ニュース

新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力

 新型コロナウイルス感染症とそのワクチンについて正確な情報を提供しようと、日米の医師らが立ち上げたWebサイト「こびナビ」が注目を集めている。特にワクチンについては、接種を決めるのは国民一人一人に委ねられていることから、正確な情報で自ら判断できるようにしてもらいたいとの願いで開設されたもの。

医療従事者、市民それぞれに向けて動画やスライドを公開中

 「こびナビ」は千葉大学病院 次世代医療構想センターの吉村健佑氏(センター長/特任教授)が代表となり、日米の医療従事者や研究者によって開設。

 サイト名は「新型コロナウイルス(CoV=こび)とワクチンに関する情報が沢山ある中で、正確な情報へたどり着けるようにナビゲート(ナビ)したい」との願いが込められているという。そのため、市民と医療従事者それぞれに向けて動画やスライドを公開。

 例えば、医療従事者向けには「副反応疑い報告制度」について紹介。市民向けには、ワクチンをアメリカで妊娠中に接種したハーバード大学医学部精神科、内田舞助教授へのインタビュー動画などを掲載している。

 また「ワクチンQ&A」としてワクチンの安全性や実際の接種について解説。市民向けには「新型コロナウイルスに感染した場合も接種が必要ですか?」といった質問から、「どうしてワクチンがたった1年間でできたのか教えて下さい」といったワクチンの仕組みや成分、開発に関わることまで分かりやすく説明している。

 海外で働く医療従事者によるワクチン接種体験記では、接種後の副反応や生活への影響などを掲載。副反応の症状があった医師も、そうでない医師もそれぞれが率直に体験記をつづることで、読者の不安や疑問を取り除こうとしている。

 「新型コロナウイルス感染症から自分を、患者さんを、そして大切な人を守りたい。だから#私たちは打ちました」とアピールするポスターもダウンロードでき、より多くの人に同サイトの利用をうながす。

[yoshioka]

「新型コロナ」に関するニュース

2021年04月08日
新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック
2021年03月30日
【新型コロナ】ファイザーの新型コロナワクチンの副反応 発熱・頭痛・倦怠感は接種2回目に大幅上昇 アナフィラキシーは47件 厚労省調査
2021年03月30日
【新型コロナ】男性39%、女性55%が「ゆううつに」 脳科学とAIを活用してメンタル改善 広島大学がプロジェクトを開始
2021年03月30日
【新型コロナ】ワクチン接種会場の誘導サインを制作 入室から退出までのスムーズな流れをサポート 墨田区と千葉大学
2021年03月23日
【新型コロナ】コロナ渦でも楽しく運動を スポーツ庁が「オリジナル運動コンテンツ紹介サイト」を公開
2021年03月23日
【新型コロナ】妊婦や不妊治療患者でも感染不安が高まっている 妊婦の不安を減らすために必要なことは?
2021年03月23日
【新型コロナ】嗅覚チェックで無症状感染者を早期発見 「簡易嗅覚確認キット」を開発 順天堂大学
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶