ニュース

アスパラガスが高血圧の予防に効果 血圧を下げる化合物を発見

 理化学研究所の研究チームが、アスパラガスに含まれる血圧を下げる化合物を発見した。アスパラガスは高血圧の予防に効果があるとされるが、世界ではじめて血圧を下げる化合物を特定するのに成功した。
メタボロミクスの最新の成果を応用
 研究チームは「メタボロミクス」を用いて、血圧の上昇に関与するアンジオテンシン転換酵素(ACE)に対して阻害活性を示す含硫黄代謝物をアスパラガスから発見するのに成功し、「アスパラプチン」と命名した。

 「メタボロミクス」は、生命活動により生じるさまざまな代謝物を網羅的に検出・解析し、生体内の生命現象を包括的に調べる手法。

 特に植物界に広く分布している含硫黄代謝物は、抗炎症作用、抗酸化作用、抗ガン作用などの健康増進に総益な活性を示すことから注目を集めている。

 中でもアスパラガスの抽出物は、血圧降下作用を示すことが知られており、活性成分の解明が求められていた。

 同研究チームは、「S-オミクス」を用いて47種類の植物の凍結乾燥粉末サンプルにおける含硫黄代謝物の網羅的な解析を実施した。

 S-オミクスは、「フーリエ変換型イオンサイクロトロン共鳴分析計」(FTICR-MS)を導入して、硫黄を含んだ二次代謝物を網羅的に分析することが可能な新しい技術だ。

 その結果、アスパラガスからアルギニンとアスパラガス酸で構成される化合物「アスパラプチン」を発見した。
アスパラプチンの血圧降下作用を確認
 ACE阻害活性試験の結果、アスパラプチンの50%阻害活性濃度は113μMであり、その阻害活性には結合体におけるアスパラガス酸が必須であることが判明。

 また、定量試験の結果からアスパラプチンはアスパラガスに251mg/kg新鮮重(水分を含んでいる状態の重さ)含まれていることが分かったという。

 さらに、アスパラガスの種類ごとにアスパラプチンの定量検査を行った結果、パープルアスパラガスよりもグリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスで比較的多く含まれることが判明した。

 今後は、アスパラプチンの血圧降下作用を詳細に調べ、アスパラプチンを健康機能性食品や医薬品などへ応用する研究を始める。

 また、今回の研究により、S-オミクスが新規含硫黄代謝物の効率的発見に有効であることが分かった。今後、S-オミクスによって医薬品や農薬に有益な活性を示す化合物の探索研究が大きく進展することが期待できるとしている。

 この研究は、理化学研究所環境資源科学研究センター統合メタボロミクス研究グループの中林亮研究員、斉藤和季グループディレクター、楊志剛元特別研究員らの研究チームによるもので、米科学誌「Journal of Natural Products」のオンライン版に発表された。

理化学研究所環境資源科学研究センター
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月09日
野菜摂取量向上を図るプロジェクトが最優秀賞 「第10回健康寿命をのばそう!アワード」生活習慣病予防分野
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月06日
【新型コロナ】腸内環境を健康にして感染対策 食物繊維で善玉菌をサポート 腸内菌が感染と重症化を防ぐ?
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶