ニュース

「"健康な食事"の普及に向けて」 へるすあっぷ21 2月号


「へるすあっぷ21」2月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」2月号をご紹介致します。

 今月は"健康な食事"がテーマです。

 厚生労働省は昨年、"健康な食事"の基準とその基準を満たした食品の表示できるマークを決定しました。今春から運用が開始されます。

 "健康な食事"の基準をみるとともに、企業や自治体で実施している"健康な食事"を広める取り組みを紹介します。

 "健康な食事"の基準とは?
  "健康な食事"のマークとは?

 エームサービス(株)
  「社員食堂から日本を健康に!」

 京都府京丹後市
  「健康長寿を育む京丹後の食の知恵」

「へるすあっぷ21」2月号
株式会社法研




【目次】

■THE ROAD TO健康長寿社会
 松本発!世界健康首都会議
 ~絆という「共通」価値を求めて~

■最新医療情報
 小型化、多機能など進歩が著しい「植え込み型デバイス」

■それぞれの終末期
 東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンター長
 大津秀一さん

■疑問に答える!データヘルス
 特定保健指導の医療費適正化効果は?

■HEALTH TOPIC/霞ヶ関発!健康づくり大キャンペーン推進中
 「第3回健康寿命をのばそう!アワード」表彰式開催

■読者アンケート報告
 <テーマ:食品表示>

■今日から実践!健康支援・魅力アップのヒント 加倉井さおり
 Vol.11特別対談(1) 加倉井さおりさん×大木麻里子さん
 現場の保健師が聞く!相手を勇気づける健康支援

■ケース別 ストレスマネジメント 佐藤恵美
 職場の雰囲気にストレスを感じる

■けんぽREPORT
 ジェイティービー健康保険組合
 事業主側の医療職と協働で効果的な保健事業を推進

■SELFCARE TREND
 腰痛を遠ざける生活術

■みんなの食育 小島美和子
 あぶらの種類に注目しよう!

【連載】

■いきいき脳力UP! 篠原菊紀
 探し集中力

■essay地球といのちのジオバイオロジー 長沼毅
 いのちに寄り添うマグネシウム

■職場のメンタルヘルスQ&A 吉野公浩・田中朋斉
 上司の嫌がらせによりうつ病になったとの訴えがあった場合、会社はどのような責任を負いますか?

■へるすあっぷクリニック
 【眼科】後藤英樹「正しい目薬の選び方、使い方」
 【頭痛外来】清水俊彦「脳過敏症候群とは?」

■元気倍増エクササイズ 竹井仁
 骨盤底筋群を鍛えて尿もれを軽減しよう!

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「栄養」に関するニュース

2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月09日
野菜摂取量向上を図るプロジェクトが最優秀賞 「第10回健康寿命をのばそう!アワード」生活習慣病予防分野
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月06日
【新型コロナ】腸内環境を健康にして感染対策 食物繊維で善玉菌をサポート 腸内菌が感染と重症化を防ぐ?
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶