ニュース

ウォーキングに更年期障害を緩和する効果 女性のホットフラッシュを改善

 ウォーキングなどの運動が更年期の女性のホットフラッシュを改善することが明らかになった。更年期には体と心にさまざまな不調があらわれやすくなるが、運動を続ければ改善効果を得られる。
更年期女性のホットフラッシュ 原因は?

 女性は50歳ごろに閉経を迎え、閉経を挟んだ約10年間が更年期にあたる。更年期には体と心にさまざまな不調があらわれやすくなる。

 そのひとつであるホットフラッシュには、急に顔が赤らんだり、熱くなったり、汗がとまらなくなるといった症状がある。自律神経の調節がうまくいかず、血管の収縮・拡張のコントロールができなくなることが影響している。

 こうした症状の要因は主に女性ホルモンの変動・低下だ。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は40歳を境に低下し、それに伴い月経周期が乱れ、やがて閉経を迎える。

 エストロゲンは月経周期に影響を与えるほか、脳、関節、筋肉、代謝など全身に作用しているので、分泌が急激に低下するとさまざまな症状があらわれる。

ウォーキングが女性のホットフラッシュを改善

 ウォーキングなどの運動を続けることでホットフラッシュを改善できることが、英国のリバプール ジョン ムアーズ大学の研究で明らかになった。

 研究には平均年齢51歳の閉経を迎えた女性21人が参加した。研究チームは参加者を無作為に2つのクループに分け、14人にはジムでの運動プログラムを4ヵ月間続けてもらい、残りは対照群として通常通りの生活を続けてもらった。

 運動を続けたグループは、トレッドミルによるウォーキングに加え、エアロバイクによる自転車漕ぎ、ボート漕ぎ、上半身と下半身を使うクロストレーニングなどに取り組んだ。

 運動の強度は、話しながら続けられ、息が弾み発汗し、血流が増加する程度に調整した。1回30分の運動を週に3回行うことからはじめ、徐々に回数を増やして最終的に週に5回、1回45分に運動量を増やしていった。

 その結果、運動に取り組んだ女性は、血圧と脳内血流が低下し、ホットフラッシュが改善したことが明らかになった。

 ホットフラッシュは、心筋梗塞や脳卒中などの危険性を高めることが知られている。更年期の血圧は乱高下を繰り返しながら上昇し、やがて高止まりになることが多いが、これにホットフラッシュが関連している。

 ホットフラッシュを発症すると、心拍数と血流量が増え動脈硬化が促され、血管内皮細胞がダメージを受けやすくなる。血管内皮細胞は血管の内側にあって、血管を広げる一酸化窒素(NO)をつくりだす。血管内皮がダメージを受けると、NOが減り血管のしなやかさが低下し、血圧が上がりやすくなる。

女性がウォーキングで得られる効果は多い

 「運動を続ければ女性のホットフラッシュを量的にも質的にも緩和できることが分かりました。ホットフラッシュの治療には運動を取り入れるべきです」と、リバプール ジョン ムアーズ大学のヘレン ジョーンズ氏は言う。

 更年期の女性がウォーキングなどの運動を習慣として続けることで得られるメリットはホットフラッシュの改善効果だけではない。

 米国のメイヨークリニックによると、運動を続けることで以下のような治療効果を得られる。

<< 更年期を迎えた女性には運動が必要 >>

 運動習慣のある女性だけでなく、これまで運動をしてこなかった女性に対しても、ウォーキングなどの運動はさまざまな恩恵をもたらす。

 ウォーキングなどの有酸素運動を週に150分行い、週に2回の筋力トレーニングを行うと効果的だ。夕食後に30分のウォーキングをする習慣を身に付けよう。友人や隣人などいっしょに運動に取り組める仲間を作ると、運動は長続きしやすい。

・ 体重増加を防げる
 更年期の女性は、筋肉が減少し内臓脂肪が増加しやすい。運動は筋肉の減少と体重の増加を防ぐ。

・ 心筋梗塞や脳卒中を防げる
 運動によって体重を適正にコントロールすると、高血圧が改善し、動脈硬化の進行を抑えられる。心筋梗塞や脳卒中を予防するために効果的だ。

・ 乳がんリスクが低下
 運動には体脂肪を減らし、がんの原因になるホルモンを減らしたり、免疫機能を改善する効果がある。運動を続けている女性では乳がんの発症が減少するという調査結果が発表されている。

・ 骨粗しょう症を予防できる
 閉経を迎えた女性は、エストロゲンが減少し骨量が減りやすい。運動をすることで骨に刺激が伝わり、量と質が改善し丈夫になる。

・ ストレスを解消できる
 更年期には体と心に不調があらわれやすくなるが、運動によってストレスを解消でき、心の健康を保ちやすくなり、睡眠障害の改善にもつながる。運動は人生のどの段階でも良い効果をもたらす。

Exercise eases hot flushes during menopause(国際生理学会 2015年12月15日)
Fitness tips for menopause: Why fitness counts(メイヨークリニック 2013年6月12日)

[Terahata]

「運動」に関するニュース

2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月11日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに 保健師による声掛けは効果的
2019年06月05日
運動が高齢者の「ADL(日常生活動作)」を高める 1日1万歩を達成できなくても効果がある
2019年06月05日
寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐ 60歳超では4割近くが「転倒」 食事と運動で対策
2019年06月05日
「血糖値スパイク」を抑えるために朝食から対策 食後に血糖値を上げないコツ
2019年05月27日
【PR】【プレゼント】医師提案、歌舞伎役者監修「なりきり歌舞伎体操」リーフレットとカリフォルニアプルーンサンプル 健康イベント等に活用できます!
2019年05月21日
「糖尿病性腎症」の重症化予防を強化 自治体向けに手引きを作成 厚生労働省

最新ニュース

2019年06月25日
「人事労務×産業看護職のコラボでもう一歩ふみ出す!健康経営 社員を巻き込むNEXTステップ」産業保健と看護 4月号
2019年06月24日
パワハラの防止措置を初めて義務化―女性活躍推進法等改正案が成立
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月20日
【健やか21】児童虐待予防支援のための「パパカード」活用について
2019年06月20日
統括保健師のいる職場で仕事にやりがい、継続就労にも―保健師の活動基盤に関する基礎調査
2019年06月18日
「超加工食品」が肥満や糖尿病の原因に 悪玉ホルモンを増やし食欲を増進
2019年06月18日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年06月18日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月18日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす ウォーキングなど運動が必要
2019年06月18日
筑波山の特産品「福来みかん」に肥満抑制の効果 ストレス回復も 茨城大
2019年06月14日
【書籍紹介】「精神科医の話の聴き方 10のセオリー」
2019年06月13日
最新版「カリフォルニアくるみ 科学的研究に基づく健康効果~ヘルスプロフェッショナルのためのリソースガイド」をご提供します くるみに関する科学的知見を解説
2019年06月13日
【健やか21】「溶連菌の感染症が増加中!抗菌薬は適切な使用方法を守って―」(国立国際医療研究センター AMR臨床リファレンスセンター)
2019年06月12日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2018年度版)
2019年06月12日
事業所で働く保健師の法的位置づけの確保などを厚労省へ要望-日本看護協会
2019年06月11日
企業向け「がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック」 がん治療と仕事の両立 心がけるべき7ヵ条とは?
2019年06月11日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月11日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに 保健師による声掛けは効果的
2019年06月11日
ホエイ(乳清)やチーズに含まれるアミノ酸に認知機能を改善する効果
2019年06月10日
がん治療と就労の両立支援に、産業医を積極的に活用 アフラック生命保険株式会社に聞く
2019年06月07日
特定保健指導(積極的支援)モデル事業の実施事例を紹介―厚労省の検討会
2019年06月06日
【健やか21】「自殺予防」リーフレットを公開しました
2019年06月05日
運動が高齢者の「ADL(日常生活動作)」を高める 1日1万歩を達成できなくても効果がある
2019年06月05日
寿命を縮める「転倒」を効果的に防ぐ 60歳超では4割近くが「転倒」 食事と運動で対策
2019年06月05日
「血糖値スパイク」を抑えるために朝食から対策 食後に血糖値を上げないコツ
2019年06月05日
働いている母親が増加、子どもの携帯電話所有率もアップ―21世紀出生児横断調査
2019年06月05日
産学官協働で「未病改善プラットフォーム」を開始 健康や生活のセンシング技術で病気になる前から対策
2019年06月04日
東京大学が会員制情報サイト「Q-station」をオープン 健康施策や保健事業を担う人に情報発信
2019年06月04日
「説明力を上げる!ビジネスや保健指導で活かす伝え方」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶