ニュース

【ご参加ください!】予防月間・無料講演会「生活習慣病の予防とがん治療」

 いよいよ2月からスタートする「全国生活習慣病予防月間」のメインイベントとして1月31日、千代田区内幸町ホールで市民公開講演会が開催されます。健康づくりに役立つ資料や後援企業からのお土産付き。皆さま、お誘い合わせのうえ、ご参加をお待ちしています!

 毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」は次回で第4回目を迎えます。今年のテーマは、健康標語である"一無二少三多"から"多動(体を多く動かすこと)"にフォーカス。「健康づくりのための運動のすすめ」として、全国の自治体、団体・企業、メディアなどとの連携による啓発活動が実施されます。

 メインイベントでは、市民公開講演会「生活習慣病の予防とがん治療」を開催。

 第1講演では、順天堂大学スポートロジーセンターの田村好史先生に「多動はなぜ必要か?」をテーマに、生活習慣病の予防・改善につながる「運動」の重要性についてご解説いただきます。

 また、第2講演では、同財団・佐治重豊理事長(岐阜大学名誉教授)をお迎えし、「"がん"では死なないために~がん予防と最先端医療の現況」についてお話いただきます。現代の日本は、医療環境の整備と新薬を含めた治療法の改善で、心臓や脳の病気よりも、「がん」か事故でしか死ねない時代と言われているそうです。講演では参加者と共に「がんでは死なない」方法を考えます。

 皆さま、お誘い合わせのうえ、ご参加をお待ちしています!

開催概要

全国生活習慣病予防月間 2014 市民公開講演会
「生活習慣病の予防とがん治療」

  • 日 時:2014年1月31日(金)18:30~20:30(開場18:00)
  • 場 所:千代田区立内幸町ホール(千代田区内幸町1-15-1)
  • 対 象:一般生活者(100名)ならびに、医療・保健指導スタッフ(80名)
  • 参加費:無料
  • プログラム:
    ◆開会の挨拶:
    村田正弘先生(セルフメディケーション推進協議会専務理事)
    ◆講演1)「多動はなぜ必要か?~実施率100%の運動指導~」
    座長:横田邦信先生(日本生活習慣病予防協会参事/東京慈恵会医科大学教授)
    演者:田村好史先生(順天堂大学大学院代謝内分泌内科学・スポートロジーセンター准教授)
    ◆講演2)「がんでは死なないために~がん予防と最先端治療について」
    座長:井上修二先生(日本生活習慣病予防協会副理事長/桐生大学副学長)
    演者:佐治重豊先生(公益財団法人がん集学的治療研究財団理事長/岐阜大学名誉教授)
    ◆総合討論:
    田村先生、佐治先生、井上先生、横田先生、座長:池田先生
    ◆閉会の挨拶:
    池田義雄先生(日本生活習慣病予防協会理事長)
  • 主 催:
    一般社団法人日本生活習慣病予防協会
    認定NPO法人セルフメディケーション推進協議会
    公益財団法人がん集学的治療研究財団
  • 参加お申込み:
    詳細・参加登録はこちら
[soshinsha]

「がん」に関するニュース

2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月09日
「乳がん」を早期発見 唾液をAIで高精度に検査 低コストな測定方法の開発へ
2019年08月08日
「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」を3年ぶりに改訂(日本乳癌学会)
2019年08月07日
老化物質「AGE」が乳がんのリスクを増加する 糖質と脂肪の摂り過ぎに注意
2019年07月23日
「高カロリー飲料」の飲み過ぎでがんリスクが上昇 100ミリリットル増えると乳がんリスクは22%増加
2019年07月22日
【プレゼント】がん治療と就労の両立支援に役立つ! 企業・職場向け小冊子「がんと向き合う職場のために~女性がん経験者200人の声~」
2019年07月11日
女性だけの病気ではない 「男性乳がん」孤立しがちな患者を支援
2019年07月09日
「乳がん」はストレスにさらされると悪化 自律神経が深く関与 新しい治療法に道
2019年07月03日
AIで乳がんの5年後の発症リスクを予測 マンモグラフィ検査の精度を大幅に向上
2019年07月03日
女性の大腸がんに女性ホルモンと男性ホルモンが影響 日本人女性4万人を調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶