ニュース

ウォーキングをするときはアルコールと虫歯に注意

 ウォーキングなどの運動をした日には、アルコールの摂取量が増えやすいという人はいないだろうか。運動とアルコール摂取は関連があるという調査が発表された。激しい運動をするアスリートでは虫歯が増えるという気になる調査結果も発表されている。
頑張った自分にアルコールをご褒美?
 ウォーキングや筋力トレーニングなど、運動をすると満足感を得られる。健康増進、ダイエットなど目的は人それぞれだが、頑張った自分にご褒美をあげたくなることもあるのでは。

 そうした心理を反映してか、運動をした日はアルコール消費量が増えるという人が多いことが調査で明らかになった。中でも、日曜日はアルコールを飲み過ぎる可能性が高いと、研究者は注意を呼びかけている。

 ノースウェスタン大学の研究チームは、18~89歳の150人の男性を対象に運動量とアルコール消費量について調査を行った。21日間連続して運動と飲酒について記録をとってもらう調査を1年間に3回行った。

 その結果、ウォーキングなどの運動を多くする人が必ずしもアルコールを多く飲んでいるわけではないが、運動をする日にアルコールの量が増えるという行動パターンが当てはまる人が多くみられた。

 生活パターンを曜日別にみると、日曜日に運動をまとめて行い、同時に運動後のアルコールの摂取量も増える傾向がみられた。

 また、月曜日から水曜日にかけてはアルコールを飲まないが、木曜日には運動量が増え、同時にアルコールの摂取量も増える人が多いという。

 こうした行動パターンについて、「運動をする日は、いつもより多めに飲んで自分に"ご褒美"を与えているか、社交的になりお酒を飲む機会が増えるタイミングが重なっている可能性があります」と、ノースウェスタン大学のデビッド コンロイ教授は言う。

 確かに、ひと汗をかいた後の1杯はおいしい。だが、杯を重ねてしまってはせっかく運動の効果が帳消しになってしまう。

 また、運動後すぐに飲酒をすると、汗をかいた分だけアルコールが汗として排出されるわけではないので、脱水症状を引き起こす可能性がある。

 なお、今回の調査は、スマートフォンのアプリを利用し、1日の終わりに参加者にその日の運動量とアルコール消費量を自己申告してもらう方法で行われた。

 「スマートフォンを活用すると、運動やアルコールについて正確に記録できることが分かりました。アルコールの飲み過ぎが気になる人は、スマートフォンで記録をとると、自分の生活パターンを知ることができます」と、コンロイ教授はアドバイスしている。

激しい運動が虫歯のリスクを高める可能性
 運動は、糖尿病・高血圧・脂質異常症・心臓病などの予防や改善に効果的だ。運動はストレスや精神的なストレスの軽減にもつながる。

 しかし、歯の健康に関していえば、運動量が多いアスリートの場合、良いことばかりとは言えないようだ。

 2012年に開催されたロンドン五輪に参加した運動選手を対象とした調査で、運動選手は虫歯や歯槽膿漏が多いことが判明した。

 ドイツのハイデルベルグ大学が原因を解明したところ、激しい運動をする人では、運動中に唾液が減り、口腔内がアルカリ性になっている傾向があることが分かった。

 研究チームは、アスリート35人と、アスリートではないが健康な人35人に、35分のランニングに取り組んでもらった。

 唾液を採取し化学的組成を調べたところ、アスリートの唾液は量が少なく、アルカリ性に傾いていることが判明。口の中がアルカリ性になると、歯石ができやすい状態になる。

 研究者は「激しい運動をする習慣のある人は、定期的に歯科を受診して、歯のチェックを受けた方が良いでしょう」とアドバイスしている。

People of all ages more likely to indulge in alcohol on days when they're more active(ノースウェスタン大学 2014年9月22日)
Daily Physical Activity and Alcohol Use Across the Adult Lifespan(米国心理学会 2014年9月15日)
Effect of endurance training on dental erosion, caries, and saliva(Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports 2014年6月11日)

[Terahata]

「運動」に関するニュース

2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月21日
高齢者の転倒にはこうして対応 原因と対策を科学的に検討 日本老年医学会などが「施設内での転倒に関するステートメント」を公開
2021年06月14日
【新型コロナ】コロナ禍で孤立する人が増えている 孤独は肥満やメタボのリスクを上昇 3つの方法でストレス解消
2021年06月14日
ダンスを通じてバランス・認知能力・運動能力を改善 パーキンソン病患者さんのためのダンス教室を開催
2021年06月11日
12歳までの児童期に運動をすると中高齢期の認知機能の維持・増進につながる 脳内ネットワークの最適化が促される
2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
2021年06月08日
高齢者が地域で活用できるパンフレット「おいしく食べて低栄養予防」 栄養状態を自分で把握できる 通いの場などで活用
2021年06月07日
肥満が歯周病を悪化させるメカニズムを解明 腸内フローラが不健康だと歯周病も悪化しやすい
2021年06月07日
【新型コロナ】いつでもどこでも、体ひとつでできる筋力トレ「佐倉市オリジナル体操」 コロナ禍での運動不足の解消やロコモ予防に
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶