ニュース

米国の5学会が「禁煙相談キャンペーン」 世界禁煙デー

 5月31日の「世界禁煙デー」に合わせ、米疾病対策センター(CDC)と、米国家庭医学会(AAFP)、米国医師会(AMA)など、約60万人の医師が所属する5つの医学会が「医師に相談しましょう(Talk with Your Doctor)」という禁煙キャンペーンを開始した。テレビCMやインターネットなどで、大規模なキャンペーンが展開されている。医師が主導的役割を果たすことで、患者の禁煙率を向上させることが狙いのようだ。

 米国の喫煙者人口は4,300万人で、国民の5人に1人が喫煙しており、年間44万人が喫煙が原因で死亡していると推定されている。受動喫煙にさらされている小児の数は1,500万人に上るという。CDCが行っている国民健康調査「NHIS」(National Health Interview Survey)によると、喫煙者の70%は「できることなら禁煙したい」と考え、半数は実際に禁煙を試みているという。

 キャンペーン広告では、「医師に相談し助けを得れば、あなたも禁煙できます」というナレーションとともに、喫煙による喉頭がんなどを発症した患者の映像が流される。「禁煙することにより、長期にわたるメリットだけではなく、即効性のメリットが得られます。禁煙を始めるのが遅すぎるということはありません」と強調される。

 「喫煙者の多くは禁煙を望んでおり、適切な医療サービスを提供すれば禁煙の成功率は高まることが分かっています。今回のキャンペーンでは、喫煙者のやる気を引き出すために、医師が重要な役割を担っていることを強調します。分かりやすく、理性と感情に訴えかける広告表現が、患者に治療に対する動機付けを与えます」と、CDCのトム フリーデン長官は説明する。

 キャンペーンでは「喫煙は慢性閉塞性肺疾患、がん、心臓病、喘息、2型糖尿病を引き起こします。医師からのメッセージは明確です。禁煙は禁煙をはじめるときは今なのです。明日、あなたのかかりつけ医師に、禁煙について相談しましょう」というメッセージが繰り返される。

 「キャンペーンをきっかけに、医師が患者に禁煙を勧める頻度が高まります。医師が数分のアドバイスをすることで、患者の禁煙成功率は2倍以上に高まるのです。たとえ3~5分でも、全ての患者に明確なアドバイスを行えば、多くの患者は禁煙に真剣に取り組むようになるでしょう」と米国臨床医学会(ACP)のチャールズ カトラー理事長は強調する。

 キャンペーンには米国産科婦人科学会(ACOG)も参加。「産婦人科医にとっても、患者の喫煙問題は大きな課題となっています。患者との禁煙について話し合いが促進されることを期待しています」、とACOGのジャンヌ コーニー理事長は話す。

 「医師は多忙ですが、コレステロール検査や子宮頸がん検診などを行う傍らで、禁煙指導が効果的であることにも気をかける必要があります。健康寿命を延ばすために、禁煙は確実な方法となります。禁煙指導を実行可能な支援策として着実に行うことで、米国人の健康増進に貢献できます」と、米国医師会(AMA)のパトリス ハリス理事は述べている。

Campaign encourages smokers to "Talk With Your Doctor" for help quitting(米疾病対策センター 2013年5月22日)
The Nation's Doctors Join Together to Encourage Smokers to "Talk With Your Doctor" for Help Quitting for Good(米国家庭医学会 2013年5月22日)
[Terahata]

「禁煙」に関するニュース

2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
2020年12月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2020年12月09日
約8割が自分の健康状態を「よい」と認識 『都民の健康と医療に関する実態と意識』の結果(東京都)
2020年12月02日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2020年11月11日
「禁煙サポート新時代」へるすあっぷ21 11月号
2020年11月10日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月09日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶