ニュース

くるみが乳がんのリスクを抑える可能性 くるみは毎日の食事にとりいれたい食品

くるみ
 カリフォルニア くるみ協会は、先頃『ニュートリション・アンド・キャンサー』に発表された研究で、マウスにくるみを食べさせると、乳がんの腫瘍の形成と増殖の両方が遅延することが新たに判明したと発表した。

「くるみ食」で乳がんの発症リスク、腫瘍の個数とサイズも有意に低下
 米国ウェストバージニア州マーシャル大学ジョーン・C・エドワーズ医学部のエレイン・ハードマン博士(Ph.D.)らによるこの研究は、受胎時から離乳期までは母親経由で、その後は餌を直接食べることによって、コーン油を与えた対照群とくるみを加えた試験群が与える影響を一生にわたって比較したというもの。試験で摂取させたくるみの量は、ヒトなら1日約2オンス(約57グラム)に相当する。

 すると、受胎時から離乳期までと離乳後の両期間で、くるみ食を摂取した試験群では、乳がんを発症する率が対照群の半分未満であった。また、腫瘍の個数とサイズも、くるみ食の試験群の方が有意に低下した。

 ハードマン博士によると、「遺伝子解析してみると、マウスとヒトの両方で、乳がんと関連する複数の遺伝子の活性が、くるみ食によって変化することが判明しました」と説明。博士の研究室は、マウスを使った過去の研究で、移植した乳ガンの増殖がくるみの摂取によって遅延することも発見している。*1

全てのがんの30-60%は食事で予防できる
 8人に1人の女性が生涯のうちに浸潤性乳がんにかかると言われるアメリカでは*2とくに、くるみと乳がんに関するこの研究成果は、極めて重要な発見として注目されている。ハードマン博士は、「私たちは今、全てのがんの30-60%が食事で予防できると考えています。私たちが摂るべき健康的な食事とは、健康的だとわかっている食品、すなわち新鮮な野菜と果物、全粒穀類やナッツをたっぷり取り入れたものです。くるみはそのような食事において重要な要素となりえます」と語っている。

くるみは渋皮ごと食べることに意味がある
くるみ
 ハードマン博士は、くるみに含まれる一成分だけではなく、くるみ全体ががんに対する効果をもたらすと考えている。「くるみの渋皮を取ってしまったら、同じ効果は得られないでしょう」と博士は述べている。

 さらに、アメリカ癌研究所の栄養学顧問を務めるカレン・コリンズ(M.S.、R.D.、C.D.N.〔理学修士、登録栄養士、認定栄養士〕)は、「個別の栄養素だけでなく、食べ物全体による影響を調べる今回のような研究は重要です。健康的な食品で身体を守るには、そのような食べ方がベストであることも研究でわかっています。例えば、くるみは抗酸化物質、植物ステロール、植物性オメガ3(n-3系)脂肪酸などの身体保護成分が、ぎっしり詰まった栄養密度の高い食品ですが、これらの成分は互いに協調して作用するのです」と語る。

くるみは理想的な食品であると、世界中で注目
 種類の多いナッツ類の中でも、くるみだけが必須脂肪酸であるオメガ3(n-3系)脂肪酸を豊富に含む。オメガ3脂肪酸は「心臓の健康に良い」、「心筋梗塞など心血患を予防する」、「高血圧を予防する」、「血中コレステロール値を下げる」といった効果があることが世界中の研究で報告されている。また、以下のような特徴もあり、健康づくりに役立つ食品として積極的な摂取を勧めている。

  • くるみには必須脂肪酸が豊富に含まれるが、コレステロール値はゼロ。また、動脈硬化などのリスクを高める悪玉脂肪酸であるトランス脂肪酸も含まれていない。
  • くるみひとつかみ42グラム(1.5オンス)に含まれる食物繊維は2.8グラム。消化されやすく肉に代わりうるほど良質な蛋白質は6.5グラムも含まれている。
  • くるみは、抗酸化作用のあるくるみポリフェノールやメラトニン、マグネシウム、カルシウム、各種ビタミンなどをバランス良く含む、理想的な食品として世界中で注目されている。
  • 体内の余分な塩分を排泄する作用があるミネラルがカリウム。くるみ42グラムに含まれるカリウム量は188ミリグラムで、カリウムの供給源としても貴重な食品。

[soshinsha]

「がん」に関するニュース

2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月19日
乳がんの新たな治療薬の開発に道 ホルモン療法の問題を回避できる可能性
2017年07月13日
大腸がんを人工知能(AI)で検査 見逃しやすいがんを98%の精度で発見
2017年07月06日
厚労省「データヘルス改革」の工程表を発表 2019年までにシステム構築
2017年07月06日
「人工知能」(AI)を保健分野に活用 6分野で開発、安全対策も 厚労省

最新ニュース

2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月26日
日本人3,554人の全ゲノム情報を解読に成功 日本人のゲノム医療に期待
2017年07月26日
日常診療におけるバイオマーカーとしての尿中L-FABPの有用性と可能性
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶