• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
カフェインの過剰摂取に注意 コーヒーは1日4~5杯までが安全な量
2015.06.03
 欧州食品安全機関(EFSA)は、健康のためにカフェイン摂取量を1日400mg未満に抑えた方が良いという提言を発表した。これは、コーヒー4~5杯に相当する量だ。妊娠中の女性や、子どもも、カフェイン摂取に注意が必要だ。
安全なカフェイン摂取量は1日400mg未満
 欧州連合(EU)の欧州食品安全機関(EFSA)は、健康を維持するために望ましいカフェイン摂取量について、成人では1日400mg未満に抑え、1回の摂取量が200mgを超えないようにするべきとする提言を発表した。

 通常のコーヒーであれば、1日のカフェインの摂取量は4~5杯までが適当な量だという。

 欧州委員会の要請を受けてEFSAがまとめた120ページの報告書では、「妊娠中の女性を除く一般的な成人の場合、カフェイン摂取が1日400mg未満なら、健康障害となることはない」と指摘している。

 カフェインには、中枢神経に働きかけ、眠気や疲労を抑え、運動機能を高める興奮作用や、骨格筋に働き、疲労感を抑え活動性を増大させる作用がある。

 また、心臓の心筋に作用し、収縮力や拍出量を増加させたり、腎臓の血管を拡張させ、腎臓への血流量を増やし尿の生成を促す利尿作用がある。

 しかし、カフェインを大量に摂取すると、不眠症や神経症、心拍数の増加、高血圧、不整脈が引き起こされるおそれがあるという。

妊娠中の女性はカフェイン摂取に注意
 さらに、妊娠中の女性はカフェイン摂取に注意するべきと、報告書は指摘している。妊娠中の女性は男性の半分の量で、1日200mg未満を推奨している。これはコーヒーであれば1日2杯に相当する。

 妊娠中はカフェインを分解・排泄するのに時間がかかる。特に妊娠末期には代謝速度が3分の1になり、妊婦の体に長く留まることになる。

 カフェインは胎盤を通過するため、妊婦がコーヒーや紅茶、お茶などを飲むと胎児にもカフェインが移行する。

 胎児の体に移行したカフェインは母体と同じ血中濃度になる。胎児は肝臓の機能が未熟なため、カフェインを排泄できず、胎児の体内に高濃度のカフェインが留まることになる。

カフェインはコーヒー以外の食品にも含まれる
 さらに報告書では、子どもではカフェインの摂取量が体重1kg当たり3mgを超えるべきではないとの見解を示した。

 子どもでは体重1kg当たり1.4mgを超えるカフェインを摂取すると、睡眠障害などの症状があらわれるので、夜間は摂取するべきではないとしている。

 もっとも懸念するべきなのは、最近の子どもや若者に人気の「エナジードリンク」だ。「レッドブル」などの商品にもカフェインが含まれている。

 「コーヒー以外で摂取するカフェインについても考慮するべきだ。過剰摂取による健康リスクは少なくない」と注意を促している。

 カフェインを摂り過ぎている人が多い原因は、「コーヒー以外の食品にもカフェインが含まれていることと、ほとんどの人がそのことに気づかすに、さまざまな食品や飲料を口にしていることにある」としている。

Caffeine: EFSA estimates safe intakes(欧州食品安全機関 2015年5月27日)

(Terahata)
©2016 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
更新情報配信中!

ニュース一覧 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013
 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008
■ 最新ニュース一覧
ニュース一覧 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013
 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008
求人一覧

*求人企業2社(5/11更新)


■メディヴァ
・職種:保健師
・地域:福井、長野、広島、京都、
    大阪、石川、群馬、新潟

■神奈川県予防医学協会
・職種:保健師
・地域:神奈川


オピニオン


■より効果的な行動変容の促しを行うために必要なこととは? 西内 義雄
No.2 受診率を上げるアイディアとは(2016/5/26)



■振り返ると31年経過していた産業保健・産業看護の研究会 富山 明子
No.1 産業看護活動に必要なスキルの習得と研究・開発に取り組んで(2016/5/23)



■地域での看取り 神山 欣子
No.4 高齢者の看取り
(2016/5/18)



■病気になっても仕事を続けるための支援 青木 美保
No.1 乳がんの検査と良い医師・病院選び
(2016/5/16)



■健康保険組合が挑戦したデータヘルス計画とコラボヘルスの推進 中家 良夫
NNo.6 当健保が主導で推進したコラボヘルスと健康経営の3つの成功要因(血流)
(2016/5/9)



■笑いと健康長寿 永井 博弌
No.2 笑いの健康効果 -不安、痛みの軽減
(2016/5/6)



■働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま 辻 直子
No.4 乳房再建には多くの選択肢があります(2016/5/2)



■病気になっても仕事を続けるための支援 荒木 葉子
No.1 治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインが公表されました
(2016/4/28)



■保健師の活動と放射線について 小西 恵美子
No.12 保健師と看護学生に放射線を教える・学ぶ
(2016/4/27)



健康運動看護師とは -看護職だからできる健康運動の実践指導- No.1~4
鶴田 来美


健康管理スタッフに大切なメンタルヘルス支援とは No.1~3
丸山 総一郎


生活習慣改善のための保健指導とITツールの効果的な活用について No.1~3
早川 純子


川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョンの策定に関わって No.1~2
広瀬 壽美子