ニュース

女性特有の健康課題に向き合って~「働く女性の健康応援サイト」開設

 一般財団法人女性労働協会(岩田三代会長)は1月末、厚生労働省委託事業として「働く女性の健康応援サイト」を公開した。

 働く女性と企業の担当者、双方に向け、女性の健康と仕事について情報を発信。ライフステージごとにさまざまな健康課題を抱える女性がイキイキと働き続けられるよう、ヘルスリテラシーを高めることを目的にしている。
女性従業員の健康支援は欠かせないものになった
 健康経営への関心が高まっているが、企業が従業員に対して行う健康支援はメタボリックシンドローム対策や禁煙などが多い。これらの課題に加え、女性は年代による女性ホルモンの変化や、月経や妊娠・出産など女性特有の健康課題があるものの、あまり考慮されてこなかった。

 しかし長期的な人材の確保や生産性の向上を図るため、企業にとって女性従業員の健康支援は今や欠かせないものとなっている。

 また女性自身にとっても、健康について正しい知識や情報を入手し、困ったときには適切に相談できる体制を整えておくことが、長くイキイキと働き続けられるポイントとなる。

 そのため「働く女性の健康応援サイト」では、各年代で多い健康課題はどのようなものか、またライフサイクルによってどのような変化があるか、といった情報を「女性特有の健康課題」として発信。不調の原因と症状の説明、治療のすすめ、職場での配慮事項などを健康課題ごとにまとめ、分かりやすく解説している。


 また企業の健康対策担当者向けには、先進的な取り組み事例や、女性の健康課題ごとにどのようなサポートがあるとよいかをまとめたページなどを紹介。そのうえで女性従業員の健康を支援するメリットについて説明している。

 女性従業員と企業の担当者双方に向けたQ&Aや専門家コラムでは、月経時の勤務や職場のハラスメント、メンタルの不調など、実際に多くの女性従業員が悩んでいる事例に沿って情報を発信。知っておきたい法律・制度や関連情報のリンク集なども合わせて掲載し、働く女性の健康に関して一元的に情報が得られる。

 女性特有の健康課題に目を向けることにより、結果として男性にとっても働きやすい職場づくりにつながってほしい、との願いも込められているという。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年03月18日
女性特有の健康課題に向き合って~「働く女性の健康応援サイト」開設
2021年03月17日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月17日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに
2021年03月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年03月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
2021年03月16日
母乳育児は母親の「産後うつ」を抑制 授乳時の赤ちゃんに対する働きかけにも効果 目を見て話しかけることが大切
2021年03月15日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年03月12日
【健やか21】イクメンプロジェクト:父親の仕事と育児両立読本~ワーク・ライフ・バランス ガイド~(令和二年度版)の発行について
2021年03月09日
女性の健康週間 女性の健康へのリテラシーが必要 日本でも子宮頸がんのHPVワクチンが接種可能 「フェムテック」に期待
2021年03月09日
【新型コロナ】ワクチン接種を「希望する」は62.1% 「自分だけでなく、他者も守れる」という思いが接種の希望を高める
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶