ニュース

3人に2人が「がん治療と仕事の両立は困難」 緩和ケアの認知度は向上

 がんの治療をしながら働く人が約33万人に上るなか、66%は「治療と仕事が両立できる環境が整っていない」と考えていることが明らかになった。また、72%は緩和ケアを「使いたい」と考えている人が、内閣府の調査で判明した。

 内閣府は、がん対策に関する世論調査結果を発表した。調査は昨年11月に全国3,000人を対象に面接方式で行われ、60.0%の1,799人が回答した。
がん治療と仕事の両立は依然困難
 それによると、がん治療や検査のため2週間に1回程度、通院しながら働く環境が整っているか聞いたところ「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」という回答が計65.7%に上った。2013年1月の前回調査より3.2ポイント減ったものの、がん治療と仕事の両立が依然困難とみられている実情が浮き彫りとなった。

 両立を難しくしている理由は、「代わりに仕事をする人がいない、いても頼みにくい」が22.6%で最多。以下は「職場が休むことを許してくれるか分からない」(22.2%)、「がんの治療・検査と仕事の両立が体力的に困難」(17.9%)、「精神的に困難」(13.2%)と続いた。

 厚労省が2010年の国民生活基礎調査を基に推計した「働いているがん患者」の数は、32万5,000人(男性は14万4,000人、女性は18万1,000人)。

 がんは日本人の死因のトップである一方、医療の進歩で5年生存率は60%近くまで上昇しており、治療を続けながら働くことが可能になった。

 高齢化で働く人の雇用延長が進めば、在職中にがんになる人は増えていく。治療と仕事を両立できる環境づくりが求められている。
3分の2以上が「緩和ケア」を認知
 がんに伴う痛みを和らげる「緩和ケア」について尋ねたところ、67.4%が認知していた。医療用麻薬の使用を医師から提案された場合に、「使いたい」と考えている人は72.3%に上った。

 また、5割を超える人が医療用麻薬を「正しく使用すれば痛みに効果的」と捉えているが、「だんだん効かなくなると思う」(37.1%)、「最後の手段だと思う」(32.6%)との回答も多かった。

 「いったん使用すればやめられなくなる」(17.7%)、「副作用が強い」(15.3%)との回答もあり、依存症や副作用を懸念する否定的な意見も目立った。
がん検診を受けない理由は「時間がない」「経済的に負担」
 日本のがん検診の受診率は、40%程度と上昇傾向にあるが、欧米諸国と比較すると依然として低く留まっている。多くの人がん検診を受けないのはなぜだと思うか聞いたところ、「受ける時間がない」と回答した人が48.0%ともっとも高く、以下は「経済的に負担になる」(38.9%)、「がんであると分かるのが怖い」(37.7%)、「健康状態に自信があり、必要性を感じない」(33.1%)と続いた。

 また、がんと診断されたら、家族や友人など身近な人にがんのことを自由に話せると思うかを聞いたところ、「話せると思う」との回答が87.3%、「話せると思わない」が11.9%となった。

 また、がんの治療にあたって「セカンドオピニオン」があることを知っていたか聞いたところ、「知っている」が77.7%で、前回調査より5.2%増えた。

がん患者・経験者の就労支援のあり方に関する検討会報告書(厚生労働省 2014年8月20日)
がん対策に関する世論調査(内閣府 2015年1月19日)
[Terahata]

「がん」に関するニュース

2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ"栄養のすすめ"-ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!-Web配信中!健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2021年01月12日
「性感染症」のセルフチェックができるスマホアプリを開発 感染の可能性があるときは医療機関の検索も 順天堂大学
2021年01月12日
「乳がん」を早期発見するための画期的な検査を開発 女性3000人の「マイクロRNA」を測定 臨床試験を4道県で開始
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
2020年12月16日
運動・身体活動をより増やして、座りがちの時間はより少なく WHOが新しい「運動ガイドライン」を発表
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,484 人(2021年02月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶