ニュース

福岡市、ふくおか健康マイレージを開始 健康づくり活動をポイントに

 福岡市は8月から、健康づくりに関する市民の活動をポイント化し、たまったポイントに応じて商品を提供する「ふくおか健康マイレージ事業」を始める。食事や運動、体重測定、健康診断受診などを行うとポイントを加算できる仕組み。抽選で旅行券などを贈る。

 「野菜を毎食食べる」、「適正体重を維持する」、「禁煙する」といった目標を達成した場合などにポイントを付与。来年2月まで7ヵ月間に、決められたポイントをためた参加者に、抽選で旅行券などを贈る。市民の健康づくりを後押しし、医療費の抑制を図る狙い。

 20歳以上の市民を対象に1,000人を募集する。希望者は市役所や区役所で配布する専用手帳に添付のはがきなどで応募する。食事や禁煙には1ポイント、健康診断やがん検診の受診には30~50ポイントが与えられる。

 150ポイント以上ためた参加者全員に、市内の施設・事業所が運営するカフェの利用や、施設が製造した菓子の購入に使える500円相当の商品券を贈る。抽選でスポーツ用品なども当たる。

 市健康増進課によると、市民の医療費は年々増加傾向にあり、国民健康保険では2012年度で約1,119億円。4年前より約5億円増加している。うち4割は運動不足などを原因とする生活習慣病が占めている。

 市は過去3年間、10月を健康づくり月間としてイベントなどを催してきたが、期間を拡げて健康増進への取り組みの継続を促すことに意味があると判断した。

「ふくおか健康マイレージ」の参加者を募集(福岡市)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年01月28日
【オピニオン新連載】行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶