ニュース

「健康な食事」世界ランキング 日本は21位 1位はオランダ

 「健康な食事」に関する最新の世界ランキングが発表され、もっとも豊かで健康的な食事をとっている国はオランダであることが判明した。日本は食料インフラが安定してることが評価されたが、物価が高いことや、糖尿病の増加などが足を引っ張り、米国と並ぶ21位だった。

 調査を発表したオックスファムは、世界90ヵ国以上で活動するNPO活動団体。今回の調査では、食糧農業機構(FAO)、世界保健機関(WHO)、国際労働機関(ILO)の発表をもとに、125ヵ国の食料事情を解析した。

 1位になったオランダは、食料自給率が高く、インフラが整備され食品の供給体制がしっかりしており、物価も低い点などが評価された。ランキングの上位は欧州諸国に独占されており、2位以下はフランス、スイス、ベルギー、デンマーク、スウェーデンとなっており、欧州以外ではオーストラリアが上位に食い込んだ。

 日本は21位にランキングされた。日本は「食料の価格が安定している」、「インフラが安定している」、「栄養不良が少ない」、「飲料水が健康」、「肥満が少ない」といった点が高く評価されたが、「食品の物価が高い」(52位)、「食品の種類のバランスが悪い」(31位)、「糖尿病有病率が高い」(16位)などでポイントを落とした。

健康的な食事をとっている国 トップ10
(1位)オランダ
(2位)フランス
(3位)スイス
(4位)デンマーク
(5位)スウェーデン
(6位)オーストリア
(7位)ベルギー
(8位)アイルランド
(9位)イタリア
(10位)ポルトガル
・・・
(21位)日本

 今回のランキングで順位を落としたのは日本、米国、ニュージーランド、ブラジル、カナダなど。いずれも「糖尿病が増えている」と「肥満が増えている」という点が共通している。特にメキシコ、フィジー、ヨルダン、クウェート、サウジアラビアなどは、糖尿病の増加により大きく順位を落とした。

 オックスファムの事務局長のウィニー ビヤニィマ氏は「農業による食料生産がしっかりしており、供給体制が整備されている国は、食料の生産量が増える傾向があります。そうした国では、食品の多様性が守られており、糖尿病や肥満の増加も抑えられている傾向があります」とコメントしている。

Dutch beat French and Swiss to top Oxfam's new global food table(オックスファム 2014年1月15日)

[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
電解水素水が酸化ストレスと炎症を抑制する可能性 ストレス負荷に対する生体応答を調査
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ"栄養のすすめ"-ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!-Web配信中!健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶