対して対策を「実施できている」とした企業は23%にとどまる。実施できていない理由としては「他の施策との優先順位」が60%で最多。続いて「現状が把握できていない」が33%、「対策のための情報収集が出来ない」が27%と続いた。

 一方、57%の企業が「新たに実施した施策があった」と回答。例えば食事管理や運動動画の配信などステイホームでできるノウハウのメール配信、食に関する内容のオンラインセミナー実施、オンラインラジオ体操の時間を設定、などがあった。

 3社は今後も定期的にアンケート調査を実施し、企業の状況やニーズに合わせたサポートを強化していく方針だという。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2020年08月03日
大豆や穀物など「植物性タンパク質」が寿命を延ばす 動物性の3%を置き換えただけで死亡リスクが低下
2020年08月03日
日本人は肥満ではなくても脂肪肝になりやすい 筋肉が低下すると「非肥満NAFLD」に サルコペニア予備群の段階で対策を
2020年07月31日
健康経営担当者の多くが従業員のメンタルヘルスを懸念~コロナ禍の民間調査で明らかに
2020年07月31日
社会福祉施設などでの労働災害が減少 好事例の紹介リーフレットを作成(厚労省)
2020年07月28日
【世界肝炎デー】 肝炎ウイルス検査を受けることが大切 未診断の潜在患者はまだまだ多い
2020年07月28日
「生きがい」が65歳以上の働く人の健康効果を高める 「金銭目的」のみだと健康感と生活機能が悪化
2020年07月28日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年07月21日
【新型コロナ】感染再拡大に備えて ここまで分かってきた「感染するとどうなる? どういう人が重症化する? 」
2020年07月21日
「自然音」にリラックス効果が 「花」を見るだけでも癒し効果を得られる コロナ禍のストレス管理に有効
2020年07月20日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,696 人(2020年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶