ニュース

睡眠が生活の質を決める 理想的な睡眠時間は何時間?

 睡眠の質を改善すると、仕事の能率が高まり、欠勤も減る。脳の健康のために良好な睡眠が不可欠であることが、最新の研究で明らかになった。
日本人の睡眠時間は足りていない
 仕事が忙しいために、十分な睡眠をとれないと訴える人は多い。睡眠不足が原因で、仕事の能率や生産性の低下を感じている人は少なくないだろう。

 仕事の効率を高めるうえで、質の良い睡眠が大切なことは多くの人が実感している。睡眠時間を見直せば、健康不安がなくなり効率的に仕事をできるようになる可能性がある。

 日本は国民の睡眠時間が世界でもっとも短い国のひとつで、世界の18ヵ国の睡眠時間を比べた経済協力開発機構(OECD)の調査によると、日本人の平均睡眠時間は7.8時間で、最短の韓国に次いで短かった。

 2011年国民健康・栄養調査(厚生労働省)によると、1日の平均睡眠時間は「6時間以上7時間未満」という人が多く、男性の35.5%、女性の37.7%が該当した。

 体の不調を感じていたり、仕事がうまくいかないと悩んでいる人は、自分の睡眠について一度見直してみてはいかがだろうか。

理想的な睡眠時間 男性7.8時間 女性7.6時間
 日本人にとっても気がかりな調査結果がフィンランドから寄せられた。十分な睡眠をとっている人は、仕事の能率が上がり、欠勤も減ることが明らかになった。

 調査に参加したのは、フィンランドの30歳から64歳の男女3,760人。参加者に、睡眠状況について自己申告でアンケートに答えてもらった。また、医師による健康診断を行い、睡眠と健康状態の関連性を調べた。

 その結果、睡眠時間が6時間未満もしくは9時間を超える人たちは、病欠率が高いことが判明した。病欠のリスクがもっとも低かったのは、睡眠時間が男性で7.8時間、女性で7.6時間の人たちだった。

 また寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまう、眠りが浅いといった睡眠障害の症状も、仕事の病欠に影響することが確認された。

 研究者は、もしも従業員の睡眠問題を解決できたなら、フィンランドのビジネスに大きな影響があるだろうと予測している。十分な睡眠をとることで、仕事の欠勤による経済的な損失の28%をカットできると計算している。

睡眠の質が低いと脳が縮小しやすくなる
 睡眠不足が続くと、血圧値や血糖値が上昇しやすくなり、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病や心筋梗塞や脳血管障害のリスクが高まる。

 また免疫力を低下させ、インフルエンザなどの感染症や、がんの発症も増えることが知られている。

 これらに加えて、睡眠の質が低い状態が続くと脳が縮小しやすくなるという、気になる研究も発表された。

 研究は、オックスフォード大学によるもので、平均年齢54歳のノルウェーの男女147人が参加し、研究開始時と平均3.5年後にMRI(磁気共鳴画像)による脳の検査が行われた。

 その結果、睡眠の質が低い人では、推論や計画、記憶、問題解決に関与する脳の3つの部分に萎縮や変質がみられたという。

 睡眠の質が低い人の脳の縮小は、60歳以上の男性でより強くみられた。過去の研究で、睡眠障害が記憶力低下と脳容積減少に関連することが報告されており、今回の研究はそれを裏付けるものとなった。

 「睡眠によって脳の回復と修復が促されます。睡眠をとるということは、"脳の清掃"を行っているようなものです」と、研究者は述べている。

 「質の悪い睡眠がもたらすさまざまな弊害を断ち切るために、睡眠の質を高めるための対策を施すべきです」とアドバイスしている。

Study links healthy sleep duration to less sick time from work(米国睡眠医学会 2014年9月3日)
Sleep and Sickness Absence: A Nationally Representative Register-Based Follow-Up Study(Sleep 2014年9月1日)
Poor sleep quality is associated with increased cortical atrophy in community-dwelling adults(Neurology 2014年9月9日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2018年10月18日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」※定員に達したため、応募を締め切りました
2018年10月18日
帝京大学産業保健プログラム 受講生募集
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条

最新ニュース

2018年10月22日
現役保健指導スタッフと共同制作!「撃退!トリプルリスク」指導箋無料配付キャンペーンのお知らせ
2018年10月22日
【PR】病気を発見するAIや遺伝子検査予防法など最新技術が集結!無料の専門セミナーも多数開催【健康診断・健康管理EXPO】
2018年10月18日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」※定員に達したため、応募を締め切りました
2018年10月18日
帝京大学産業保健プログラム 受講生募集
2018年10月18日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月15日
厚労省専門委が5歳児虐待死亡事件の検証結果を公表
2018年10月12日
【健やか21】第 77 回日本公衆衛生学会総会 自由集会 ~知ろう・語ろう・取り組もう~
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防
2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服
2018年10月05日
肺の健康を守るには口の健康から 歯周病が進行すると呼吸機能が急速低下
2018年10月05日
「改正健康増進法成立! 受動喫煙対策を強化」へるすあっぷ21 10月号
2018年10月05日
厚労省が「働く女性の実情」を公表~女性活躍推進法に基づく取組状況を解説
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月04日
【回答期限延長(10/30 15:00まで)】「保健師の活動基盤に関する基礎調査」(日本看護協会)
2018年10月04日
【健やか21】若い世代に向けた妊娠・出産に関する普及啓発Webサイト(東京都)
2018年10月03日
【産保PC第5回(2018年度 第1回)レポート】テーマ:保健指導
2018年10月02日
心不全が急激に増えている 「心不全パンデミック」時代の3つの予防法
2018年10月02日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年10月02日
魚のオメガ3系脂肪酸が「不安症状」を軽減 魚を食事療法に活用
2018年10月02日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2018年10月01日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」が誕生
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶